愛犬とのドライブ!車のお出かけポイントは?

愛犬といろんな場所にお出かけするために車は大変便利です。

しかし、いきなり車でお出かけすると車酔いをしてしまう犬もいます。
車でのお出かけポイントを紹介します。
2020年01月21日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:737

愛犬と車でお出かけするためには?

愛犬と様々な場所にお出かけして思い出を作ることは飼い主さんにとっても、愛犬にとっても楽しい思い出になります。

キャンプや旅行を楽しむのであれば、車でのお出かけが自由度があり便利ですが、いきなり車で長距離移動をしてしまうと愛犬が車酔いなどの体調不良を起こしてしまうこともあります。

さらには、車への印象が悪くなり車に乗ること事態嫌になってしまう可能性もあります。
愛犬に車デビューしてもらうためには準備が大切になります。

犬の車酔いとは?

実は犬にも車酔いがあることをご存知でしょうか?
犬も人間と同じく激しい揺れなどにより、嘔吐してしまい、車に酔ってしまうことがあります。

さらには、その出来事がトラウマになってしまい車に乗ること事態を拒否してしまうことにもなります。
飼い主さんとしても毎回車酔いにより、愛犬に吐かれてしまうと移動用のケージの掃除なども大変になります。

愛犬の具合が悪く、緊急で動物病院に連れて行きたい時なども車が苦手ですとさらなる負担をかけることにもなります。
犬が車の中でもストレスなく快適に過ごすためにしたいポイントについて紹介します。

犬との車でのお出かけを成功させるコツ

愛犬と楽しくお出かけするためにしたい対策を紹介します。
お出かけの参考にして下さい。

①車に慣らせる

まずは車内に慣れることが大切になります。
実際に車を走らせる前に車に乗せて、車内の雰囲気に慣らせるようにしましょう。

車に上手に乗ることができたら、ほめておやつをあげるなどします。
車に乗ると良いことが起きると印象づけることがポイントです。
また、車内に乗せるときには安全の面からも放し飼いにせずに、移動用のケージを用意します。

車内に慣れてきたら車のエンジンをかけます。
そして徐々に車を走らせて愛犬の様子をみましょう。
初回はできれば、愛犬と二人以上飼い主さんと家族で乗るようにして、運転手さんは運転に集中します。
愛犬の様子が気になりますが交通事故を起こさないためにも、運転手さんは安全に努めましょう。

そしてお出かけ本番前までに近所にお出かけしてみることがオススメです。
徐々に距離を伸ばしていき、車に愛犬が慣れたら長距離のお出かけをしましょう。

②移動用のケージを用意する

ケージは犬が落ち着ける重要なスペースになります。
また、安全の面からもケージを移動用に用意するのは大事なことです。
ケージの中にいれば、衝撃から愛犬を守ることにもなりもしもの事故の場合にも身体を保護することができます。

さらにはケージがあることで環境の変化に対するストレスを軽減することも可能です。
犬は環境の変化にストレスを感じやすい動物ですので、自分の臭いが染み付いたケージがあれば安心です。

③体調の良いときに出かける

当たり前のことかもしれませんが、せっかくのお出かけも愛犬の体調が万全でないと楽しむことができません。

また、シニア犬や子犬は抵抗力が低いため環境の変化で体調を崩しやすくなります。
愛犬に健康上の問題がなく、心身ともに健康な状態でお出かけすることがまだ大切です。

もしも持病などがある場合には、お出かけ前にかかりつけの獣医さんに相談してみることも大切です。
お出かけの計画や注意点を一緒に考えもらうのも良いでしょう。

さらには、愛犬の性格によってはどうしても車が苦手な子もいます。
楽しくお出かけするためには、愛犬の性格に合わせて無理をしないことも必要です。

普段から愛犬の様子をよく観察して、車のお出かけが愛犬合っているか検討して工夫することがポイントです。

オススメ

新着記事