犬にとってキャベツを食べるとどんな効果があるのでしょうか?

犬にとってキャベツは、とても良い野菜です。その理由はいくつもあります。与え過ぎなければ安心して食材として扱えるキャベツについてまとめてみました。参考になさってください。 2019年11月09日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:21,484

キャベツを与えると喜ぶ犬

https://www.shutterstock/.com

犬に与える時に気を遣う野菜もあるのですが、キャベツはそういう意味でもなかなかの万能野菜と言えます。まずは犬の腸内環境を整えてくれます。そして消化を助けるという役割も持っていますので、胃腸の弱い犬にも最適な野菜です。その上、ビタミンを多く摂取できるので、安心して与えることあできます。なんと!がんの予防にも一役買良いという情報もあるほどです。

やはりカロリーも低く、歯ごたえも良いという点で犬が喜んで食べるのではんあいでしょうか?満足感がある野菜ですので、出来るだけ新鮮で良いキャベツを積極的に与えてあげたいものです。

なぜキャベツが腸に良いの?

キャベツが腸をお掃除してくれるというイメージで考えてみてください。つまりキャベツには食物繊維が豊富に含まれているのです。この食物繊維は特に不溶性食物繊維と呼ばれる種類ものです。人間にとっても同じ効果があるのですが、腸内環境を整えるために不要なものを排出するという役割を担っているのです。

下痢をしやすい犬でも便を固めるという作用がありますので、安心して与えることができます。野菜を食べると、もっと便が緩くなってしまうのでは・・と心配な飼い主さんでも大丈夫です。酵素をキャベツからしっかりと摂取することで、腸の悪玉菌Wの劇的に減らすことが可能になるのです。

消化を助けるとはどういう意味?

https://www.shutterstock/.com

犬にとって胃に優しい野菜がキャベツなのです。量をある程度決めてあげる場合には、生でも大丈夫です。苦味がほとんどない甘い感じのキャベツならば、いくらでも欲しがるはずです。キャベツを食べるメリットとしては、やはり胃に優しく消化を助けるという意味で、万能であることが挙げられます。

年間通してキャベツは手に入りやすいので、季節によって産地などにもこだわり美味しいキャベツを食べさせてあげるというのも、良い習慣になりそうです。栄養素も豊富に含まれているので、是非とも食生活に取り入れたい野菜の一種です。生で食べることが一番ですが、酵素が十分に摂取できないなど、デメリットも多少あります。そこは、折り合いをつけて愛犬が一番食べやすい方法を試してください。

キャベツは茹でるよりも生がベスト

https://www.shutterstock/.com

キャベツの栄養面をみるとビタミンCが豊富に含まれていることがわかります。そしてキャベツの中にしか存在しない「ビタミンU」という成分が特徴的なのです。部位によっても栄養成分が多少違います。例えば、葉と芯部分には、豊富なビタミンCやカルシウムが含まれています。

このビタミンUの特徴が、キャベツを食材にと考える時に、一番の優秀な成分と言われているのです。生で食べることで、より一層、栄養成分を体内に取り込むことができるのです。

ビタミンUとは?

胃腸の弱い犬にとってのビタミンUは胃腸薬の成分にも使われている成分なのです。胃粘膜を強くすることが、最大の効果です。そして消化を助けるという点でも、優れものと言えます。是非とも、積極的にキャベツを食べて、より健康的な身体を作れるように努力をしてみてください。

茹でずに生で食べることで、このビタミンUの、効果も一層高まるというわけです。キャベツはトッピングとしても、犬が喜ぶ野菜です。一度試してみてください。

実は食糞にも効果あり?

食糞を治すために飼い主さんは相当な努力を強いられます。それでもなかなか治らないというときには、キャベツを食べさせてみてください。消化酵素をキャベツから摂取することで、まずは腸内環境がかなり改善されます。その結果、食糞が少なくなるというわけです。つまり便の臭いが変わってしまうということで、食糞への意欲を低下させていくのです。

オススメ

新着記事