猫にペットフェンスは必要?メリットやおすすめを紹介

ペットフェンスはペットの行動を制限するために必要なグッズです。ここでは、猫に使いたいペットフェンスについてご紹介します。 2021年03月03日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:2,751

ペットフェンスのメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

ペットフェンスは、ペットを危険から守るために使うアイテムです。ペットを飼う上で、必ず必要というわけではありませんが、ここでは使用するメリットをご紹介します。

思わぬ事故を防ぐ

ペットフェンスは、思わぬ事故を防ぐことができます。例えば、キッチンを出入りすることを防ぐことで調理中の火傷や怪我、人の食べ物を誤って食べてしまうなどのトラブルを防ぐことができます。他にも玄関前に設置することで、ペットが家の外に飛び出してしまうというトラブルも防げます。

「転落防止」、「出入り禁止」、「脱走防止」など様々な目的に使われています。

ストレスを軽減することができる

ペットフェンスは、ペットと飼い主さんのストレスを軽減することに役立ちます。ペットが入ってはいけない場所に侵入してしまうと、そのたびに飼い主さんはペットに注意をしなければいけなくなり、ペットは怒られたことによりストレスが溜まります。

さらに、ペットフェンスをペットを迎え入れる前から設置することにより、ペットがこの場所は入らない、と認識してくれる場合もあります。

ペットフェンスを付けることにより双方のストレスを減らすことができます。

行き来を楽にする

ペットフェンスを付けることにより、設置場所以外は全て自由に行き来することができます。自由に部屋を行き来できるようになると、水を飲みたい、トイレに行きたいなどのペットの欲求もすぐに満たすことができるので、飼い主さんも安心です。

猫のためのペットフェンスの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ペットフェンスにはいくつか種類があります。ペットフェンスは犬用、猫用などで大きさや高さも異なります。ここでは、猫のためのペットフェンスを選ぶ時のポイントについてご紹介します。

猫の性格に合わせて選ぶ

ペットフェンスを選ぶ時には、猫の性格に合わせて選びましょう。猫が好奇心旺盛で外に出てしまうような場合は、玄関に玄関用のペットフェンスを、キッチンに忍び込んでしまうような場合は、キッチン専用のペットフェンスを選んでいきましょう。

猫の性格によっては低いフェンスでも問題ない場合もありますので、高い場所でもぴょんぴょん跳んでしまう猫には高いフェンスを、シニア猫やあまり運動を好まない猫には低いフェンスを選んでもいいかもしれませんね。

設置場所・取り付け方で選ぶ

ペットフェンスは設置場所に合わせて選びましょう。一般的には、玄関、キッチン、ベランダに付ける方が多いようです。
フェンスを選ぶ時には、フェンスの幅や高さ、取り付け方法なども確認してから選ぶことがおすすめです。
玄関用と言っても形状や幅や高さなどは商品により異なるので、しっかり必要な場所の幅や高さを測定してから購入しましょう。

野良猫の侵入を防ぐためのものもある

ペットフェンスは、野良猫が自宅の敷地内に侵入することを防ぐためのものもあります。対象は野良猫だけではなく、その他の野生生物の侵入を防ぐ役割もあります。

ペットフェンスをご紹介

ペットフェンスにはたくさんの種類があります。たくさんのペットフェンスの中からアイテムを選ぶのは大変ですよね。ここでは、おすすめのペットフェンスをご紹介します。

のぼれんにゃん バリアフリー 2

愛猫の脱走防止に最適な登りにくいタテ型フェンスです。取り付け高さ181~245cm、取り付け幅79~84.5cmになっており、別パネルを追加することで拡張も可能です。ベランダや玄関前に取り付けることができます。足元がスッキリしているタイプなので、通り抜ける時にじゃまになりません。2段ロックになっているので、頭がいい猫にもおすすめです。


のぼれんにゃん バリアフリー 2

ペットゲート ハイタイプ 突っ張り

キッチンや階段の登り口や他の部屋との仕切り、お子様の部屋などに取り付けることができるペットフェンスです。オートクローズ式なのでいちいち閉める手間がありません。さらに、自動開放機能もあるので、時と場合に応じて使い分けることもできます。このフェンスには、簡単に開けることができないように上下2ヶ所にロックを掛けることができ、安心です。ロックは片手でスムーズに開けられるので便利です。


ペットゲート ハイタイプ 突っ張り

ねこ専用脱走防止扉 にゃんがーど

お出かけから帰ってきた時に愛猫がするりと脱走することを防ぐことができるペットフェンスです。窓、キッチンの他にも、部屋の仕切りとして利用することができます。猫同士の喧嘩を防ぐこともできます。賃貸でも壁や天井を傷つけることなく設置することができるので安心です。


ねこ専用脱走防止扉 にゃんがーど

シンプルメッシュフェンス3

外構インテリアとして利用することができるフェンスです。室内のペットやお子様が外に飛び出すのを防ぐことに役立ちます。他にも防犯や境界フェンスとしても使えます。


シンプルメッシュフェンス3

ペットフェンスは便利に使おう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫に使いたいペットフェンスについてご紹介しました。猫は他のペットに比べて身軽で高いところにもぴょんと登ってしまうので、猫用のものや高さがあるものを選ぶ必要があります。
猫の中には、好奇心旺盛で外に飛び出してしまうような子や運動が苦手な子など様々な猫がいます。猫の性格にあったペットフェンスを選んで、より快適な生活を送りましょう。

参考サイト

・Pet Select by Nihonikuji (参照日:2021-02-19)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/petselect/

・キャットランド (参照日:2021-02-19)
https://www.rakuten.co.jp/cat-land/

・ねこ工房 楽天市場店 (参照日:2021-02-19)
https://www.rakuten.co.jp/nekokobo/

・エクステリア関東.外構&DIY専門店 (参照日:2021-02-19)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kantoh/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事