他の犬を嫌がる愛犬に、仲良くさせるためのしつけは必要なの?

お散歩やドッグランで、他の犬と愛犬が接する機会があります。愛犬が嫌がってしまうことはありませんか?犬同士仲良くできる方法はあるのでしょうか? 2018年11月02日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:230
TOPIC 01

犬同士と出会った時の行動は、犬によって違います

出典元:https://www.shutterstock.com/

他の犬と出会った時、犬の取る行動は犬によって違います。仲良くしようとする犬もいれば、チラッと見るだけで済ませる犬もいます。他の犬を嫌がったり怖がってしまうような犬の場合、頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか?そんな時、何か効果的な対処法はあるのでしょうか。

TOPIC 02

愛犬が他の犬を嫌がる理由は何でしょう

単頭飼いの室内犬の場合、接する相手はほとんど人間です。犬に慣れていないことが他の犬を嫌がる理由だと考えられます。また、最近ではほとんど家族同然に扱っている飼い主さんもいて、愛犬たちも自分を犬とは思っていない犬もいます。そんな犬にとって、他の犬は自分とは違う存在のように思っているのも原因の一つです。

TOPIC 03

フレンドリーな犬が羨ましい!
その気持ち犬にも伝わります

出典元:https://www.shutterstock.com/

他の犬と会った時人懐こくフレンドリーに振る舞う犬もいます。尾をちぎれるように振って友好を示したり、遊びに誘ったり。それに比べて愛犬は全くの無反応だったり、しり込みするような態度を取ってしまったらあなたはどう思いますか?人懐こい犬に比べて、情けないとか残念に思ったりはしていませんか?そんな気持ちも犬には影響します。

TOPIC 04

ドッグランを喜ばない犬もいます

愛犬を思いきり走り回らせてあげたい。そんな思いでドッグランに連れてきたのに、喜ばない上に飼い主さんの側から離れない。がっかりする気持ちもありますよね。でも、ドッグランという場所は、知らない犬の臭いが沢山残っている場所ですので繊細な性格の犬にとっては居心地の良くない場所であることが多いのです。

TOPIC 05

信頼関係が大切です

気弱な犬だけではなく、飼い主逆にと一緒にいるといつも以上に強気になる犬がいます。それは自分が属する群れのリーダーである飼い主に、絶対の信頼を持っているからです。どんなことがあっても飼い主が絶対に自分を守ってくれる、という自信の表れということになります。飼い主との信頼関係がしっかりできているからこそ、犬も他の犬や飼い主に対して自信あふれる行動をとる傾向が見られます。

TOPIC 06

犬にも個性があるので無理強いは止めましょう

出典元:https://www.shutterstock.com/

愛犬の犬嫌いの原因を考えてきましたが、思い当たる原因がない場合は犬の個性だと思うようにしましょう。人間にも人見知りの人がいるように、犬にも他の犬が苦手でもおかしくありません。愛犬の性格を理解し、他の犬と比べたり他の犬と仲良くさせるのを無理強いしないいようにしましょう。

他の犬に出来て自分の愛犬が出来ないとガッカリする必要はありません。それは愛犬にも飼い主にとってもマイナスでしかありません。犬にも得手不得手、個性があることを理解し無理強いはしないようにしましょう。他の犬と仲良く出来なくても、飼い主がいれば愛犬は十分に幸せを感じています。

オススメ

新着記事