雄犬にはいつ去勢をさせる?最適な時期や費用相場は?

雄犬の飼い主さんにとっては気になる、去勢手術をどの時期にするかということについて。またメリットデメリットや費用相場などについても、説明しています。 2018年11月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康管理犬のカテゴリ - 犬の健康管理
  • VIEW:244

雄犬を飼うと気になるのは、去勢手術をいつ受けさせるかということです。愛犬にとって最適な時期がいつかということは、必ず知っておきたい重要なところですね。

雄犬に去勢手術の必要性や、受けさせるに良い時期、 費用相場などを知った上で計画を立てていきましょう。

TOPIC 01

雄犬の去勢が必要になる時期はいつ頃から?

雄犬の体が成熟するのは、生後8カ月頃からになります。
小型犬か大型犬かなど、個体差がありますが、生後8カ月から10カ月で雄犬としての器官が成熟し、生殖するという意味での成犬期に突入します。

雄犬には雌犬のような、1年に2度 という決まった発情期がありません。
生殖器官が整えば、雌犬のフェロモンに刺激されて、いつでも発情するようになります。
そのため、雌の影響を受け始めない時期に去勢をするのがいいと考えられます。

TOPIC 02

雄犬の去勢は何カ月、もしくは何歳で受けさせる?

出典元:https://www.shutterstock.com/

雄犬は1歳を過ぎると、避妊手術を受けていない近隣の雌犬のフェロモンに刺激を受けることで、発情するようになります。雄犬の発情は自然なこと・・・と考える人も多いのですが、発情したままで交尾ができない雄犬には、かなりのストレスがかかります。

交尾をさせて子どもをつくるという目的がないようでしたら、最適な時期に去勢させたほうがいいでしょう。

時期としては、生後6カ月から1歳頃を推奨する医師が一般的です。1歳を過ぎると雄犬は完全に成熟し、雌犬の影響を常に受けることになり、交尾ができないストレスに年中さらされ続けることになります。

では早めに去勢してしまったほうがいいかといえば、6カ月より早い時期に去勢手術を受けると、骨や関節に悪影響が出るという弊害もあります。犬の成長により個体差が生じてくるため、医師と相談することが最善ですが、1歳頃には去勢を終えておくべきという目安にしておくのが良いでしょう。

TOPIC 03

雄犬を去勢するメリットとデメリットは?

雄犬を去勢することには、発情させないという目的があります。去勢手術を受けることで、雄犬やその飼い主さんにとってのメリットも少なくはありません。

デメリットも存在しますが、その両方を紹介しましょう。

去勢のメリット 雄犬特有の病気を予防できる

雄犬特有の病気にかかりにくくなるということがあげられます。雄犬特有の病気として、精巣腫瘍や前立腺肥大があります。

こういった病気は、去勢手術をすることにより発症率が低下します。

去勢のメリット 問題行動を抑制できる

雄犬同士の縄張り意識から、ケンカに発展することがありますが、去勢をすることによって性格が穏やかになり、トラブルとなる問題行動を抑制することができます。

去勢のデメリット 手術時の麻酔リスクが心配

去勢をするには、手術が必要です雌犬の避妊手術のような開腹手術ではなく、精巣部分の皮膚を切開する手術です。そのため、じっとしていることができない犬には、全身麻酔が必要です。

全身麻酔のリスクは、ゼロではありません。過去には死亡事故も起きています。特に呼吸器系が弱い犬種は、医師とよく相談の上、去勢の時期などを決めるようにしましょう。

去勢のデメリット 肥満になりやすくなる

去勢をすると、ホルモンバランスが大きく変化することなどが原因で、肥満になりやすくなります。

去勢前より低カロリーのフードを与え、適度な運動で肥満防止をするようにしましょう。

TOPIC 04

去勢にかかる費用相場はどれぐらい?

去勢手術にかかる費用は、病院によって差がありますが、相場としては15,000円から30,000円と考えておいてください。

術前検査費用は別途必要になります。

TOPIC 05

去勢をする時期は医師と相談しながら発情を繰り返さないうちに

https://www.shutterstock.com/

雄犬は雌犬のフェロモンに刺激されて常に発情するので、それが満たされない限りストレスを溜めこみ続けます。交尾をさせないなら、医師と相談して、適切な時期に去勢をしたほうがいいでしょう。

1歳になる時期の雄犬は、生殖機能が成熟した成犬となり、発情し続ける状態になっています。発情を繰り返していることで、ストレスを溜めることもかわいそうですが、避妊手術をまだ受けていない雌犬とのトラブルに発展する可能性もあります。

1歳までには去勢手術をしておくことがいいと考えて、医師とベストな時期を相談してください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』