猫に歯磨きは必要?おすすめの歯ブラシをご紹介!

猫に歯磨きをするイメージはあまりありませんよね。しかし、猫にとって歯磨きは口の中の環境を清潔に保つためにも大事なものです。ここでは、猫の歯磨きの必要性やおすすめの歯ブラシについてご紹介します。 2021年03月29日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:976

猫に歯磨きは必要?メリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫は歯磨きをしてるイメージはありませんが、猫にとっても歯磨きは大事です。歯磨きは歯周病を防ぐためにも大事なものです。歯周病を防ぐだけでなくても、口腔内の病気を早く見つけるためにも大切です。ここでは、歯磨きの必要性やメリットについてご紹介します。

歯周病を防ぐためにも必要

歯周病とは、歯に歯垢や歯石がつき歯肉が炎症を起こし、歯肉が後退し、最悪の場合歯が抜けてしまう病気です。

歯垢は食べ物のカスと細菌が歯に付着し、時間が経つと歯石になります。歯に歯石がつくと、歯肉が炎症を起こし、徐々に歯肉が後退していきます。歯肉が後退すると、歯を支えることができなくなるため、歯がぐらつき、抜け落ちていきます。

歯垢は歯磨きをすることにより取り除くことができますが、歯石は歯磨きで取ることはできません。そのため、歯垢の状態できれいにしてしまうことが大事です。

口腔内疾患の早期発見にもつながる

口腔内の疾患として歯周病だけでなく、腫瘍などがあります。歯周病は放置してしまうと、全身性の疾患を引き起こすこともあります。腫瘍は良性であれば問題ないこともありますが、悪性の場合は命に関わります。
歯磨きを定期的に行い、これらの病気を早期に見つけることで、猫の健康的な生活をサポートすることができるようになります。

歯磨きの方法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

歯磨きには病気を予防することや、病気を早期に見つけることもできる、メリットの多い日常ケアです。しかし、飼い主からある日突然口の中を触られると猫は驚いてしまい、逃げ出してしまうこともあります。さらに、口の中に急に触ると驚き噛まれてしまうこともあるでしょう。
ここでは、猫の歯磨きの方法についてご紹介します。

口を触ることに慣れさせよう

歯磨きを始める時には、まず、口を触ることに慣れさせましょう。口は猫の急所でもあります。そのため、急に触ると嫌がる猫が多いです。無理に触るのではなく、徐々に猫の口に触れるようにしましょう。

歯ブラシに慣れさせよう

猫の口に触れるようになったら、次は歯磨きに慣れさせていきましょう。

歯ブラシを口に入れてみましょう。歯ブラシは猫用のものを使います。
最初は嫌がることも多いかもしれませんが、歯磨きペーストなどを利用するのも方法の1つです。猫専用の歯磨きペーストは味が付いているため、愛猫の好きなものを選ぶことにより、猫が歯磨きを嫌がらずにしてくれる場合もあります。

歯ブラシは、大きさもものによりさまざまです。初めて使う時には、ヘッドが小さいものを利用してみるといいかもしれませんね。

いざ、歯磨きをしよう

歯磨きは、歯の根本に対して45度の角度から小刻みに磨きましょう。力加減は優しく、力が強すぎると歯茎が傷ついてしまう可能性があります。とくに、奥歯は磨きにくい場所になりますので、しっかり磨くようにしましょう。
猫が嫌がる場合はその都度中止し、無理に行わないようにしていきます。1日に1度がベストですが、嫌がるようであれば2,3日に1度でも行いましょう。

おすすめの歯ブラシをご紹介

猫の歯ブラシはたくさんの種類があります。ヘッドの大きさや歯ブラシの素材の違いなどさまざまです。ここでは、おすすめの歯ブラシをご紹介します。

ビルバック C.E.T. デンタルブラシ ミニ 小型犬・猫用

ヘッドが小さく、柔らかい毛が特徴の歯ブラシです。猫だけでなく、小型犬にも使うことができます。はじめのうちは歯茎から出血が見られることがありますが、これは歯茎に溜まった悪い血が出ていることが多いです。慣れていくと歯茎が引き締まり、出血もなくなります。優しく歯磨きをしてあげましょう。


ビルバック C.E.T. デンタルブラシ ミニ 小型犬・猫用

犬猫用歯ブラシ C.E.T. デンタルブラシ ダブル

先が三角になっているので細かい場所まで歯磨きをすることができる歯ブラシです。2種類のサイズがついているので、愛猫の口のサイズに合わせて使うことができます。


犬猫用歯ブラシ C.E.T. デンタルブラシ ダブル

らくらく歯みがきシート

歯ブラシを嫌がる猫には歯みがきシートがおすすめです。汚れをスッキリと拭き取ることができ、歯をしっかりと磨くことができます。手に巻きつけることで奥歯までお手入れが可能です。さらに、口の大きさに合わせてシートのサイズを変えることもできるのでとても便利なシートです。


らくらく歯みがきシート

ペット用 指歯ブラシ シリコン製

シリコンで作られたペット用ブラシです。指にはめるタイプで、歯ブラシにどうしても慣れてくれない猫におすすめです。とても柔らかくソフトは歯ブラシなので、猫の口の中を傷つける心配もありません。ヘッドも小さくなっているので、しっかりと清潔に保つことができます。


ペット用 指歯ブラシ シリコン製

歯磨きはしっかりしよう!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫の歯磨きの必要性やおすすめの歯ブラシについてご紹介しました。猫にも口腔内の病気を予防するためにも歯磨きは大事です。しかし、急に歯磨きを行うと、嫌がる場合がほとんどです。歯磨きを行う時には、猫が慣れるように徐々に行いましょう。
歯磨きをすることにより、病気の早期発見につなげることもできます。毎日は厳しくても、歯磨きペーストなどを利用し、2,3日に1回はできるようにしていきましょう。

参考サイト

・本間アニマルメディカルサプライ (参照日:2021-03-11)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/wwpc/

・松波動物メディカル通信販売部 (参照日:2021-03-11)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/matsunami/

・ペットファミリー (参照日:2021-03-11)
https://item.rakuten.co.jp/familypet/34100001/

・torekagu (参照日:2021-03-11)
https://www.rakuten.co.jp/torekagu/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事