猫のレンタルはどうなの?

猫のレンタルってどう思いますか?いろんな事情で猫を飼えない人。そして猫に触れたいけれどもきっかけがない人。様々な事情で猫のレンタルを申し込む人が増えているのです。初めてペットを迎えようとする人にとっては、この上ないチャンスでもあるのです。 2018年09月20日作成

  • 犬と猫のエンタメ - 犬と猫とふれあう犬と猫のエンタメ - 犬と猫とふれあう
  • VIEW:146

猫をレンタルするということ

https://www.shutterstock.com/home

初めて、猫を迎えた生活を考えている人。いきなり猫を迎えての生活がなかなかイメージできないという人に最適なサービスです。猫をレンタルできるというサービスが各地で急成長しているのです。猫はモノではない。そう考えて反発する団体もありますが、ビジネスとして割り切って貸し借りをする。飼い主と業者の間で意思の疎通がある限り成立することなのです。

様々なメリットもある猫レンタル

わざわざ猫をレンタルする。その意義は動物と生活をすることの意味を体験することです。机上の内容だかえでは理解しがたい猫の生体や習性。それを一定期間目の前で観察するということにも意味があるのです。果たして自分は猫の世話に向いているのか?猫は思いのほかツンデレです。可愛がろうとしても、猫の方からは擦り寄ってくることは最初は少ない。若干、寂しい思いをしながらも、猫がそのような性格であることを徐々に知るチャンスでもあるのです。

飼いたいけど飼えない人

猫に触れたい。お世話をしたい。そんな純粋な気持ちの人にとっては、猫をレンタルすることで、心の中は想定外に潤います。そして猫と暮らすことはこれほどに心が豊かになるものだと自覚する人も多いのです。猫のレンタルの結果。一発奮起をして猫と暮らせる部屋に引っ越す人もいるほどです。猫のレンタルは、人の人生観をも変える場合もあるのです。有意義な制度として捉えればプラス効果の方が高いわけです。

猫側のストレスを考える・猫のレンタル

愛猫家団体などの意見としては、猫をモノ扱いにしていること自体に怒りを感じるというものです。確かに、「レンタル」という表現には語弊があるのかもしれません。神経質で警戒心が強い猫が日替わりで、いろんなお宅の「にわか猫」になること。これは猫にとってどれだけストレスになるのか?ここを考え合わせると猫のレンタルには批判の声も集まるわけです。理に適ったことを言っているわけです。猫側の気持ちを代弁する人の意見としては正論です。

猫もプロに徹するのか?

猫側も、いろんな家に派遣されてそれなりに楽しんで過ごしいることも多いようです。猫に聞いてみないとわかりませんが、良い意味で「エンジョイ」している。ちやほらされて、とても幸福感を感じる。そんな猫もいるのです。逆に、神経質で決まった場所でしか過ごせないという猫が派遣されることもないのです。そういう意味で猫もプロに徹するのではないでしょうか?

猫レンタルでも気に入ればそのまま購入も?

https://www.shutterstock.com/home

一週間という時間を猫と過ごす。それだけで利用者の心は満たされるものです。経済的な余裕があるからレンタルという方法をえらぶ場合。相性さえ合えば、店に購入意思を示すことも可能な場合もあります。すべは相手があってのことです。話し合いで情が移ったので、引き受けたいと申し出る利用者も多いようです。それだけ懐に入ってくる猫の場合。生涯我が家の猫として、と考えるのはとても素敵なきっかけなのです。

厳しいルールがある猫のレンタル

結局は利用する側が「猫のレンタルはどうなの?」と感じている以上は、批判の気持ちが生まれてくるものです。逆に割り切って動物と過ごせる幸せの対価をきちんと支払い実行する。そう考えられると気持ちも楽になります。猫のレンタルはこれからも増えていく傾向になります。それがやがて動物愛護という気持ちに繋がれば幸せなことです。営利だけが目的で営業猫が増えること自体に若干の不安を感じずにはいられません。それでも不幸な安楽死を余儀なくされる猫よりも遥かに幸せなのです。

猫のレンタル賛否両論

借り受ける時点ではその店の所有物です。それを金銭に発生させて借り受ける側として、店側が指定するキャットフード以外のものは食べさせない。外に連れ出さないというルールなどは厳守する必要があります。それだけデリケートな生体を扱うわけです。利用する側は、きちんとそこに意識を置いて考えるべきでしょう。

オススメ

新着記事