犬と一緒に楽しむキャンプ!特に注意をすることはなに?

休暇が取れたときには愛犬も一緒にキャンプに行こう!という計画を立てている家族も多いようです。犬と一緒に行うキャンプにはいくつか、守るべきルールや骨芽あります。今回は楽しいキャンプになるようなアイデアをまとめてみました。 2019年08月08日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:1,978

愛犬も一緒に行くキャンプの楽しみ方

https://www.shutterstock.com/

まずは全国各地にあるどのキャンプ場に行って楽しめば良いのか?を考えてみましょう。検索するときにはペットOKと記載されている場所を目安にして、同伴をして楽しめるようなキャンプを計画してください。せっかく飼い主さんがキャンプに行くときに、犬が留守番をさせられるのは残念なことです。それならばいっしょに楽しめるキャンプ場で、過ごせるほうが犬も飼い主さんも楽しめるのです。

さいきんは夏の気温が高すぎてなかなか、現実味がないキャンプと思っている飼い主さんも、季節を選んで是非ともキャンプを実行してみてください。犬連れのキャンプには、いくつかのルールがあります。それを学んでキャンプにでかけるようにしてください。

ベストシーズンを選んでキャンプをする

夏は人間だけのキャンプ場でも大勢の人で賑わいます。日影が作りにくい夏場のキャンプ場は犬連れの飼い主さんには厳しい環境になってしまいます。それよりも春や秋というシーズンを選んでキャンプをする方が、より現実的に楽しめるのです。犬にとって夏場はどうしても害虫が多く出る時期です。夏にどうしてもキャンプに行く場合には、フィラリアの予防薬などをきちんと飲んで、対処することが求められます。

暑さが苦手な犬を無理にキャンプに連れ出すことは危険も伴いますので、くれぐれも気候の良い時期にキャンプをすることをおススメします。ペット歓迎のキャンプ場の場合には、犬と飼い主さんは同じように楽しめるのです。

キャンプ場では犬を落ち着かせることが一番大事

https://www.shutterstock.com/

テントの中に入るとそれだけで興奮をしてしまい落ちつかなくなるという犬も多いのです。飼い主さんはできるだけ犬が落ち着けるような場所を作ることが必要です。犬にとってはキャンプ場の真ん中などに、自分の場所を作られても戸惑うばかりです。

それよりも、落ち着ける場所を探してください。できるだけ人通りの少ない場所で飼い主さんと一緒に過ごせる場所がベストです。家で使っているものはできるだけ持参して犬を安心させることも重要ポイントです。

寝静まる時間は犬のそばに

いつもとは違った環境で眠るというのは、それだけでも苦手意識を持つ犬も多いのです。それよりも犬のそばに飼い主さんが居ることで、犬も随分と安心をするはずです。犬にとってキャンプは未知の世界です。飼い主さんが何度も訪れている場合でもやはり、不安はつきものです。

犬も楽しめるように工夫をしながら過ごすことが一番大切なことです。飼い主さんだけが楽しめても何の意味もありません。あくまでも犬を同伴させるということを考えると、睡眠不足の状態で犬が過ごしていることを考えるとそれはかわいそうな問題です。

犬と自然の中で過ごす有意義な時間

https://www.shutterstock.com/

普段の散歩よりも楽しめるのは大自然の中で過ごすからです。美しい自然の光景に触れると犬はとても喜びます。そしてテンションも上がるのです。非日常の空間を飼い主さんと過ごせる喜びを全身で感じながら、過ごせるキャンプは犬にも嬉しい体験です。

いつも通うドッグランよりも広く、そして自然の多い場所が犬にとっても開放的な場所に感じられるのです。キャンプのテントが安全だとわかればその場所で、おりこうに過ごせるようにもなります。キャンプは回を重ねることで、犬にも楽しいものとして受け入れられるようになります。地域にもよりますが犬専用のキャンプ場なども最近は多くなりました。場所を選んで犬が快適に過ごせることが一番大切なことです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』