子犬が初めて夏を迎える!どんなことに注意が必要?

子犬を飼い始めて初めての夏!ですが、初めてってそれだけでかなり緊張します。どんなことに気を付ければ良いのか、心配になってしまうことも多いかと思いますので、注意点を解説したいと思います。 2019年07月29日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:442

子犬を迎えて初めての夏!一緒に何をしようか考えただけでも、楽しくなってくるかと思います。ですが、そこにつきまとう問題はこの日本の高温多湿に耐えられるのか、まだ子犬なのに・・・ということでしょう。

そこで今回は子犬の夏デビューに際する注意事項についてご紹介したいと思います。これを覚えて初めての夏を満喫しましょう!

子犬と初めての夏!注意事項とは?

出典元:https://www.shutterstock.com/

早く遊びに行きたい気持ちもわかりますが、ここは少し我慢してまずは注意点をおさえてからにしましょう。よく犬も夏バテするということは聞きますが、抵抗力や体力のない子犬がなった場合は、病院に連れていかなければならないくらい危険です。

以下のような症状が見られたら、獣医さんに診てもらいましょう。
・ぐったりしている
・下痢をしている
・食欲がない
・嘔吐する

子犬は特に熱中症などにも注意が必要

身体がふらついている、体温が高くなる、息苦しそうにしている、痙攣しているなどの症状が出ていたら、熱中症の可能性があります。子犬の場合は特に危険で早急に対応が必要です。すぐに病院に連れていきましょう!

散歩は涼しい時間帯に

また散歩は早朝などの涼しい時間帯にしましょう。真夏のアスファルトは想像以上に熱くなっていて子犬は特に皮膚も弱い為、やけどの心配があります。

そして散歩の際は靴を履かせるとやけど防止になりますので、ぜひ試してみてください。犬に靴を履かせるなんて・・・と思うかもしれませんが、犬に服を着せることもおしゃれだけじゃなく体調管理に役立つことが多いのです。

留守番させる際の注意点

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬を飼い始めてもう可愛くて仕方がない!とはいえ、生活がある為仕事をしながら飼っているという方も少なくありません。そうなると愛犬と毎日一緒にはいられませんし、留守番させるのも心配になってくるかと思います。

そこで留守番させる際の注意点をまとめてみました!

エアコンをつけること

電気代がもったいないからといって、真夏にエアコンをつけないで窓全開で放置・・・は命にかかわる危険性がありますのでやめておきましょう!犬は人間よりも暑さに弱い子が多いのです。

室温は25~28℃あたりを保てるようにしましょう。またエアコンや部屋の状態によっても体感温度は違うため、冷やしすぎには注意が必要です。また湿度にも弱い為、50%あたりに調整すると良いでしょう。

できるだけ新鮮な水を

水もできるだけ新鮮なものが良いのですが、長時間家を空けるとなるとそうもいきません。そこでいつでも新鮮な水を出せるグッズを活用することも手です。

クールマットなども活用して

またクールマットやクールベットなどのひんやりグッズを使うのも、省エネになりますしおススメです。

子犬と安全に夏デビューしよう!

出典元:https://www.shutterstock.com/

初めての夏は楽しいものですが、子犬にとっては危険が多いものです。しっかり飼い主さんが健康管理をしてあげて、楽しい夏を満喫しましょう!

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』