一緒に暮らしたい!定番の犬種を教えて!

飼い主さんが求める「飼いやすさ」とは「暮らしやすさ」に、つながっていると思います。犬と暮らすということは生涯にわたりその犬の面倒を見るということにつながります。だからこそ、その犬種をよく理解して、家庭環境を整えた状態で引き受けることが基本なのです。 2019年04月08日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類
  • VIEW:15,128

飼い主にとっての「飼いやすさ」とは?

出典元:https://www.shutterstock.com/

病気をしない元気な個体、が今一番飼い主さんが求めていることではないでしょうか?その上で、住宅事情や飼い主の生活スタイルに見合うタイプの犬種をきちんと見極めてお迎えをする必要があります。衝動で決めて、後から色々と悩みを抱えることは犬と飼い主さんの両方を不幸にするからです。

犬を選ぶときに重要視すること

飼いやすい犬という選択は、飼い主の暮らしと寄り添うという事です。お留守番が多い家庭でも、馴染める心身の強いタイプの犬や性格的にとびきり明るさを持ち合わせている犬などが、飼いやすい犬ということに当てはまるのだと思います。目先の年数ではなく長期的な目でみて、その犬種とのライフスタイルを見据えてみてください。そうすることで、本当の意味での飼いやすさがみえてくるはずです。

飼いやすい室内犬・トイプードル

出典元:https://www.shutterstock.com/

トイプードルは全体の犬種の中でも人気の高い犬です。その理由は他の人に対して常に友好的な態度で接する部分です。人懐っこい性格で神経質に吠え続けるようなことは少ないのです。飼い主としても、トイプードルの明るい気質と社交的な性格に助けられる場面が多々あるはずです。穏やかな性格というのは、犬としても人間社会に馴染んで暮らすためには必ず必要なことなのです。トイプードルの学習能力の高さも、飼いやすさにつながっているのです。

飼いやすい室内犬・シーズー

出典元:https://www.shutterstock.com/

シーズーは無駄吠えが少なく、穏やかな気性をしています。動きも比較的ゆったりとしていて、騒がしい印象はありません。全体的に大人しいタイプの子が多いのも、シーズーの特徴です。同じ小型犬でも運動量が少なめなタイプすので、室内でゆっくりと過ごすことに向いている犬種です。抜け毛も少ないところも、飼いやすさに繋がっているようです。

飼いやすい大型犬・ゴールデンレトリバー

出典元:https://www.shutterstock.com/

温厚で人と暮らすことに向いている大型犬です。ゴールデンレトリバーには、毎日の適切な運動と、お手入れそして栄養管理された食事が必要です。この当たり前のことさえ飼い主がきちんと考えて与えていると、ほとんど手のかからないお利口な犬種と言えます。人間社会で生活していくうえで必要なことは、トレーニングです。大型犬だからこそ、マナーを徹底することは飼い主が与えられた役割です。

飼いやすい中型犬・ビーグル

出典元:https://www.shutterstock.com/

穏やかで素直な性格は他の犬種に比べてとにかく一番優秀なのです。すぐに自分も家族の一員としての暮らしを身に付けます。他の人や犬に対しても攻撃性を見せることはないので、誰とでも仲良くできるという長所を持っています。遊び好きなので飼い主は時間を見つけて思いっきり体を動かした遊びができる場所に連れて行ってあげる必要があります。人と一緒に過ごすことが大好きなビーグルには、無駄吠えなどをさせないように幼いころから適切なしつけをおこなうことが大切です。それさえクリアできれば、本当に飼いやすいタイプの犬種です。

その家庭が決める「飼いやすさ」

その家庭によっては多少手のかかるタイプの犬種でも受け入れて仲良く家族同様に暮せている場合もあるのです。犬種で決めつけずおおよその参考にして、本当にお迎えしたい犬種、というよりも「その犬」と共存できる方法を探すことが一番の幸せではないでしょうか。

オススメ

新着記事