猫にアスパラガスをあげても大丈夫?飼い主さんが知るべき注意点

猫が食べても良い食材は人間とは違うことから、普段から気を付ける必要があります。今回は、猫にアスパラガスをあげても問題ないのか、注意点を含めてご紹介します。 2020年07月09日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物

アスパラガスを好む猫がいる!?

人間が食べるものに非常に興味を示し、食卓でひっきりなしに「ちょうだい」とアピールする猫もいるのではないでしょうか。キャットフードしかあげないと決めている飼い主さんには驚かれるかもしれませんが、中にはアスパラガスを好んで食べる猫も少なからずいます。毎日の猫のご飯を手作りしている飼い主さんなら、猫が食べても良い食材かどうか気になりますよね。

人間と猫とでは、食性が違います。人間は雑食動物ですが、猫が肉食動物です。肉食動物は、野菜や穀物だけでは必要な栄養を十分に補うことができないため、肉を食べる必要がある動物のことを言います。基本的に、猫の体は野菜の消化が得意ではないため、野菜中心の食生活では栄養不足に陥り、健康を損ねてしまう可能性もあります。

玉ねぎが、猫にとっては毒になってしまうという事実はよく知られています。このように、人間が美味しく食べられる食材であっても、猫にとっては違う場合があることを知り、はじめて与える食材に関しては慎重によく調べることが大事です。

アスパラガスは猫が食べても大丈夫な食材なの?

出典:https://www.shutterstock.com

結論から言うと、猫がアスパラガスを食べることについては、いくつかの注意点を守れば基本的には大丈夫です。しかし、猫にとっては必要不可欠な食材ではないため、あげなくても全く問題ではありません。野菜の消化が苦手なことを考慮すると、よほどアスパラガスを好む猫には少量ほどあげても良い、と言った方が伝わりやすいかもしれませんね。

アスパラガスは、その90%が水分でできています。タンパク質や脂質などはほとんど含まれておらず、ビタミンやミネラルが多い野菜です。アスパラガスから発見されたアスパラギン酸というアミノ酸や、胃腸の働きを助けるメチルメチオニンなどの栄養素が含まれています。

猫にアスパラガスを与える際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

猫にアスパラガスを与えても基本的には問題ないとご紹介しましたが、いくつかの注意点はあります。猫の健康を守るためにも、しっかりと把握しておきましょう。

生のアスパラガスはNG

猫にアスパラガスを与える時には、熱を通して柔らかくしましょう。生のままでは、硬く消化しずらいため、胃腸を刺激したり消化不良を招くリスクが高まります。加熱は、シンプルに茹でたり蒸したりするのがおすすめです。柔らかくなった状態のものを細かく刻んであげましょう。

調味料は加えない

飼い主さんがアスパラガスを食べる時には、様々な料理に使ったりサラダにしたりして、味をつけるでしょう。しかし、猫にあげる時は味のついたものを分けてあげるのではなく、そのままの状態で加熱します。調味料に含まれる塩分や油などは、猫にとっては多すぎて健康を損ねる可能性があります。普段からアスパラガスや野菜を好む猫の場合、食卓に並ぶサラダを狙って食べようとすることがあります。ドレッシングがかかった状態のものや玉ねぎ等猫が食べてはいけない食材まで口にする危険性があるため、うっかり盗み食いされないように対策しましょう。

葉の部分は与えない

アスパラガスの穂先は、根元に比べると柔らかく食べやすいです。しかし、穂先にある三角のはかま(葉)は、猫にとっては中毒性があると言われているため注意が必要です。アスパラガスをあげる時には、葉の部分を取り除きましょう。

あげすぎない

猫にとって、アスパラガスは食べなくても何ら問題はありません。たくさんあげすぎると、消化が追い付かず負担にもなります。普段の食事に少しだけトッピングしてあげる、一欠片だけあげるなど、少量にとどめるのも大事なポイントです。食事の一部にするというよりは、おやつに少しだけあげるという感覚の方が良いでしょう。

観葉植物のアスパラガスには注意

アスパラガスの種類はとても多く、食用だけでなく観賞用のものもあります。食用も観賞用も、キジカクシ科のクサスギガズラ属に属していますが、品種が異なります。園芸店等では、観賞用のアスパラガスを「スプレンゲリー」や「ナナス」などの名称で取り扱っており、その他にもたくさんの品種があります。家の中に飾ったお花をかじってしまう猫は多いですよね。観賞用のアスパラガスについても、興味を示してかじってしまう可能性は十分にあります。飼い主さんの外出時や目を離したスキにかじってしまい、実際にどのくらい口にしたか分からない状態になるのは問題です。

猫の食事は栄養バランスを十分に考慮して安全に

出典:https://www.shutterstock.com

人間にとってヘルシーな食材が、そのまま猫に当てはまるわけではありません。必要な栄養素やそのバランスは、人間と猫とでは違います。総合栄養食のキャットフードは、猫が必要とする1日の栄養バランスをきちんと満たすよう作られており、適量を守ればそれ以外に何かあげる必要はありません。アスパラガスをあげることで普段の食事量が減ってしまうのは、かえって健康を損ねてしまう恐れもあるため、十分に注意しましょう。

猫にあげる食材は1つずつ念入りに確認して

今回は、猫にアスパラガスをあげても問題ないのか、についてご紹介しました。基本的には問題ないとされるアスパラガスも、量が多すぎたりあげ方を間違えれば良くない結果をもたらしかねません。インターネット上には、猫にアスパラガスをあげるのはダメだという記事も多いです。これは、注意点を守らなければかえって良くないということの表れとも言えるのではないでしょうか。飼い主さんが食べるものや、野菜に興味を示す猫は意外と多いですが、気軽にあげてしまう前に「猫が食べても問題ないのかな?」と確認しましょう。

今回ご紹介した内容は、猫にアスパラガスを与えることを推奨するものではありません。しかし、猫が好きなものをあげることが飼い主さんとの良い関係を築く上で役立つのも事実です。アスパラガスをあげる時には、今回ご紹介した注意点をぜひ参考にして、安全を守りながら良い関係を築いてくださいね。

参考サイト

文部科学省 食品成分データベース(参照日2020-6-17)
https://fooddb.mext.go.jp/result/result_top.pl?USER_ID=12226

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ