愛猫がうーんと鳴いている時はどんな気持ち?

バラエティに富んだ猫の鳴き声の中で、うーんと鳴く時に意味するものとは何か、どのような時に鳴くのか猫の気持ちを探ってみました。 2018年03月13日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:3,656

愛猫がうーんと鳴く時は、鳴き声が高いときと低い時とで違う気持ちが働いています。さてどのような意味が込められているのでしょうか。

1.愛猫の鳴き声は高低で気持ちが違ってくる

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

猫の表現力は実に豊かで鳴き声を自在に変え、ボディランゲージをも巧みに使いこなしながら、飼い主に話しかけてきます。猫はおおよそ15~6パターンを使い分けるとも言われますが、しっかり観察していても簡単にはわかりにくい事が多いものです。もしも猫語がわかったら、きっともっと楽しく愛猫とおしゃべりできるのにと思っている飼い主は、どれだけ多いことでしょう。

まずは猫語でよく聞かれる鳴き声の高低の違いが意味する内容がわかるだけでも、少しは猫の気持ちがわかってくるはずと思えます。たとえば同じうーんでも高い時に発するうーんと、低い時に発するうーんとでは明らかに受ける印象が違いますから、きっと違う気持ちが働いているのだろうと想像できます。

そう考えると猫語は16どころか、さらにパターンが多いのではないかとも思えてきます。

猫自身は人間の言葉の意味を理解しているのでしょうか。こちらの言葉に反応してくる様子を見ると、明らかにわかっていると思えてくる時があります。これは犬も同じで、反応の素早さを見ると飼い主の気持ちとしては、わかっているのだと思いたいところですが、こればかりは本人に聞いてみないとなんとも言えない部分です。

猫どうしでは主にボディランゲージでの表現がメーンになっているのは明らかですから、猫におしゃべりをしてもらえるのは、人間の特権という事になります。理由として考えられるのは人間があまりに鈍感だから呆れて、猫語で主張するのだろうという推測と、子猫が親猫を呼ぶのと同じなのではないかという推測です。いずれもありそうですが、少なくとも飼い主を親と思っているのは間違いなさそうです。

それならなおさら我が子同然の愛猫の言葉がわかるようになりたいと願うのは、飼い主として自然な気持ちです。

2.高いうーんは?

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

猫特有の高めの甘ったれた鳴き声で、うーんと鳴く時の気持ちは2つ考えられます。もっと鎌ってよ~、撫でてよ~という甘えの気持ちの時と、強い不満がある時です。一般的に低めの鳴き声で鳴く時はマイナスの感情が働いている時で、高めの鳴き声で鳴く時はプラスの感情が働いている時という事になるのですが、実は発情している時も“うーん”に近い鳴き声で鳴く時があります。

大抵頭をすり寄せてきますから、その時はたっぷり撫でてあげてください。

特に子猫に繁茂に見られるのですが、冒険心および好奇心が旺盛ですから、どこにでも潜り込みます。よく注意していないと飼い主足下をすり抜けて一緒に部屋に入り込み、出る時に気がつかすにうっかりドアを閉めてしまう事があるのです。当然猫は“出せー”と強くみゃお、みやおと鳴きわめきます。なかなか気がついてくれないと、子猫もだんだん疲れてくるのでしょう、最後はうーんと切なそうに鳴き始めます。

飼い主の方が忙しいと、子猫の訴えに気つかないでそのまま仕事へ出てしまう事もあり、結局子猫は1日過ごしてしまう時がありますから、なかなか骨が折れるのですが、子猫の動きに最新の注意が必要です。

3.低いうーんは?

低い鳴き声でうーんと鳴く時は、明らかにあまり良い感情ではありません。ご飯を夢中で食べている時に指を餌の方に差し出すと低くうなるようにうーんと鳴く時があります。特に野良猫や保護したばかりの猫などによく見られます。もしかしたら何日ぶりかのご飯にありつけたせいかもしれません。警戒心をストレートに向けてきます。この時は食べているのをけしてじゃましないのが鉄則です。

ゆったりくつろいでいる時に、急に抱っこされた時にもうーんと鳴く時があります。喜んでいるのだと勘違いしてしまう事もあるのですが、手を離せばすぐ離れていきますから、喜んでいないのだとわかります。

4.甘えるようにうなる、うーんは

高い鳴き声でうーんと鳴く時は一般に甘えている時ですが、閉じこめられた時に仲間にSOSを発信したい時にも、鳴くことがあります。ご飯が欲しい時も、子猫がみゃおーみゃおーとうるさく泣きわめく光景はよくみかけるのですが、大人しくてお行儀の良い子になるとうーんと一声鳴いて、ご飯を出してくれるのをじっとまっている時もあります。

猫のうーんは甘えたい時、強い欲求がある時と覚えておくと、今まで以上に愛猫とのコミュニケーションがスムーズになるのではないでしょうか。

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

5.猫語で話す時の注意

猫語で愛猫と話すのはとても楽しい時間ですが、注意したいのはからかい半分ではしないという事です。特に最もわかりやすいしゃーっという威嚇のシグナルをいたずら半分で発すると、本気で爪を出してきますし、信頼関係にも傷がつきますからおすすめできません。

関連特集

オススメ

新着記事