猫の種類の中で、もふもふなのはどの猫?

猫の種類の中でも毛量が多く「もふもふ」としたタイプの猫を好む飼い主さんがいます。今回はこの、もふもふな猫の種類についてまとめてみました。もふもふの猫を抱っこするだけで、とろけるような至福を感じるようです。 2019年08月18日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫を飼う猫のカテゴリ - 猫を飼う
  • VIEW:1,091

もふもふ猫とはどんな種類の猫?

https://www.shutterstock.com/

猫にもいろんな被毛のタイプがあります。もふもふと言われる猫はいわゆる、長毛種の猫です。長毛種の猫は独特の品の良さと優雅さを持ち合わせています。思わず撫でたくなるようなオーラと、柔らかい雰囲気が最高の魅力です。もふもふの猫を飼育するときには、お手入れをするときには、被毛が少ない猫よりも大変です。それでも、一度長毛種の猫にはまると、ほかの猫が目に入らなくなるほどに、引き込まれるムードを持っているのです。

実際に触ったことがある人にしかわからない、触り心地は極上で、ずっと撫でていたくなるような感触があります。もふもふの猫には、独特な雰囲気があります。そこがもふもふ猫の愛らしさなのかもしれません。

もふもふ猫の被毛構造は?どうなっているの?

猫の被毛はその品種によって少しずつ違います。特にもふもふの猫の場合には3像構造になっていることがほとんどです。柔らかく細いけが一つの毛穴から10本以上も生えているので独特の手触りと、もふもふとした感触になるのです。いわゆる、トリプルコート持つ猫が、もふもふな猫と呼ばれるのです。

自然の悪天候の中でも自分の身を守るために、もふもふ猫の先祖たちは進化した被毛を持つようになりました。誰も自分を守ってくれないという単独行動の中でも、厚い被毛はその身を守り続けたのです。これはもふもふ猫のルーツです。

ラグドールのもふもふ感にはまる!

https://www.shutterstock.com/

ラグドールの気品あふれる長毛は、見ているだけでうっとりと、させられるほどの魅惑的です。その上、ラグドールは性格的に常にまったりと過ごすような性格を持ち合わせています。おっとりとしていて、家の中を活発に歩き回るタイプではありません。そして飼い主さんに対しても従順で、甘えん坊の一目を持ち合わせていますので、飼い主さんとすれば余計に、愛しい存在なのです。

猫の中でも大型品種で餌の量をきちんと計測して与えることがポイントです。ゆったりと歩く様子は堂々としていて、いつまでも見ていたくなるような安定感がありまうす。これがラグドールの魅力であり、歩くたびに揺れる美しい毛並みにも釘づけになります。

シャンプー嫌いの抜け毛対策は?

ラグドールは自分の被毛が濡れるのを嫌います。そこを無理強いするのも大変ですので、常にブラッシングを欠かさないようにして、濡れたタオルでふき取るようなケアをおススメします。市販でもシャンプータオルと言う使い捨てのものがありますので利用してみてください。

抜け毛対策としては、日々のスリッカーブラシでのお手入れと獣毛ブラシでの仕上げが必要です。1日1回のグルーミングは絶対に欠かせないお手入れ方法です。常に美しい被毛を保つためにも栄養の行き届いたフードを与えてグルーミングを、こまめに行うことがコツです。

静かなる巨人・メインクーン

https://www.shutterstock.com/

もふもふの被毛を持ち大きな体のメインクーンは、その穏やかな性格も魅力です。大柄で一見、どう猛にも見えるのですが、ほんとに優しい性格を持っているもふもふ猫であるメインクーンは静かな巨人ともいわれるほどです。他の動物とも仲良くなれる性格の良さからも、メインクーンのもふもふとした柔らかな被毛を撫でているだけで、癒されるのです。

比較的被毛が絡みやすい長毛種ですので、日々のお手入れがとにかく絶対に欠かせません。室内猫として飼育する場合には、抜け毛対策も万全に行う必要があります。従順な性格をしていますので、まったりとした時間にグルーミングを行うと、喜びます。

長毛種は手を掛けるほど可愛い存在

長毛種は比較的体も大きめで頼もしいタイプの猫が多いのが特徴です。その分、手を掛けて被毛のお手入れを一層頑張ってしてあげることで、その美しい被毛はさらに輝きを増します。手を掛けるだけ可愛く美しい存在のもふもふ猫の魅力は底なしなのです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』