犬はみかんを食べても大丈夫?メリットや与える際の注意点など

冬を代表する果物のひとつである、みかん。みずみずしく、甘さの中に程良い酸味があるのが特徴です。
そんなみかんですが、犬に与えても問題ないのでしょうか?この記事では、犬はみかんを食べても大丈夫かどうか、メリットなどについてご紹介します。 2021年01月25日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:11,173

犬はみかんを食べても大丈夫?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、犬はみかんを食べても大丈夫かどうかについて見ていきましょう。
また、どの部分であれば与えても良いかについてもご説明します。

犬はみかんを食べても大丈夫!

結論からいうと、犬はみかんを食べても大丈夫です。
それどころか、みかんを与えるのはたくさんのメリットがあります。
メリットについては後述しますが、犬には積極的にみかんを与えたほうが良いといえるでしょう。

子犬やシニア犬でも大丈夫!

離乳食を食べているのであれば、子犬にみかんを与えても問題ないでしょう。
ただし、みかんの酸味により胃に刺激がある場合が考えられますので、子犬の様子を見ながら与えることをおすすめします。
また、シニア犬にはみかんの搾り汁を与えると良いでしょう。
果肉や薄皮はシニア犬にとっては食べにくい可能性があるため、みかんの搾り汁で効率的に栄養を摂取させてあげると良さそうです。

みかんの外皮や種はNG

犬はみかんを食べることができますが、外皮は与えてはいけません。
なぜなら、みかんの外皮にはワックスや農薬が付いている可能性があるからです。
また、種は消化することができないため、なるべく取り除いてあげると良いでしょう。

みかんの薄皮は食べられる

みかんの薄皮は食べることができますが、犬によっては消化の負担になる可能性があるため、取り除いてあげたほうが良いでしょう。
薄皮には食物繊維が豊富ですが、基本的には果肉を与えることをおすすめします。

みかんの缶詰はダメ!

みかんの薄皮を取り除くのが面倒と感じる人は、缶詰を与えたくなるかもしれません。
しかし、みかんの缶詰は甘いシロップなどの添加物が多く含まれているため、絶対に与えてはいけません。
犬にみかんを与えるのは、かならず生の状態のものにしましょう。

犬にみかんを与えるメリット

出典:https://www.shutterstock.com

次に、犬にみかんを与えるメリットについてご紹介します。
私たちが日常的に食べているみかんですが、実は犬にもたくさんのメリットがあったのです。

抗酸化作用

みかんの果汁には、多くのβ-クリプトキサンチンが含まれています。
このβ-クリプトキサンチンはカロテノイドのひとつで、抗酸化作用があります。
そのため、子犬からシニア犬に至るまで、みかんを与えることは老化予防に役立つ期待を持てるでしょう。

夏バテ予防

みかんなどの柑橘類には、多くのクエン酸が含まれています。
クエン酸は夏バテ予防の効果が期待できるため、運動量が豊富な犬は積極的に摂取をしたほうが良いでしょう。
また、クエン酸はエネルギー補給の役割も果たしてくれます。

胃腸の調子を整える

みかんには、ペクチンも含まれています。
ペクチンは水溶性の食物繊維であり、胃腸の調子を整えてくれる効果が期待できるでしょう。
みかんの果実にもペクチンは含まれていますが、それ以上に薄皮に含まれています。
ただし、先述したようにみかんの薄皮は胃腸の負担となる可能性が考えられるため、なるべく取り除いて与えたほうが良いでしょう。

水分補給ができる

みかんには多くの水分が含まれているため、与えることで水分補給をすることができます。
冬に旬を迎えるみかんですが、夏にはハウスみかんが売られているため、熱中症対策として犬にみかんを与えることもできるでしょう。
ただし、与えすぎは下痢の原因ともなるため、注意が必要です。

犬にみかんを与える際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、犬にみかんを与える際の注意点についてご紹介します。
もしも犬におやつとしてみかんを食べさせたいのであれば、かならず読むようにしてください。

小房に分けて与える

犬にみかんを丸ごと与えると、丸呑みして喉に詰まらせてしまう可能性があります。
そのため、みかんを与えるときは小房に分けて与えましょう。
丸ごとみかんを与えることは丸呑みのリスクに加えて、薄皮を取り除くことができないというデメリットがあります。

与えすぎに注意!

犬がみかんを喜んで食べているとしても、与えすぎには注意が必要です。
みかんを与えすぎると、先述したように下痢の原因になります。
また、みかんの果糖により肥満になってしまう可能性もあるでしょう。
だいたいの適量ですが、体重3kgの場合はみかんを半分(約56g)、体重10kgの場合にはみかん約1.3個(約130g)、そして体重30kgの犬には約3.5個(約344g)のみかんを上限にすることをおすすめします。

中毒やアレルギーに注意

犬によっては、みかんを食べたことでアレルギー症状が見られる場合があります。
ほとんどの場合は問題ないでしょうが、アレルギー気味の犬には慎重に与えたほうが良さそうです。
もしもみかんを与えるのであれば、はじめのうちは少量ずつ与えて様子を見たほうが良いでしょう。

メイン食材にはしない

犬は肉食動物であるため、肉類を食べなければ健康な身体を維持することができません。
そのため、みかんはあくまでおやつとして与えるようにしましょう。
おやつやトッピングとして与えることで、効果的にみかんの栄養を摂取することができるはずです。

犬にみかんを与えるのはメリットが多いけど、与えすぎには注意!

出典:https://www.shutterstock.com

犬にみかんを与えるのは、水分補給や夏バテ予防に最適です。
しかし与えすぎは下痢などの原因にもなりますので、注意しなければなりません。
犬にとってメリットの多い食材であるみかんは、おやつやトッピングとして与えるのが良いでしょう。
普段はドッグフードや肉類などを食べて、足りない栄養をみかんで補うようにすると、さらに愛犬の健康を維持することができるかもしれません。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事