犬は熱い食べ物が苦手で猫舌って本当ですか?

犬舌という言葉はありませんよね?犬は熱いものが口の中に入るのが苦手です。つまり猫舌ということになります。今回は犬の舌についての情報をあつめてみました。 2019年05月27日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:481

熱い食べ物はかなり苦手な犬

犬に食事を与えるときに、ついつい加熱し過ぎてしまいます・・という場合があります。実は犬にとってそれは危険なことなのです。猫舌という言葉はあまりにも有名ですが、これは犬にも通用する言葉なのです。意外に知らない人も多いようです。この機会に、犬が熱いものが苦手であることを認識しておいてください。そうすることで、より安全な食生活が送れるように飼い主さんは気を配ってあげましょう。

それでも、犬は、温かい食べ物が大好きなのです。香りが立つようなフードや手作り食を喜んで食べてくれます。つまり、冷たいままの食事よりも適温のものを好む傾向にあります。やはり嗅覚が優れているので、食材の香りなどを感じると食欲が湧くということは如実のようです。

温かさを感じるのは何度くらい??

人間でもそうですが、熱すぎる食事は口の中を火傷する可能性があるのです。口の中を傷つけずに安全に与えられる食事温度は40℃までと覚えておいてください。それ以上の熱さのものは、絶対に犬の舌を火傷させてしまいす。一度でも痛い思いをさせてしまうと、食事にも大きく影響するので要注意です。しばらく自発的に何も食べなくなってしまう可能性が大きいのです。それによって体力も奪われて全身状態も悪くなってしまうのです。

直接的に軟膏を塗る程度の処置しかできないので、必ず飼い主さんサイドで、口の中に火傷を負わないような配慮をしておいてください。人間が口の火傷を負うよりも深刻で辛い状態になってしまうことを、心得ておいてください。

絶対に避けたい犬の火傷

https://www.shutterstock.com/

熱いご飯を好むというのは少し語弊があります。人間と同じように考えれば良いのです。熱すぎるご飯を与えて舌の火傷を起こす場合も多々あるからです。表面が適温でも加熱のし過ぎで、中の部分が40度を超えているものもあります。そうすると、舌はすぐに火傷状態になります。手作りご飯などの場合には、多い事例です。

必ず中身の温度も確かめて十分に冷ました状態で食事を与えるようにしてください。少しの気のゆるみが、愛犬に火傷を負わせる結果になってしまうからです。基本的に温めたご飯は好みますが、熱いものが苦手ということは念頭に置いておいてください。

手作りおじやには要注意

犬の手作りご飯の中でも、特に「おじや」類は冷ますのに時間がかかるものです。やわらかく煮るために高温の鍋の中でクツクツと煮ることで、冷めにくくなっているのです。おじや類を与えるときには、必ず中をかき混ぜてその一部をスプーンですくって確認をするなど、慎重になってください。

あくまでも、人肌温度が適温と言われています。間違っても熱々のものを与えないようにしてください。ドッグフードよりも手作りご飯での火傷の事例が多いようです。注意してください。ドッグフードを含めて、熱いと思われる食事を犬に与える場合には、一度中身の温度まで確認をする習慣をつけておくべきでしょう。

犬も猫舌という事実

https://www.shutterstock.com/

人間も熱いものが極端に苦手な場合には「猫舌」であると表現します。犬に対してもそれと同じような意味合で「猫舌」という表現をします。世間には犬舌という言葉がありません。これは遠い昔から今に至るまで、熱いものが苦手だからと言って犬舌という表現をしてこなかったからです。常識的に、人肌温度以上のものを口の中に入れると、舌が炎症を起こします。

それによって、犬は耐え難い苦痛を感じます。獣医師さん診察をしてもらい処置をするほかなくなるのです。その間、思うように食事が食べられなくなる可能性も高いわけです。そうなる前に、飼い主さんとして最低限の配慮を怠らないようにしてください。何でもひと手間かけることで、未然に防げるものです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』