小さいけど、たくましくて活発!スタンダードダックスについて

短足胴長の体系はほかのダックス種と何も変わりません。筋肉が程よく発達していてはつらつとしている雰囲気がスタンダードダックスの雰囲気そのものです。今回はそんなスタンダードダックスの情報を集めてみました。 2018年07月26日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類

1. スタンダードダックスの基本情報

出典元:https://www.shutterstock.com/

ドイツ原産のスタンダードダックスは立派な猟犬として産出されました。表情だけをみえいると穏やかで優しい雰囲気を感じます。それでも猟犬としての活躍を思わせる体格は、しっかりとした筋肉質です。狩猟犬というルーツがあるので、他人には良く吠えてしまう傾向もあります。神経質な部分も持ち合わせる反面、辛抱強くて用心深い部分のあるスタンダードダックスを理解して家庭犬として迎え入れることをおすすめします。

被毛のタイプはダブルコートで、被毛は比較的多いタイプです。日々のブラッシングもとても重要なお手入れです。

2. スタンダードダックスの特徴や性格について

出典元:https://www.shutterstock.com/

スタンダードダックス種はとにかくいつは明るく活発な雰囲気をもっています。いろんなことに好奇心が強くて何事にも物怖じしないにも強みで。勝気な性格の子が多くく負けず嫌いの面をあらわにするとときもあります。だれとでも仲良くなれるということでもなさそうです。

若い頃のスタンダードダックスの活発度は、とにかく激しいものです。スタンダードダックスは大変活動的で、少しもおとなしくできない!という雰囲気です。散歩は1日1時間程度の長さをいつも歩かせてあげると満足します。運動量についても、あらかじめ飼い主が理解と納得をしたうえ、散歩に連れ出してあげたいものです。ボール遊びなども器用にこなせる運動能力の高さも特徴です。

性格面では飼い主や家族に対してとても愛情深く接してくれます。もちろん、小さな子供い対しても優しく寄り添うような接し方をします。ただし、人や犬との相性を比較的瞬時に感じてしま見知らぬ人にはクールな態度を見せることもあるのです。猟犬の資質を持つことから子犬の時にきちんと社会性を育む必要もあります。そこを怠るとすぐに興奮しやすく手のつけようのないタイプの犬になってしまいます。

3. スタンダードダックスの歴史について

現在のダックスフンドの祖先ではないか?と言われたのがスムースタイプのピンシェルという犬種です。ピンシェルは15世紀頃のオーストリア地方からドイツの山岳地方に存在したと言い伝えられています。その後、ワイヤーヘアのテリアやスパニエルが交配されることでスタンダードダックスにはワイヤーやロングなど、毛質の違いが生まれてくるです。

出典元:https://www.shutterstock.com/

4. スタンダードダックス・気を付けるべき病気について

ダックス種には、体型的な問題から椎間板ヘルニアの好発犬種であることは避けられないことです。運動によって筋肉をつけることで、発病を抑え込めるのです。歩行困難になるようなそぶりを見せたときには、かなり進行していることも考えられますのえ、注意深く観察をすることが一番大切です。

また両親犬毛の色で子犬のカラーが位置受けられていますがの毛色がダップルで子犬がダップルの場合には、進行性網膜萎縮を起こすリスクが高めです。いずれにしても、少しでもおかしいと感じた場合には、獣医師にきちんと診察をしてもらいましょう。

5. スタンダードダックス・食べ物の注意点

出典元:https://www.shutterstock.com/

スタンダードダックスフンドに心配な椎間板ヘルニアなどは関節ケアの観点からドッグフードを選べば間違いないでしょう。適正体重越えると関節にも負荷がかかります。普段からグルコサミンやコンドロイチンが含まれているドッグフードを食べることで、関節の病気やヘルニアの発症率を減らすことができます。

良質な動物性たんぱく質が含まれているドッグフードが一番適切でしょう。十分な栄養素を効率よく摂取することがスタンダードダックスの健康維持には不可欠です。また被毛の健康を維持できるオメガ3脂肪酸が含まれている機能的なドッグフードを選ぶのも、スタンダードダックスの体を考えるとよい選択でしょう。

オススメ

新着記事