犬のおもちゃで犬と遊ぼう!遊び方の一工夫!

犬のおもちゃを買ってきたけど、全く犬が遊んでくれないなと思ったことはないですか?せっかく愛犬の為に買ってきたのに遊んでくれないとショックですよね。そこで、愛犬が同じおもちゃでも興味を持ってくれるような遊び方の一工夫をご紹介致します。 2018年12月06日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬用品犬のカテゴリ - 犬用品

おもちゃを愛犬に買ってきたら、買ってきたことに満足していませんか?
その後は愛犬に渡したままということもありませんか?
犬も一人で遊ぶことが苦手だったり、もともと遊びに対して興味が薄い子もいます。
今回は、おもちゃでの遊び方の一工夫をいくつかご紹介させて頂きますので、是非参考にして頂けると幸いです。

おもちゃ選びのポイント!

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬にも個性があるように、おもちゃの好き嫌いや遊び方の好き嫌いがあります。
まずは、おもちゃ自体の選び方です。
ポイントとしては、
・愛犬のサイズに合ったおもちゃにする
・おもちゃのタイプをいろいろ用意してあげる
ということです。
大型犬に小さなおもちゃを与えると、はずみで丸ごと飲み込んでしまったり、飼い主の手に持つようなおもちゃだった場合は勢いあまって飼い主の手に歯が当たってしまったり、噛んでしまうことがあります。
こういうトラブルを避けるためにも、おもちゃのサイズは愛犬に合ったものにするようにしましょう。
また、おもちゃを購入する時に、まずは好きなおもちゃのタイプを知るために安価なおもちゃを数種類購入することをお勧めします。
高価なおもちゃを買っても、遊んでくれなければもったいないですよね。
ですので、初めは安価で良いかと思います。
最近では100円均一などにもペットのおもちゃは沢山ありますので、まずはそこを利用してみても良いでしょう。

遊びに一工夫取り入れよう!

ただ、おもちゃを犬に買い与えているだけでは犬も喜ばないかもしれません。
飼い主と一緒に遊ぶことの方が犬にとっては重要なのです。
そして、遊び方に一工夫してあげることで、愛犬はさらに満足してくれますよ。

引っ張り合いっこに一工夫!

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬は本来、獲物を捕まえて暮らしていました。
ですので、長いおもちゃの場合、本来の習性を利用して愛犬が動くものを捕まえるような動きをおもちゃに与え、犬を誘ってみて下さい。
ただの長いおもちゃを私だけでなく、本能を刺激するように遊びに誘ってあげることで日頃おもちゃに興味のない犬でも興奮してくるかと思います。

宝探しに一工夫!

ただ、犬のおもちゃを隠して宝探しをしたりしていませんか?
犬の場合、人間の様にルールがすぐにわかるというわけではありません。
ですので、初めはおもちゃの中におやつを入れたり出来る形のもので宝探しをしてみて下さい。
犬の嗅覚にも刺激になり、しかも美味しいおやつの臭いがすることで、遊びの乗りも良くなるかと思います。

遊び終わったらおもちゃを片付けよう!

出典元:https://www.shutterstock.com/

おもちゃを遊んだあとも出しっぱなしにしていませんか?
出しっぱなしにしていると、新鮮さがなくなり興味も薄れてしまうことがあります。
ですので、遊び終わった後はちゃんと片づけをするようにしましょう!

遊びの中にも刺激は大切!

いかがでしたでしょうか?
遊び方の一工夫やおもちゃ選びのポイントについてお話しさせて頂きました。
おもちゃをただ与えるだけではなく、飼い主も加わっておもちゃで遊んであげることが大切です。
しっかりと刺激もまぜ、楽しく犬に楽しんでもらえるように飼い主も頑張りましょう!

オススメ

新着記事