キャットタワーはどれを選べば良い?人気のキャットタワーもご紹介

猫を飼う上で、必需品といっても過言ではないキャットタワー。
さまざまな種類がありますが、どれを選んだら良いかわからない人も多いのではないでしょうか?
この記事では、キャットタワーの選び方などについてご紹介します。 2021年05月01日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:3,492

キャットタワーを設置するメリット

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、キャットタワーを設置するメリットについて見てみましょう。
さまざまなメリットがあるため、猫を飼うのであればキャットタワーはかならず設置することをおすすめします。

運動不足解消

キャットタワーの一番のメリットは、猫の運動不足が解消される点でしょう。
ジャンプをしたり高いところから降りたりすることが好きな猫は、キャットタワーの昇り降りをするだけで十分な運動になるはずです。
運動不足は肥満の原因になりますし、十分な運動ができていなければストレスも溜まってしまいます。
ストレスが溜まると、病気を発症してしまうこともあるでしょう。
一軒家や広い部屋に住んでいるのであればキャットタワーはかならず必要とはいえませんが、ワンルームなど狭いスペースで猫を飼う場合には必須といえるでしょう。

自分の居場所を作れる

猫は決まった場所で寝ることが多く、自分の居場所がなければリラックスして寝ることができません。
ほとんどのキャットタワーには猫が落ち着けるスペースが用意されています。
そのため、別で猫用ベッドを用意する必要がなくなるでしょう。
狭い場所を好む猫には、ドーム型のハウスが付属されているタイプがおすすめです。
ただし、キャットタワーで寒さ対策をすることはできないため、寒さに弱い猫を飼っている場合には別でベッドを用意してあげると良いでしょう。

爪とぎ防止

猫を飼う上で困ることといえば、床や壁で爪とぎをされてしまうことでしょう。
特に賃貸住宅であれば、退去時に壁紙の張り替えなどで大きな出費となる可能性も考えられます。
そんなときには、キャットタワーの柱部分で爪とぎができるものを選びましょう。
爪とぎ付のものがあれば、爪とぎグッズを別で用意する必要もなさそうです。

キャットタワーの選び方

出典:https://www.shutterstock.com/

たくさんのメリットがあるキャットタワーですが、どんなものを選べば良いのでしょうか?
猫の種類や年齢に合わせて、愛猫好みのものを探してみましょう。

年齢に合わせた高さのものを選ぶ

活発な年ごろの猫を飼っているのであれば、天井突っ張りタイプを選ぶと良いでしょう。
天井突っ張りタイプは、動き回っても転倒する心配がないため、安心して遊ばせることが可能です。
また、運動能力の低い子猫やシニア猫には、落ちて怪我をしないような低めのキャットタワーを用意してあげましょう。
特にシニア猫の場合には、多くのステップが付いていて昇り降りしやすいものを選ぶと良さそうです。

多頭飼いには大きいものがおすすめ

キャットタワーには、高さはもちろん、横幅の広いものなどさまざまな種類があります。
多頭飼いをしている場合は、横幅の広いワイドタイプがおすすめです。
ワイドタイプであれば、猫同士が遊ぶこともできますし、寝床の取り合いになる心配もありません。
ですが、ワイドタイプを選ぶ場合には、それ相応の部屋の広さが必要になります。
大きいキャットタワーを設置する場所がない場合は、省スペースでも設置できるものを選ぶと良いでしょう。

デザインは重視しなくても良い?

これは人によりますが、キャットタワーはあくまで猫のものですので、デザイン性を重視する必要はないでしょう。
ただし、部屋のインテリアにこだわりがある人もいると思います。
そんな人には、木製のキャットタワーも販売されているので、それらを選ぶと良いでしょう。
木製を選ぶ際にも、安全面には十分に配慮して選ぶことをおすすめします。

人気のキャットタワー4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、人気のキャットタワーをご紹介します。
たくさん種類があってどれを買えば良いかわからないという人は、購入時の参考にしてみてください。

(1)ハピネコ

全ての台座にふわふわ生地を使用しているため、どこでもゆったりと休むことができるキャットタワーです。
また、すべての柱に爪とぎを採用することにより、満足いくまで爪とぎをすることができるでしょう。
ハンモックやドーム型ハウスなどたくさんの休む場所があるので、多頭飼いにもおすすめです。

(2)Mwpo キャットタワー

シンプルなデザインのキャットタワーです。
たくさんのベッドがあり、多頭飼いをしていても猫が寝床に困ることはないでしょう。
猫がスムーズに頂上まで昇ることができるように、動線を追求して作られています。
何を買えば良いかわからないという人は、スタンダードなこのキャットタワーを設置すると良いかもしれません。


Mwpo キャットタワー

(3)麻紐キャットタワー

子猫やシニア猫には、この商品が人気です。
全高145cmの低めのキャットタワーでありながら、ベッドやハンモック、ネズミおもちゃなどさまざまな機能が付いています。
昇り降りを辛いと感じるシニア猫でも、このキャットタワーであれば十分に遊ぶことができるはずです。


麻紐キャットタワー

(4)突っ張りキャットタワー

省スペースでも置ける、突っ張りタイプのキャットタワーです。
天井と床での固定式のため、転倒することもないでしょう。
特に、活発な成猫を飼っている人におすすめです。
また、ワンルームでキャットタワーを設置するスペースがない人にも良いでしょう。


突っ張りキャットタワー

猫のことを考えてキャットタワーを設置しよう

出典:https://www.shutterstock.com/

運動不足は肥満に、ストレスはさまざまな病気の原因にもなるでしょう。
そのため、キャットタワーは運動不足やストレス解消をするために、かならず設置することをおすすめします。
多頭飼いやシニア猫など、猫の年齢などに合わせて選ぶことで、猫が快適に生活できるようになるでしょう。
また、猫が落ち着いて過ごす場所を作ってあげるという面でも、愛猫に合ったものをしっかりと選ぶことが大切です。

参考サイト

タンスのゲン(参照日:2021-04-05)
https://item.rakuten.co.jp/tansu/32000002/

Mwpo(参照日:2021-04-05)
https://item.rakuten.co.jp/ohamakaguya/mwpo-57/

YUMEKA(参照日:2021-04-05)
https://item.rakuten.co.jp/yumekatokyo/tx036894/

Pet館〜ペット館〜(参照日:2021-04-05)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/7160129/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事