子犬のトイレのしつけ!初心者でもできるコツとは?

可愛い子犬を家族として迎え入れるのであれば、トイレのしつけは避けては通れない問題です。上手にしつけをすることができるかどうか不安な人やどんなふうに教えるべきか悩んでいる人も、コツを知っておくとスムーズにお世話をすることができます。ここでは、子犬の時期に教えたいトイレのしつけ方法についてご紹介します。 2018年02月13日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のトイレ犬のカテゴリ - 犬のトイレ

子犬は幼児と同じくしつけが必要

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬と一緒に生活する以上、最低限のしつけはしておく必要があります。トイレの場所を教えることもそのひとつで、初めは苦労することもありますが根気強く教えていきましょう。子犬はおしっこやうんちをする場所を教えてもらわなければ自分で理解することはできません。トイレトレーニングは子犬も人間の子どもも同じです。子犬と人間が快適に生活するために必要なルールだからこそ、飼い主がしっかりと教えてあげましょう。もちろん、ペットを飼った経験がない人でも、コツを掴めばトイレのしつけ問題をクリアすることができます。飼い主がトイレのしつけでストレスを感じてしまうと、子犬にも不安が伝わってしまうので注意が必要です。環境が変わったことでストレスを感じやすい子犬もいるので、無理強いをせずに少しずつ覚えさせていきましょう。

トイレのしつけはおむつ外しのつもりで

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

できればトイレのしつけは短期間で終わらせたいと考えている人もいるかもしれません。ところが、ペットのトイレトレーニングは一進一退で完全にマスターするまでは時間がかかってしまうことがほとんどです。ですから、トイレのしつけには時間がかかるものと割り切って、気長に教えていく必要があります。家に来たばかりの子犬にトイレを教えるときは、おむつをしている赤ちゃんをイメージしながらしつけを始めると良いでしょう。おむつで排泄をしていた赤ちゃんにとって、トイレは何をする場所か見当もつきません。子犬も同じで、まずはトイレは何をする場所か覚えてもらうところから始めることが大切です。できなくて当たり前なのでイライラせずに、できたらたくさん褒めてあげることを心がけましょう。

トイレのしつけ方のコツ

トイレトレーニングを始めるときは、まずケージ全体にペットシーツを敷き詰めます。トイレと生活スペースは別だということを教えるために、真ん中に仕切りを作るのもおすすめです。また、初めから飼い主がトイレの場所を教えてしまうよりも、子犬の行動を見ながら決めていくほうが良いでしょう。最初はどちらにも排泄をしてしまいますが、少しずつペットシーツの面積を狭めていけば次第にトイレであるという認識を持つようになります。トイレトレーニングを始めたらトイレシートで排泄ができたときはたくさん褒めてあげることがポイントです。シートの面積が変わると失敗することもありますが、怒らずに成功だけを褒めてあげましょう。

ただし、トイレのスペースで寝てしまうときは、寝る場所とトイレの場所が違うことを教えるために叱ります。10カ月くらいまでの間は、トイレで排泄できたときに褒めて、それ以外のところでしたときには途中でもトイレまで連れて行き、そこで終わらせられたら褒めてあげるのがベストです。

トイレの失敗は叱らない

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬に対してトイレのしつけをするときに一番気をつけたいのが、失敗しても安易に叱らないことです。ついつい大きな声を出してしまったり叱ってしまったりしてしまいがちですが、これはトイレトレーニングに逆効果だということを頭に入れておきましょう。厳しく叱ってしまうと、排泄自体がダメなことだと思い込んでしまうので、できたときに褒めてあげるという教え方を心がけることが大切です。子犬にトイレのしつけを覚えさせるためには、飼い主が焦ることなく成長に寄り添ってあげると良いでしょう。

オススメ

新着記事