急用が!ペットホテルに泊める際に気を付ければならないポイントって何?

いきなりどうしようもならない急用が出来てしまった時、かくなる上はペットホテルに泊めるしかありません。その際のチェックポイントをお伝えします。 2019年07月30日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:5,528

突然の出張命令が!旅行に行きたいけれど、預けられる人がいないという様々な悩みは多くの方が持っている悩みかと思います。そんなに都合よく預けられる人が見つかることって少ないはずです。

しかし愛犬は大事な家族。ちゃんと信頼できる人に預けたいと誰しもが思うでしょう。そこで今回は、ペットホテルに預ける際にチェックしたいポイントを解説したいと思います。

選ぶ際のポイントとは?

出典元:https://www.shutterstock.com/

まずはペットホテル選びに不安を覚えている方が多いかと思いますので、具体的にどこをチェックしたらいいのか見ていきましょう。

動物取り扱い業の登録はされているか

動物取り扱い業の登録は義務化されています。ない場合は違法ですから、どんなに良いサービスがされていても、利用はやめましょう。

スタッフさんはどんな人柄か

スタッフさんの対応に違和感を覚えたりした場合は、利用は控えた方が良いでしょう。また人に対しては丁寧でも、犬に対してはどうなのかまで見極められると良いかと思います。

他の犬と一緒に行動することはあるのか

ペットホテルは他の犬も当然ながら泊まっていることと思いますが、世話は別々なのか、一緒なのか確認しておくと良いでしょう。他の犬が苦手な子の場合、確認しておかないとケンカしてしまったり、事故になってしまうこともあるかもしれません。

清潔に保っているのか

ホテル内の事前見学は必要です。なぜなら、清潔に保っているのかチェックしておかないと、病気の感染の危険性があるからです。事前に見学するのを断られた場合はそれは良いホテルとはいいません。やめておきましょう。

預ける前にやっておくこと

出典元:https://www.shutterstock.com/

良いホテルが見つかっても、こちらの準備が出来ていなければ意味がありません。預ける前にやっておくことを見ていきましょう。

飼い主さんがいなくても大丈夫な状態にしておく

飼い主さんとしてはちょっと寂しいことですが、いなくても大丈夫なようにしつけておくことはとても大事なことです。愛犬のことを考えて無駄吠えのしつけなどにも取り組みましょう。

またケージやクレートには慣れさせておきましょう。ケージやクレートを安心できる場所と認識させておくと、何事もスムーズに進みやすいです。

予防接種を受けさせる

ペットホテルに預ける際は「予防接種証明書」の提出を促されるところが多いです。体調も考慮して、10日前には済ませておくようにしましょう。

そして健康管理に気を配り、体調が悪ければ預けるのはやめた方が良いかと思います。

持っていくものってある?

出典元:https://www.shutterstock.com/

事前準備が出来たところで意外にも迷うのが、何か持っていった方が良いのかということではないでしょうか。そこで持っていくものについても解説したいと思います。

いつも食べているフード

ペットホテルで食事を用意してくれる場合もありますが、やはりいつもと違う環境に行くのですから、食事はいつも通りにしてあげたいものです。泊まる日数分の食事を持っていってあげましょう。

また食器も持ち込み可能か確認して、可能であればいつも使っているものを預けましょう。

いつも使っているおもちゃなど

生活の中で日頃使っている毛布なども良いですね。とにかく愛犬がいつも使っているものを預けてあげると、安心してくれるはずです。可能な限りにはなってしまいますが、たくさん持っていってあげると良いでしょう。

愛犬をいつでも安心して預けられるように

出典元:https://www.shutterstock.com/

非常事態に備えて、いつ預けても大丈夫なように準備しておくといざという時に焦らなくて済みます。愛犬もいきなり慣れていない場所で、慣れていない人に預けられるのは相当なストレスを感じるはずです。

愛犬の気持ちを考えて、事前準備に今からでも取り組みましょう!

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』