猫のひげにはどんな役割がある?切ったらダメな理由も解説

猫のチャームポイントでもある「ひげ」。
実は、猫のひげには大変重要な役割があることをご存知でしょうか?
この記事では、猫のひげの役割やひげを切ったらダメな理由について解説します。 2021年04月21日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:156

猫のひげの役割

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、猫のひげの役割について見ていきましょう。
私たち人間から見ると、ひげは不要なようにも感じますが、猫にひげが生えているのはしっかりとした理由があったのです。

猫のひげは刺激に敏感

猫のひげは単なる飾り毛ではなく、触毛という器官です。
この触毛はとても刺激に敏感で、わずかな風の動きなども感じ取ることができます。


実は、触毛の根本には神経が通っているのです。
そのため、猫はひげが生えていることにより、わずかな刺激にも敏感に反応することができます。ちなみに、猫がエアコンや窓を開けたときに目を細めるのは、ひげが風を感じ取って目に異物が入り込まないようにしているのだと考えられます。

猫はその日の天気もわかる?

「猫が顔を洗うと雨が降る」というのを聞いたことがある人は、多いのではないでしょうか?
実は、これは単なる言い伝えなどではありません。
ひげが雨の降る前のわずかな湿気の変化を感じ取ることで、ひげに違和感があり顔を舐めているのだといわれています。

猫のひげは狩りにも利用できる?

猫は、刺激に敏感なひげを利用して狩りをします。
獲物が動いたときのわずかな風の振動を感じ取ることで、獲物が逃げても追うことが可能です。
野良猫にとって飢えは大敵であるため、食料を確保するためにもひげはとても重要であることがわかります。

平衡感覚を維持する

平衡感覚とは、バランスを取ったり物との距離感を測ったりする際に必要です。
猫のひげは、平衡感覚を維持する役割もあります。
高い場所や細い道を通ることが多い猫にとって、平衡感覚はとても重要です。
狭い道であれば、ひげに触れることによって通ることができる狭さかどうかを判断しているのでしょう。

猫がひげをピンと伸ばしているときの気持ち

出典:https://www.shutterstock.com/

猫のひげには、感情表現をする役割もあります。
ここでは、猫がたまに見せるひげをピンと伸ばしているときの気持ちについて見てみましょう。

何かに興味津々

猫は何かに対して興味を持ったときに、ひげをピンと伸ばします。
窓から景色を眺めることが好きな猫は、飛んでいる鳥や虫を見つけたときにひげをピンと伸ばすでしょう。

遊んでいて楽しい

猫といっしょに猫じゃらしなどのおもちゃで遊んでいるときにも、ひげをピンと伸ばす姿を見ることができます。
おもちゃを咥えたときには、ひげを使っておもちゃがどれくらいの大きさかを測っていることもあります。

眠い・気持ちを切り替えたい

猫はあくびをするときに、ひげをピンと伸ばします。
あくびには、2つの意味があることをご存知でしょうか?
ひとつ目は、眠いなどの生理現象によるものです。
そしてふたつ目は、気持ちを切り替えたいときに出るあくびです。
ひげをピンと伸びるのはあくびによる顔の筋肉の動きによるものですが、あくびをする意味を知ることで猫の気持ちがわかることもあるでしょう。

緊張している

猫が下に向けてヒゲをピンと伸ばしているときは、緊張や威嚇の意味が考えられます。
はじめて会う猫や人と対峙したときや、引っ越しなどで生活環境が変わったときには、下へピンと伸ばしたひげを見ることがあるかもしれません。

猫のひげを切ったらダメな理由

出典:https://www.shutterstock.com/

犬であれば、トリミングの際に口まわりのひげを切ることもありますが、猫のひげを切ってはいけません。
なぜ、猫のひげを切ることはNGなのでしょうか?

さまざまな役割があるから

先述したとおり、猫のひげにはさまざまな役割があります。
そのため、猫のひげが邪魔そうに見えても絶対に切ってはいけません。
猫のひげを切るということは、猫が安心して生活をすることができなくなることに繋がります。
特に空間把握能力がなくなってしまうため、猫は何をするにも不安を感じながら行動するようになるでしょう。

猫のひげは定期的に生え変わる

ひげが長くて邪魔そうに見える猫でも、切らずに放置しましょう。
飼い主が猫のひげを切らずとも、定期的にひげは生え変わります。
猫を飼っている人であれば、一度は猫のひげが落ちていた経験があるのではないでしょうか?
猫のひげが折れてしまって見映えが悪くなったときにも、放っておけばいつの間にか生え変わっているでしょう。

年齢を重ねるほどにひげは短くなる

猫は、シニア猫になるにつれてひげが短くなるといわれています。
老化が原因ですので、特に心配する必要はないでしょう。

しかし、若い猫のひげが短くなるときには、注意が必要です。
猫は体調不良だとひげが抜けたり短くなったりすることもあるため、何らかの病気を疑わなければなりません。
病気は早期発見・早期治療が大切ですので、日頃から猫のひげもチェックすることをおすすめします。

猫のひげはとても重要な役割を担っている

出典:https://www.shutterstock.com/

猫のひげは、環境のわずかな変化や平衡感覚を維持するなど、猫が生活する上でとても重要な役割を担っています。


刺激に敏感な猫のひげは、空気の微妙な変化を知ることは、狩りをするときにも役立ちます。

また、雨が降るのかを事前に知ることもできます。身体が雨で濡れると体温の維持が難しくなり体調不良に繋がるため、雨が降るのを事前に知ることができることはとても重要です。

猫のひげは定期的に生え変わるため、猫のひげが邪魔そうに見えても切らずに放置することをおすすめします。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事