犬も虫歯になる?歯磨きの方法やおすすめのオーラルケア商品をご紹介

犬のオーラルケアをするのは、飼い主の役目です。歯磨きをしなかった場合、犬はどのような病気になってしまうのでしょうか?
この記事では、犬も虫歯になるのか、そして歯磨きの方法などについてもご説明します。 2021年03月05日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:459

犬も虫歯になるの?

出典:https://www.shutterstock.com

犬も人間と同じように虫歯になるのでしょうか?
また、犬の口内を健康に保つコツもご紹介します。

犬は虫歯になりにくい

結論からいうと、犬は虫歯になりにくいです。
理由は何点かありますが、犬の口内環境がアルカリ性であることが大きな理由の1つです。虫歯のできやすい口内環境は、人間のように弱酸性であることが多いです。

また、歯の形状も虫歯が少ない要因として挙げられます。犬の歯は肉を切り裂くために尖っているため、虫歯菌が歯に詰まりにくいのです。
ただし、絶対に虫歯にならないというわけではなく、実際に虫歯に悩まされる犬もいます。

犬は歯周病になりやすい?

犬は虫歯になりにくいですが、歯周病には注意が必要です。
なんと、3歳以上の犬の80%以上が歯周病を患っているといわれています。
歯周病は口内に歯垢が溜まることにより発症するため、しっかりと毎日のオーラルケアをしておけば、歯周病を防ぐことができます。

犬の口内を健康に保つには?

犬を虫歯や歯周病などから守るには、口内を健康に保つことが大切です。
毎日の歯磨きをすることで、口内の悩みを抱える心配は少なくなるはずです。

犬の歯磨きの方法

出典:https://www.shutterstock.com

犬は虫歯ができにくい動物ですが、毎日のオーラルケアは欠かさずに行わなければなりません。
そこで、歯磨きの方法についても覚えておきましょう。

歯ブラシを使わなくてもOK

歯磨きというと、歯ブラシを使わなければいけないと考える人もいるでしょう。
しかし、歯ブラシを必ず使う必要はありません。
もちろん歯ブラシを使ってできれば良いですが、犬によっては口に異物が入ることを嫌がることもあるでしょう。
もしも歯ブラシを嫌がるのであれば、きれいな軍手やタオルなどでも代用することができます。
また、犬用の歯磨きシートも販売されているため、そちらを使用するのもおすすめです。

まずは犬の口内を触る練習をする

いきなり歯磨きをしようとしても、嫌がるはずです。そのため、まずは口内を触る練習をしましょう。口内を触っても嫌がらないようになってから、歯磨きを始めます。
タオルや軍手で歯を触り、嫌がらないようであれば褒めてあげましょう。歯を1本ずつ触っていき、嫌がる前にやめます。
そして次の日に再度歯を触っていき、また犬が嫌がる前にやめましょう。徐々に触る歯の本数を増やしていって、歯を触られることに慣れてもらうことが大切です。歯を触っている間は褒めてあげましょう。

実際に磨いてみる

犬が歯を触られることを嫌がらなくなったら、実際に歯磨きをしてみましょう。
歯ブラシや軍手などで歯を1本ずつ磨いていきます。ここでも、嫌がる前にやめると良いでしょう。
歯を磨く際には、強くこすらずに優しく撫でるように磨いてください。これを繰り返し行うことで、犬は歯磨きをされることに抵抗がなくなっていくはずです。

歯磨きは毎日行う

犬の歯磨きは、毎日行う必要があります。
私たち人間もそうですが、特に寝る前が大切です。
そのため、夜になれば犬の歯磨きをする習慣をつけるようにしましょう。

犬のオーラルケアにおすすめの商品4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、犬のオーラルケアにおすすめの商品をご紹介します。
歯周病や虫歯から守るためにも、これらの商品を使ってみてはいかがでしょうか?

犬のオーラルケアにおすすめの商品(1)プロバイオミスト

大豆たんぱく質を利用して発酵させた280種類もの善玉菌を含有した水と、アルカリ性イオン水のプロバイオミストのスプレーです。
天然原料だけでできているため、安心して使用することができるでしょう。
プロバイオミストに含まれる善玉菌を犬の口内に流し込むことで、口内を正常に保つことが期待できます。歯磨きをする前に口内にワンプッシュしても良いですし、飲み水に少し含ませても良いでしょう。


プロバイオミスト

犬のオーラルケアにおすすめの商品(2)犬用歯ブラシおもちゃ

犬によっては、どうしても歯磨きを嫌がることもあるでしょう。
そんなときには、このおもちゃを与えてみるのもおすすめです。遊びながら噛むことで、歯磨き効果が期待できるおもちゃです。


犬用歯ブラシおもちゃ

犬のオーラルケアにおすすめの商品(3)PETKISS 歯磨きシート

歯ブラシが苦手な犬には、歯磨きシートを試してみましょう。指に巻いて歯を拭くだけですので、とても簡単に歯磨きをすることができます。
汚れを絡めとるストライプ構造シートです。


PETKISS 歯磨きシート

犬のオーラルケアにおすすめの商品(4)グリニーズプラス

楽しみながら歯磨きをすることができるおやつです。
主原料は100%自然素材でできており、しっかりと噛める弾力性と形状が特徴のガムです。なんと、おやつでありながら主食と同様の栄養バランスを満たしており、総合栄養食の基準もクリアしています。


グリニーズプラス

なるべく早いうちから犬の歯磨きを始めましょう

出典:https://www.shutterstock.com

犬を虫歯や歯周病から守るためには、なるべく早いうちから歯磨きを始めることが大切です。
子犬のころから口内を触られることに慣れさせておくことで、嫌がらずに歯磨きをさせてくれるようになるでしょう。歯周病は最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうこともあります。
愛犬を守るために、毎日の歯磨きは欠かさずに行いましょう。

参考サイト

John & Coco(参照日:2021-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/mpcpets/112790/

OUTLET FUNRNITURE(参照日:2021-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/outlet-f/03764/

charm(参照日:2021-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/177329/

Pets Village(参照日:2021-02-02)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/10008719/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事