犬の歯磨きはどうやるの?おすすめの歯ブラシもご紹介

犬は虫歯にならないから、歯磨きは必要ないと考えている人はいませんか?
しかし、愛犬の口腔の健康を守るためには、歯磨きは欠かさず行わなければならないことを覚えておきましょう。
この記事では、犬の歯磨きのやり方やおすすめの歯ブラシをご紹介します。 2020年11月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:658

犬の歯磨きの必要性

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、犬の歯磨きの必要性について見ていきましょう。
また、いつから歯磨きを行えば良いかについてもご説明します。

犬に虫歯はできにくい

先述したように、「犬は虫歯にならない」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
たしかに、犬は虫歯になりにくい歯の構造をしています。
これは、歯が尖っていることで食べカスが残りにくいからといわれています。
しかしウェットフードなどの柔らかいフードを与えているのであれば、食べカスは歯に残りやすくなるでしょう。
また、虫歯以外の口腔の健康を維持するためにも、犬の歯磨きは欠かさず行うことをおすすめします。

歯周病予防

犬が歯磨きをしたほうが良いというのは、虫歯ではなく歯周病予防のためです。
歯の隙間に食べカスが残ることで、歯石になります。
その歯石を放置しておくと、歯周病を発症する可能性が高くなってしまうのです。
前歯にあたる門歯に歯周病が発症しやすいため、特に注意しなければなりません。
歯周病が発症すると、歯茎から出血したり歯がグラグラとしてきたりします。
最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともあるため、歯周病予防は徹底して行いましょう。

いつ頃から歯磨きを始めると良い?

犬の歯磨きは、犬を迎え入れたその日から始めることをおすすめします。
もちろん、はじめのうちは環境に慣れていないため、犬の口をむやみに触るのはストレスの原因となるでしょう。
そのため、まずは犬とコミュニケーションがてら、全身を撫でてあげるついでに口内に指を入れてみます。
いきなり犬の口の中に手を入れると驚いてしまうため、歯茎を軽く触る程度にすると良いでしょう。

どれくらいの頻度で歯磨きをすれば良い?

犬の歯磨きは、毎日行うことが理想です。
ただし、何回も行う必要はありません。
毎晩寝る前に歯磨きを行うだけで十分ですので、なるべく毎日行うようにしましょう。

犬の歯磨きのやり方

出典:https://www.shutterstock.com

それでは本題である、犬の歯磨きのやり方をご紹介します。
はじめのうちは犬が嫌がるかもしれませんが、徐々に慣れてくるはずですので、諦めずにチャレンジしてみましょう。

犬の歯茎を触る

まずは、犬が飼い主に口内を触られることに対して慣れてもらう必要があります。
そのため、犬の歯茎を軽く触り、その後褒めてあげましょう。
褒めたときに、おやつを少量与えても良いです。
おやつを与えることで、犬は歯茎を触られるとおやつをもらえると考えるようになり、歯茎を触られることに抵抗がなくなっていきます。

犬の唇をめくる

犬の歯磨きをする下準備として、唇をめくってみましょう。
嫌がるようであればやめて、再び歯茎を軽く触るだけに留めます。
唇をめくっても抵抗しないようであれば、軽く歯を触ってみましょう。
それでも犬が嫌がらなければ、歯磨きはすぐにできるようになるはずです。

タオルやハンカチで犬の歯を触る

飼い主の手で口内を触られることに抵抗を感じなくなってきたら、犬の唇をめくった後にタオルやハンカチで軽く犬の歯を触ってみましょう。
飼い主の手であれば抵抗しないかもしれませんが、タオルなどの異物が口内に入ることは嫌がる可能性があります。
もしもタオルやハンカチなどを嫌がるようであれば、軍手を使用するのもおすすめです。
飼い主の手に軍手をはめたまま、犬の歯をこするように磨きます。
軍手をはめることで、犬の歯が当たったり噛まれたりしても、あまり痛くありません。
もちろん無理やり行うことは厳禁ですので、犬が嫌がるようであれば再び口内に手を入れる練習を続けましょう。

歯ブラシを使用する

犬がタオルやハンカチなどで歯磨きさせるのを嫌がらなくなったら、最終的には歯ブラシを使用します。
人間の歯を磨くように、歯の裏側や奥歯などをまんべんなく磨きましょう。
犬の歯磨きで大切なのは、無理に行わないことです。
無理やり歯磨きをしようとすると、犬との信頼関係にも影響が出てきます。
そのため、あまりにも犬が歯磨きを嫌がるようであれば、デンタルケアのガムなどから始めてみることがおすすめです。

犬の歯磨きにおすすめの歯ブラシ4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、犬の歯磨きにおすすめの歯ブラシをご紹介します。
歯ブラシを変えるだけで犬が歯磨き好きになることもあるので、いろいろな歯ブラシを使ってみてください。

犬の歯磨きにおすすめの歯ブラシ(1)Ci シュワワ 犬用歯ブラシ

本数が多く入っており安価なため、買い替えがしやすい歯ブラシです。
ネックを曲げられる特殊ハンドルで、犬の奥歯まで磨くことができます。
特殊なナイロン毛を使用しているため、犬の歯肉に刺激が少ない点もポイントです。
毛先が斜めにカットされているため、犬の歯にフィットしやすくなっています。


Ci シュワワ 犬用歯ブラシ

犬の歯磨きにおすすめの歯ブラシ(2)ペット用 指歯ブラシ

犬が歯ブラシを嫌がるのであれば、この商品がおすすめです。
指サックのように指にはめることができるので口内の異物感が少なく、歯ブラシが苦手な犬でも問題なく歯磨きをすることが期待できます。
指で犬の歯を触ることができれば、この歯ブラシから練習を始めても良さそうです。


ペット用 指歯ブラシ

犬の歯磨きにおすすめの歯ブラシ(3)ふわふわシルク歯ブラシ

富岡シルクブランド協会認定の、高品質な手作りの歯ブラシです。
シルクはデリケートな歯茎を傷つけにくく、マッサージのように歯磨きをすることができるでしょう。
犬の身の回りのものは高品質なもので固めたいと考えている人は、この歯ブラシを選ぶと良さそうです。


ふわふわシルク歯ブラシ

犬の歯磨きにおすすめの歯ブラシ(4)犬用360度歯ブラシ

約2万本の高密度毛を、360度に採用した歯ブラシです。
360度型なので、どの角度からでも犬の歯磨きを行うことができます。
糸径0.07mmの超極細毛が、犬の歯の隙間もしっかりときれいにしてくれるでしょう。


犬用360度歯ブラシ

愛犬の歯磨きは怠らずに!

出典:https://www.shutterstock.com

歯磨きをしない犬のほとんどが歯周病になってしまうといわれているため、愛犬の口腔の健康を守るためには、歯磨きを欠かすことはできません。
はじめのうちは嫌がるかもしれませんが、慣れれば犬も楽しく歯磨きをさせてくれるはずです。
歯ブラシが苦手なのであればハンカチや軍手を使用しても良いですし、無理やり行う必要はありません。
大切なのは、どうやって犬の歯をきれいにするかということです。
毎日行わなければならないことですので、犬にストレスを感じさせないやり方で行いましょう。

参考サイト

デンタルフィット(参照日:2020-10-19)
https://item.rakuten.co.jp/d-fit/41568/

torekagu(参照日:2020-10-19)
https://item.rakuten.co.jp/torekagu/4589971642304/

My Lab(参照日:2020-10-19)
https://item.rakuten.co.jp/mylab/5488/

I DOG & I CAT(参照日:2020-10-19)
https://item.rakuten.co.jp/idog/crja012/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事