雌猫は発情期が来るとどうなる?対処法は?

夜中に「あおーん」と大きな声で鳴いたり、いつもは寄ってこないのにすり寄って来たり、発情期を迎えた雌猫は様々な変化をみせます。最初は気にならなくても、だんだんと気になってきてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、雌猫が発情期を迎えた時の仕草と、対処法について紹介します。 2018年12月04日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康管理猫のカテゴリ - 猫の健康管理

初めて雌猫が発情期を迎えた様子をみて、あまりの変化にびっくりした経験もあるのではないでしょうか。雌猫は年に2回ほど発情期を迎え、普段とは違った様々な仕草をみせます。では、そもそも発情期とはどんなものなのでしょうか。仕草や対処法も合わせて紹介します。

雌猫の発情期とは?

出典元:https://www.shutterstock.com/

雌猫は生後半年から1年の間に、初めての発情期を迎えます。子孫を残すために、フェロモンを出して雄を呼び寄せて交配し、交配によって排卵が誘発されるため、ほぼ100%妊娠します。妊娠から2か月で出産を迎えるので、生後半年が過ぎていれば、いつでも妊娠の可能性があるのです。
猫が発情する時期は、大体2~4月と7~9月の2回です。これは、暖かい時期に出産をすることで子猫の生存率が上がるようにするためだといわれています。冬よりは春先~夏過ぎまでの間に発情しているという事になりますね。

発情期の仕草

出典元:https://www.shutterstock.com/

発情期を迎えると雌猫は様々な仕草をみせます。

・いつもは甘えてこないのに、しつこくすり寄ってくる
・大きな声で「あおーん」という鳴き声をする
・お尻を高く上げてくねくねする
・食欲が低下する
・スプレー行為をする

という仕草が代表的ですが、個体によって様々な仕草をみせるのでよく観察しましょう。
去勢をしていない雄猫がする「スプレー行為」をする雌猫もいます。フェロモンを出すことで、雄猫を呼んでいるのだといわれていますが、きついにおいがするので注意しましょう。また雄猫と一緒に暮らしている場合は、普段は雄猫を受け入れない猫でも、発情期になると積極的に受け入れるようになることもあります。繁殖を望んでいないのであれば、交配をしてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。
室内で飼っている場合は、雄猫と交尾するために脱走してしまう事があります。脱走して交尾してしまうと、妊娠してしまうので気を付けましょう。

発情期の対処法

出典元:https://www.shutterstock.com/

大きな鳴き声や、スプレー行為など、雌猫の発情期で悩む人も多いと思います。
発情期の対処に一番効果的だといわれているのは、「避妊手術」です。
卵巣のみ、または卵巣と子宮の両方を摘出することにより、ほとんどが発情しなくなり、妊娠をすることもなくなります。発情期が来ているのに長期間交配をさせないことは、猫にとってとてもストレスになるため、繁殖する予定がないのであれば避妊手術をすることをお勧めします。また、子宮を使うことなく発情ばかり繰り返していると、「子宮蓄膿症」といって子宮に膿が溜まる病気になるリスクもあります。様々な面からも、避妊手術を検討してみてはいかがでしょうか。

発情を迎えるというのは、本来は必要な体の働きです。ですが、望まない妊娠で不幸な子猫が増えてしまう事は悲しい結末を生むため、交配させないのであれば避妊手術をすることが大切になってくるのではないでしょうか。猫にとって、どうすることが一番良いのかを考えて判断してくださいね。

オススメ

新着記事