おすすめ5選!犬のために考えたい保険のあれこれ

動物のための「ペット保険」はどんなふうに選べば良いのでしょうか?今回はおすすめのペット保険を取り上げて、その選び方のコツなどをお伝えしていきます。 2019年01月12日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:104

ズバリ!ペット保険の概要を読み解く方法

出典元:https://www.shutterstock.com/

年間を通じてほとんど動物病院のお世話になるタイプの犬と、体質的に何かあると体調を崩しやすいタイプの犬がいます。ペット保険の原則として現在、病気にかかっていないこと、そして健康体であることが義務付けられてます。ペット保険の加入を考えている場合には、犬が持病を持つ前が鉄則です。ペット保険を選ぶ以前の話になりますので、この部分は十分に留意しておいてください。

出典元:https://www.shutterstock.com/

既往症がある場合の加入条件とは?

ペット保険会社によりますが、「告知義務」をきちんと果たしてまずは申し込みをしてみてください。その過程で、お引き受けできない先天性の病気なのか?あるいは「特定傷病等不担保特約」という形での契約が可能な場合もあります。

保険の補償にはタイプがある

出典元:https://www.shutterstock.com/

保険会社によって補償の方法は違います。例えば治療費前に対して80%の補償などを補償するタイプと、治療費に関係なく一定の金額を補償するタイプがあります。その他には限度額範囲内でかかった治療費の全額を補償するタイプのものがあります。

日本ペットプラス

年間の補償額限度内であれば日額の制限はありません。支払い回数の制限、免責金額もないので、比較的選びやすい保険でしょう。保障割合は90%、70%、50%から選べます。

日本アニマル倶楽部

契約日数内であれば治療費は100%を補償します。年齢があがっても保険料は変わらないのが魅力的です。

ペットメディカルサポート

PS保険

ペットの怪我や病気に対して全国の動物病院での治療費を契約補償額50%、70%、100%の割合で補償をします。

アイペット損害保険株式会社

契約者はニーズによって通院+入院+手術という幅広い補償と手ごろな保険料で手術費を90%補償するタイプの保険を選ぶことができます。窓口生産ができる動物病院も全国各地に増えていて非常に便利になっています。

アクサダイレクトのペット保険

身近な通院から高額な治療までしっかりと補償します。24時間365日獣医師によるペット健康相談サービスを実施しています。

ペッ保険に何を求めますか?

年齢が上がる度に保険料が上昇するペット保険もあります。そして契約年齢に上限を設けている場合もあるので、まずは、何に備えたいのかをじっくり考えてみてください。万が一の大病に備えるということは、なかなか事前にはできないことですが、実際に動物病院での治療費は家計を圧迫するものです。まさかの病気に備えることが、ペット保険には必要な意識なのです。

保険の内容を検討する

通院や入院そして手術やガン治療、賠償補償などを細かくチェックをして、愛犬の何に備えれば良いのかを、きちんと考える必要性があるのです。そして信用できる保険会社であるかどうか?という視点も重要です。万が一、怪我や病気にかかったときに、給付金は何日以外に支払われるのか?という部分も先持って調べておくと良いでしょう。

オススメ

新着記事