即実践!猫用トイレの掃除方法とおすすめのアイテム3選

猫はきれい好きな動物で、汚いとトイレをしてくれなくなることもしばしばです。すぐに実践できるトイレ掃除の方法と、おすすめアイテムを紹介します。 2018年10月31日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫用品猫のカテゴリ - 猫用品

猫は人間が想像しているよりももっときれい好きです。これはトイレにおいても当てはまります。トイレが汚いと猫はそこで排泄をしてくれなくなることもあるのです。猫が気持ちよく快適に生活できるように、ここでは猫のトイレの掃除方法とおすすめのアイテムを3つご紹介します。

猫が気持ちよく快適に生活するために

01

猫用トイレの掃除方法

出典元:https://www.shutterstock.com/

毎日猫砂を取り換えても、システムトイレを使っても猫用トイレは猫のおしっこやうんちで徐々に汚れていくものです。雑菌が繁殖すると猫は膀胱炎になってしまうこともあります。そのため、月に1回は猫用トイレを丸洗いして、猫砂を全て交換するようにすると清潔に保てると言われています。

丸洗い方法は下記になります。
1.まずお湯でだいたいの汚れを落とした後、中性洗剤で軽く洗います。この中性洗剤はお風呂の浴槽を洗う時に使うもので十分です。

2.その後洗剤を洗い流して風通しの良い場所で乾かします。猫は臭いに敏感ですので、洗い流す際は臭いが残らないように気をつけます。

3.乾いたら猫砂を入れて完了です。その際、自分の臭いが少し残っている方が猫は安心しますので、前に使っていた砂を少しだけ混ぜて上げるようにしてください。

 

おすすめのアイテム①除菌シート

丸洗いしたときにもちろん便利ですが、毎日の小まめな掃除のときにも大活躍するアイテムです。普段はうんちをした後に除菌シートでふき取ると後の掃除も気持ち良くすることができます。丸洗いをする際には、中性洗剤で洗う前に除菌シートを使って主な汚れをふき取ると後の掃除がとても楽になります。

おすすめのアイテム②小さいポリ袋

出典元:https://www.shutterstock.com/

猫用トイレの近くに常備しておくとても便利なアイテムのひとつです。近頃は赤ちゃんのおむつ用のゴミ袋があるように、犬や猫のウンチ用のゴミ袋もあります。普通のポリ袋に入れておくと最初は気になりませんが、だんだん臭いが漏れて気になる人がいるようです。それに対して犬や猫のウンチ用のゴミ袋は外に臭いがもれない仕様になっています。

また、普通の家庭用ゴミ袋だと猫が爪でかいたときに破れてしまって中身が出てしまい、掃除がさらに大変になってしまいます。一方でトイレ用の袋は厚手で破れにくい設計になっています。猫のトイレにそのまま敷いて、猫砂を入れて利用することもできます。袋をまとめればそのままゴミに出すことができる大きなものもありますので、とても便利です。

おすすめのアイテム③消臭スプレー

人間のトイレ用の消臭スプレーがあるように猫のトイレ用の消臭スプレーもあります。毎日のおしっこやうんちの後の簡単な掃除の時にもちろん使えます。丸洗いしたときには、最期に猫砂を入れる前に完全に乾いたことを確認してスプレーしていただくことも可能です。

ただ、全ての臭いを完璧に消すことはできませんので、日ごろの小まめなお掃除がとても重要になってきます。そして、猫砂の種類や猫の性格によってはトイレの周辺も知らないうちに汚れていることもあります。そんなときにも除菌シートは大活躍します。

きれい好きの猫が快適に過ごせるようにトイレも清潔に保ちたいものですね。なお、トイレケースをまるごと洗っているときにはその間に猫がおしっこやうんちができるように、別のトイレを準備してやることも大切です。
トイレの掃除が簡単に済むように脱臭や抗菌作用のあるマットを敷いたり、重装を巻いてから猫砂を置いたりするなどの工夫も効果的なようです。猫のトイレの形や大きさは種類が豊富ですので、愛猫のサイズや置き場所などもよく検討してみてください。飼い主と猫が快適に生活できるトイレ作りをしたいものですね。

オススメ

新着記事