大型犬の夏をどう過ごす?暑さ対策について

大型犬については暑さ対策は飼い主にとっては重要なことになります。毎年地球温暖化の関係で想定以外の高温が続く日もあります。大型犬にとっては体調を崩すきっかけにもなりますので、とにかく厳重な暑さ対策を講じる必要があります。 2019年07月23日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う
  • VIEW:1,637

大型犬と過ごす夏・気を付けるべきこと

https://www.shutterstock.com/

最近の暑さは尋常ではありません。熱い日には、必ず冷房をつけて一定の温度を確保した状態で留守番をさせる必要がある場合には、気を配ってください。そして、決して車内の中で長時間、留守番をさせるようなことをさせないでください。すぐに熱中症に陥り最悪の場合には死に至ります。また、散歩が日課になっているからと、気温の高い時間に散歩をさせることは絶対に避けてください。

すぐに体温が40度を超えて呼吸もかなり困難になってしまいます。真夏のアスファルトは肉球を火傷する程度の熱さ(50℃)にもなっています。放射熱によってすぐに暑さは大型犬の体内にも打撃を与えます。真夏の日中に屋外で過ごすことは避けてください。

大型犬の熱中症・症状

いつもより大きな口をあけて荒く激しい呼吸をするようになると熱中症になっている可能性が高いのです。急に歩くのをやめて、へたりこんでしまうなど飼い主さん一人では救出できないような状況になる場合もあります。大量のよだれを垂らす場合もありますので、そのような状況になったときには助けを求めるか少しでも早く、自宅に戻れる方法を探してください。事情を話してタクシー会社にお願いをする場合も緊急時には辞さないでください。

呼んでも反応が鈍い場合や目が異常に充血しているときには緊急性が高いことを知っておいてください。このような状況になることを事前に把握したうえで夏の過ごし方を今一度、きちんと飼い主として振舞えるようにしてください。事前に暑い日の外出には十分な注意を払って、時間帯や場所などを考慮した上での外出としてください。

大型犬の暑さ対策について

https://www.shutterstock.com/

大型犬は比較的被毛が多い犬種が多いのも特徴です。それだけでも十分に暑さを感じやすくなるので夏の間は出来るだけ室内で過ごせるように飼い主さんが工夫をしてあげることが必要です。冷房の設定温度を24℃程度にして、普段の時間を過ごす場所には直射日光を避けることも肝心です。ハウスの場所なども、夏の間はエアコンの風が心地よく当たる場所に移動させるなど、一時的に部屋の中を大型犬の夏対策として変更することも大事です。

そして肥満気味の大型犬の場合には、特に夏場は肥満が熱中症に直結する場合もあるので食事量を急激に増やすようなことは厳禁です。また食欲が極端に減ってしまう場合もありますので、口当たりの良いものを準備して涼しい部屋で食べさせるようにしてください。食欲が落ちることで体力も減退します。大型犬にとって夏をどのように過ごせるのかが、肝心なのです。

夏は水分補給が要になる

犬用のスポーツドリンク系飲料を多めに準備をして適時水と交互に飲ませるなど、水分補給にも配慮してください。そうすることで、常に保水できます。水をなかなか飲まないというタイプの大型犬の場合には食事のときにスープ類を加えるなど、夏対策として水分補給を特別に考えるようにしてください。毎日、出来るだけ確実に水分補給が出来る方法を考えてください。

大型犬の暑さ対策は慎重さが肝心

https://www.shutterstock.com/

夏本番になるまでに大型犬の過ごす場所や冷風の流れなどを確認をして少しでも早い段階で部屋の整備をしておきましょう。カーテン類も遮光のものを使うなど、快適に過ごせるように配慮してください。愛犬を暑さから守るのは飼い主さんの役割です。何を置いても、絶対に熱中症にさせない配慮が必要です。夏の暑さというのは、飼い主さんが想像するよりも、大型犬にとっては過酷なダメージを与えます。これを真摯に捉えて暑さ対策に奔走するようにしてください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』