しつけは早めが大切!困った子犬の甘噛みを防止する方法はある?

子犬のころから甘噛みの癖があり、困っている飼い主も多いでしょう。甘噛みは犬の習性であり、単純にじゃれているだけでなのですが、子犬でも甘噛みされると結構痛いものです。どうしたら、この甘噛みを防止することができるのでしょうか。防止策についてみていきましょう。 2019年07月28日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:2,784

しつけが大切!甘噛みをやめたらほめてあげる!

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬が突然甘噛みしてくると驚いてしまいます。飼い主はある程度慣れていて予測できても、散歩中に知らない人や子どもに突然噛みついてしまったら大変です。まず、試してみたい甘噛み防止方法としては、大げさにみえるくらいに嚙まれたら驚いてみましょう。そのときには、できるだけ大きな声で「痛い!やめて!」と叫んで痛いふりをします。できれば、声だけでなく体を丸めてうずくまるなど行動で示します。たとえそれほど痛くなくても、子犬に痛がっているようにみえるようにしましょう。くり返し続けることで、子犬に甘噛みはやってはいけないことと理解してもらえるようになります。

さらに、子犬に甘噛みをやめさせるには、しつけを続けていくことが大切です。「痛い!」と叫ぶときはできるだけ低い声にします。驚いたときは高い声になってしまいがちですが、高い声は子犬が「飼い主が喜んでくれている!」と勘違いすることがあります。そうなるとさらに興奮して甘噛みしてくることがあるので注意が必要です。しつけを繰り返していくうちに甘噛みをやめてくれたら、しっかりほめてあげることも大切です。

行動で示して理解してもらう!

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

「痛い!」と大きな低い声で叫んでも、なかなか子犬が理解してくれないときは、甘噛みしてきたらその場を離れてしまいましょう。子犬は遊んでほしかったり、なんらかの理由で飼い主の注意を引きたかったりするときに甘噛みしてくるので、飼い主の姿が見えなくなると必死に追いかけてくるかもしれません。しかし、追いかけられても振り向かず我慢することが大切です。できれば姿を隠してしまうところまで試してみます。子犬が、遊んでくれないのはなぜだろう、と考えるようになるまで根気よく行動で示しましょう。また、姿をみせた後も子犬をすぐにかまってあげることはやめて、暫くは相手にしないようにします。目をあわせずに子犬が落ち着くまで待ちます。

無視してみることも大切!

子犬が甘噛みしてきたら、すぐに無視することも大切です。飼い主が遊びを突然中断することで、子犬に罰を与える効果が期待できる可能性があります。かわいい愛犬に背をむけたり、無視したりするのは辛いかもしれませんが、子犬のころに甘噛みの癖を直しておかないと、大きくなってからも苦労することになるでしょう。行動で示しながらしつけをしていくことが大切といえます。

それでもダメならグッズを活用!

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬が甘噛みしてくるのは、飼い主に遊んでほしくてじゃれてくるときだけではありません。歯が生えてくるときに、痒くてなにかを嚙みたくなるときがあるのです。ある程度、飼い主が行動で示して甘噛みのしつけを続けていても、なかなか効果があがらないときには市販されているグッズを活用してみるのもひとつの方法です。犬のガムは、とても固いので嚙みごたえがあるのでおすすめです。

また、どれだけ嚙んでも大丈夫な犬のおもちゃなどもありますので、上手に活用しましょう。もし甘噛み癖がひどくて飼い主だけでなく、家具や服などを嚙んでしまうことも予防したいときには、嚙み癖を防止するための便利グッズもあります。嚙まれたくない場所に市販されているスプレーを吹きかけることで、子犬はスプレーされた場所は嚙まないようになります。人や犬の体にもやさしい成分が含まれていますので、甘噛みされないように飼い主の手や足にスプレーすることもできます。

かわいいからこそ!最初が肝心

子犬の甘噛みはよくみられるもので、最初のしつけが肝心です。さまざまな方法があるので根気よくしつけを続けていきましょう。最初はつらいかもしれませんが、心を鬼にして悪い癖は早めに直しておくことが大切といえます。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』