グレインフリーとは?キャットフードを紹介

皆さんはグレインフリーというワードを聞いたことはあるでしょうか?
キャットフード選びは愛猫と飼い主さんにとって大切です。

グレインフリーのキャットフードについて紹介します。
2020年01月19日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫用品猫のカテゴリ - 猫用品

グレインフリーとは?

グレインフリーとはトウモロコシや小麦などの穀物類を使用していないフードのことを指します。
愛猫が穀物類にアレルギーを持っている場合でも安心して与えることができるキャットフードになります。

本来猫科の動物は肉食であり、これらの穀物類を消化することが苦手な胃腸の構造をしています。
人と暮らすようになった猫は雑食性に近づいたため、このような穀物類を食べるようになりましたが、上記の理由から穀物類に対して身体の免疫機能が過剰に反応してしまい、湿疹や呼吸困難を起こしてしまうアレルギーになりやすいと言われています。

そんなアレルゲンになりやすい穀物類を除去した素材で作られたフードがグレインフリーキャットフードと呼ばれています。

アレルギーの症状は?

アレルギーとは上記で紹介した通り、身体の免疫反応が過剰に起きることによって呼吸困難や皮膚に湿疹ができるなどの症状が出ます。

しかし、アレルギーの症状はその子によって様々なため、これら以外の症状が起こる場合にもあります。
重度のアレルギーを起こしてしまうと命にも関わる危険な状態になるため、注意しなくてはなりません。

主な症状は上記の他に激しいかゆみ、下痢・嘔吐、脱毛、発熱、意識消失・発作などか見られます。
アレルギーを防ぐためにはアレルゲンとなる物質を特定してそのアレルゲンを除去する必要があります。

アレルゲンは穀物類だけでなく様々なものに発生するため、アレルゲンを特定する検査を動物病院で行います。
血液検査により、アレルゲンを特定することが可能ですのでこれらの症状が見られた場合には、早急に動物病院を受診するようにしましょう。

特に穀物類は市販のキャットフードには大体含まれています。
穀物類から取れる食物繊維は猫の体にとっても消火を助けるために多少は必要であり、トウモロコシなどの穀物類がいけない食べ物というわけではありません。

しかし、穀物アレルギーをもつ猫ちゃんにとっては命に関わる危険もあるため、原材料をチェックしてグレインフリーのキャットフードを購入することが重要になります。

グレインフリーのキャットフードを紹介

グレインフリーのキャットフードを紹介します。
グレインフリーのキャットフードを探している飼い主さんの参考になれば幸いです。

① ピュリナ ワン キャット 1歳から全ての年齢に グレインフリー 白身魚(1.6kg)

日本の猫に適した白身魚を主原料に使用したキャットフードです。
食べやすい粒の大きさと手頃な値段が魅力であり、大手メーカーであるピュリナワンの商品のため安心して与えることができます。

② クプレラ ホリスティック グレインフリー キャット HGF-C2(900g)

全成長段階の猫に対応したグレインフリーのキャットフードであり、10種類の必須アミノ酸を配合しています。
猫の消化を助けてくれるため、お腹がゆるくなりやすい猫ちゃんにもオススメです。

③ スマック フローラケア 猫用 グレインフリー 1歳以上 チキン味(120g*6袋入)

成猫用のグレインフリーキャットフードです。
チキンを主原料としており、腸内フローラに働きかける3つの菌が魅力的です。
小分けになっているため、新鮮なキャットフードを与えることができます。

④ ニュートロ キャット ワイルド レシピ アダルト サーモン 成猫用(1kg)

主原料にサーモンを使用している珍しいキャットフードです。
高タンパク、グレインフリーであり、猫本来の肉食に特化した商品であり生き生きとした身体づくりに効果があります。

⑤ ネイチャーズバラエティ インスティンクト LID(成分限定食) ターキー キャットフード(1kg)

主原料にターキーを使用したヘルシーなグレインフリーキャットフードです。
穀物類の他にも牛肉、卵、乳製品などを使用していないため他のアレルギーにも対応したフードになります。
ポテトの変わりにタピオカを使用しています。

オススメ

新着記事