愛犬のために知っておきたい・犬が撫でられると気持ち良い場所はここ!

犬と暮らし始めると、意外に撫でられると気持ちいい場所がいくつもあることに気づかされます。飼い主さんとして、愛犬を撫でるということは。最高の愛情表現になります。是非ともこの機会に、撫でられると気持ち良い場所を覚えて役立ててください。 2019年11月01日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:17,186

飼い主さんに撫でられるという至福

https://www.shutterstock.com/ja/home

飼い主さんの温かい手で、体を撫でられるのは犬にとってはとても心地よいことです。飼い主さん側も、犬を撫でている瞬間に幸せを感じるわけです。愛犬と優しい時間を保つことは、お互いの絆を深めることにもなります。では、どの部分を撫でられると犬は嬉しいのか?そこを、きちんと理解しておいてください。

間違っても、犬の嫌がる敏感な場所を撫でるのは止めてください。特にお尻回りや尻尾付近は触られるのが苦手という犬が多いので要注意です。それ以外の場所は、どの犬も比較的撫でられて心地よいという表情を見せてくれるものです。

どこを触られても脱力できるのは服従の傾向

犬の性格によりますが、幼い頃からマッサージなどに慣れている犬の場合には、体のどこを触られてもほとんと嫌がらないものです。これはある程度の慣れや飼い主さんとの信頼関係の構築がうまく行っている証拠です。逆に、どこを触られるのも嫌がるというのは、問題です。もしかすると痛みや違和感があるのかもしれません。

飼い主さんとして、そのあたりを見極めてきちんと対応することが求められます。そして愛犬との関係性の中で、信頼関係をきちんと築けているかどうか?ということにも注力しないといけません。

首の後ろ側が心地よい

https://www.shutterstock.com/ja/home

犬は首の周りを撫でられると、気持ちよさそうな表情を見せます。特にリラックスをしているときなどは、飼い主さんに対して無防備な仕草を見せます。心地よいと感じたときには、こうして催促をするものです。首の後ろというのは、比較的よく使う場所でもあります。だからこそ、念入りに優しく撫でることに意味があるのです。

首の後ろ側から背中を優しく労わるように撫でると、気持ちよすぎて居眠りを始めてしまう犬もいるほどです。愛犬の「気持ち良いスポット」を数多く知っておくことで、より効果的に撫でてあげられるようになります。

顎の下もたまらなく心地よい場所

顎の下は、どの犬も目を細めて喜ぶ場所です。ここには、緊張を落ち着かせるツボが多く集中しているようです。犬は体の構成上、自分では顎の下を触ることが難しいのです。そこで愛情をこめて撫でてあげるということは、思わず心が解けていくような心地よさを感じずにはいられなくなるのです。一度試してみてください。

耳の付け根や目の周り

顎の下を撫でた後に、耳の付け根あたりを撫でてあげてください。犬亜h多くの譲歩をしっかりと捉えようと、いつも耳の付け根を緊張させているものです。その緊張を解いてあげるように、優しく触ってあげると思わず目を細めて喜びます。同時に眉間のあたりまでゆっくりと撫でると、まさに至福の表情を浮かべるようになります。

お腹を撫でてもらいたいのは信頼の証

https://www.shutterstock.com/ja/home

お腹はいわゆる、急所でもあります。よほど信頼を置いている相手にしか見せたくないのが当たり前です。それを許してくれてお腹を撫でられることに抵抗がない犬は、本当に素直に飼い主さんへの気持ちを傾けている犬だと言えます。そして甘えたいという欲求が高まったときには、自分の方からお腹を見せて撫でて欲しいという仕草を見せるようにもなるのです。

注意をして撫でなければいけない場所

しっぽの付け根にもリラックスをするツボがあります。それでも、警戒心の強い犬の場合にはなかなか、触らせてもらえないということもありますので無理をして触ろうとしないでください。また腰回りにも万病に効くと言われるツボがありますので、本当は優しく撫でてあげたいところですが、同じように警戒される場合もありますので無理強いは避けてください。

オススメ

新着記事