月齢半年を過ぎた子犬のしつけは何をいつからやるべき?

ペットショップに長くいた子犬は、やや成長していることも多いものです。
子犬といってもそろそろ性格もはっきりしてくる時期の犬を家族として迎えるにはどんなことをどうしつけていくべきか、そして、始め方について解説していきます。 2018年01月27日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:120

しつけよりも優先させたいこととは?

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ペットショップで成長してしまった子犬を迎えた時には、しつけの前にまず健康チェックをしてあげてください。ペットショップの場合、普段子犬がいる場所は狭いケージの中というのが一般的です。通常であればお散歩を始めてもおかしくない時期に狭い空間で過ごしていると、運動不足から足腰に負担がかかっている場合があります。

足腰に負担が出るケースはそう多くは見られませんが、それより心配したいのがアゴです。月齢半年前後はほとんどの犬種がそろそろ大人の歯へと生え変わる時期に入ります。綺麗に生え変われば問題はありませんが、中には上手に生え変わらない子犬もいます。そうすると、乳歯と永久歯が重なって生えてしまうというケースがあるのです。この時期に迎えたら、まず歯の生え変わりがどうなっているか見てあげましょう。

重なっている場合には、動物病院で乳歯を抜いてもらうと綺麗な歯並びになります。全身麻酔が基本なので、避妊手術や去勢などを考えるなら同時に行うのがおすすめです。

体は成長していてもいろいろなことが初めて

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ペットショップで月齢半年以上に育っている子犬は生後1〜2カ月の幼犬とは違い、全体的にしっかりして見えます。体は成長していますが、しつけらしいしつけを受けていないことが多いため、まだ何も分からない状態です。通常であればそのくらいの月齢でできているしつけが入っていないことになります。

しかし、幼犬との違いは性格がはっきりしてきているということです。ペットショップの生活習慣が身についていることもあるので、「マテ」に「オスワリ」、「ヨシ」といったコマンドを根気よく教えることから始めましょう。特に食事やおやつは「マテ」がしっかりできてから食べられるようしつけてください。これができていないと、カフェやレストランなど、他の犬と一緒の時に食べ物を取ろうとすることもあります。

おやつや食事を与える時は飼い主さんが手に持ち、オスワリさせて待てるようにしましょう。始めはできないので、「オスワリ」と言いながら腰を軽く抑えて自分から座るように促してあげてください。次に「マテ」と言って待てたら「ヨシ」と言って与えます。飼い主さんの「ヨシ」があるまで食べない習慣が身につき、食事を目の前に置いても勝手には食べないのが理想です。

お散歩は時間をかけてまず外に慣れること

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬をいつから散歩させるかという問題ですが、月齢半年を過ぎていれば必要な混合ワクチンは完了しているのが一般的です。感染症などの心配も少ないので、家に迎えたらすぐにお散歩させて問題はありません。

ただし、子犬にとってペットショップの外の世界を見るのは初めての経験です。子犬の性格にもよるので、まったく物おじせずに歩ける子犬もいます。しかし、慣れない外の世界を怖がる子犬も少なくはありません。

怖がっているようなら、まずは広い公園など車や人の少ないところへ行き、外に慣れるトレーニングから始めてあげましょう。すぐに立ち止まったりうずくまったりしても叱ってはいけません。飼い主さんが怒っていると「散歩は怖いもの」という印象を与えて嫌いになることもあるからです。

愛情を持ってしつけましょう

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

物心がついてから迎える子犬は、2カ月前後で迎える子犬とはまた違うしつけの難しさはあります。そして、避妊手術や去勢の時期に入りやすいのも注意したいところです。

メスであればそろそろ生理が始まる犬もいます。生理を迎える前に避妊手術をするのかどうか考える時期でもあるのです。この時期の子犬を迎えたら、しつけと体の成長の両面を気づかってあげましょう。

子犬のしつけで大切なのは、できないことを叱るより、できた時に褒めることです。ペットショップで長く過ごしてしまった子犬は、自分の家と把握するのに時間がかかる場合もあります。しつけは根気よく、愛情を持って行いましょう。

長くペットショップにいた子犬を迎える時は、しつけ開始と同時に体の変化についても気づかうことが必要です。環境に慣れることから始めましょう。

オススメ

新着記事