独特な表情が愛されキャラ!ミニチュアブルテリアとは?

ミニチュアブルテリアは体長と体高がほぼ同じで、がっしりした骨格にふさわしい筋肉がついています。ミニチュアと名がついていますが、サイズとしては中型犬です。独特の表情と柔らかな雰囲気が魅力の犬種です。今回はそんなミニチュアブルテリアについての情報を集めました。 2018年07月30日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類

1. ミニチュアブルテリアの基本情報

出典元:https://www.shutterstock.com/

ミニチュアブルテリアは筋肉質体格にがっちりとした筋肉が自慢の犬種です。健康的で立ち耳に垂れた尾という独特のスタイルで飼い主を和ませる不思議な魅力を持ち合わせています。頭部にはストップがないおで、長円形の顔立ちも他の犬種にはないユーモラスさを感じさせます。JKCの犬種標準に照らしますと中型犬サイズです。体高は35.5cm程度で体重は概ね12kg程度が普通です。

2. ミニチュアブルテリアの特徴や性格について

出典元:https://www.shutterstock.com/

ミニチュアブルテリアは基本的には落ち着いた性格をしています。特別に攻撃的な性格をしていないのですが、頑固さは持ち合わせます。妙な部分で持ち前の頑固さを表目に出しますが、そのひょうきんで柔和な顔立ちから飼い主はついつい許したくなるような気持になると言います。

家族に対しては忠実で情愛も深く持ちます。小さな子供に対しても優しく接することができてとてもフレンドリーな性格は家族中で愛されます。ミニチュアブルテリアのカラーははホワイトとカラードに分けられます。カラードというのは有色という意味で頭部に斑点がある個体やブリンドルと言って複数の色が混ざるカラーのミニチュアブルテリアが好まれる傾向もあります。

性格面では気を付けるべき点があります。これは独立心が強ことから飼い主の言うことを聞き入れずに勝手な行動を取る一面があることでも知られています。しつけをきちんと行わないと、他の人に迷惑をかけることにもなりかねません。その部分は注意をしておきましょう。

3. ミニチュアブルテリアの歴史について

出典元:https://www.shutterstock.com/

ミニチュアブルテリアの祖先犬は、スタッフォードシャー・ブル・テリア、オールド・イングリッシュ・ブルドッグそしてスパニエルの交配で生まれたと言われています。実際にはブルドッグとテリアを交配して生まれた犬をブル&テリアと呼んでいたのでは?という起源が一番正しいとされています。当時生まれた子犬のサイズにはかなりの、ばらつきがありました。

そこで愛玩犬化を図るために1860年頃からは、ホワイト・イングリッシュ・テリアとダルメシアンを交配させて純白の品種を生み出すことに成功しました。1863年にはミニチュアサイズのブルテリアが初めてドッグショーに出展され、1873年にはミニチュアブルテリアが優勝を果たしました。この時期から人気が高まり1939年に正式に英国ケネル・クラブによってミニチュアブルテリアはブルテリアと別の犬種として登録され現代にいたるという歴史の歩みがあるのです。

4. ミニチュアブルテリア・気を付けるべき病気について

ミニチュアブルテリアは眼の遺伝病があります。何らかの原因で通常は水晶体が動かないように固定している毛様体小帯が伸びてしまうため水晶体脱臼という病気にかかってしまいます。眼の異変には早く気が付いてあげたいので、普段のアイコンタクトの所作から少しでも変化を感じられた場合には早めに受診をしてください。

またブルテリア種には聴覚障害という遺伝性の病気があります。どちらかの耳が聞こえにくいという症状がありますので、こちらも普段の様子を観察して異変を察知した場合には、動物病院に相談をしてみてください。

5. ミニチュアブルテリア・食べ物の注意点

ミニチュアブルテリアには動物性たんぱく質豊富なドッグフードを選ぶことをおすすめめします。野菜やフルーツの含有量が多いものも健康維持に役立ちます。胃腸に負担をかけないグレインフリー(穀物不使用)のものも、特におすすめです。

オススメ

新着記事