猫がコードを噛む理由とは?対策法やグッズをご紹介

猫が家電製品のコードや充電器のコードに絡みついてしまうことはありませんか。コードをおもちゃのように遊んでいる姿は可愛らしいですが、そのままにしてしまうと大変なことになる可能性があります。ここでは、猫がコードを噛む理由についてご紹介します。 2021年03月05日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:2,211

猫がコードを噛む理由とは?

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

遊び感覚

猫がコードに噛む理由は、猫にとって遊び感覚であることも原因の1つとしてあります。コードが揺れる動きや、噛み付いたことで飼い主さんが噛み付くことを制止させる行為そのものが、猫にとっては遊んでくれている、又はおもちゃだと認識することがあります。これは、コードの動きが猫の狩猟本能をくすぐってしまい、猫が噛みついてしまうためです。

ストレスが溜まっている

猫にストレスが溜まっている可能性があります。ほとんどの猫は完全室内飼育のため、家の中に猫が遊ぶおもちゃがない場合や遊ぶ時間が少ないと、運動不足になりストレスが溜まってしまいます。猫のストレスが溜まる原因は運動不足以外にも、睡眠不足、生活環境の変化、などもあります。

噛み癖がついているため

噛み癖がついていることも原因の1つにあります。噛み癖は子猫の頃からの癖であることも多いです。子猫の頃は遊んでほしい時や兄弟と遊んでいる時に体に噛みつきます。家に迎え入れてからも飼い主さんの手や体を噛みつくことを許してしまうことで、噛む癖がついてしまいます。
噛み癖がついてしまうと、コードだけでなく、家具や家電にも噛みつきます。さらに、飼い主さんの反応によっては、その行為が助長されてしまうこともあります。

猫がコードを噛む時の対策法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫がコードを噛む理由は色々ありますが、放置してしまうと大変危険です。猫がコードをかじることで感電してしまうことや、断線して家電機器が使えなくなること、ショートしてしまうと火事を引き起こしてしまう可能性もあります。そのため、猫がコードを噛まないようにしっかり対策を取りましょう。
ここでは、猫がコードを噛んでしまう時の対策法についてご紹介します。

コードにカバーをする

猫がコードを噛めないよう、コードにカバーをすることがおすすめです。猫を飼っている家庭で、家電製品のコードがむき出しの状態は大変危険です。噛むだけでなく、引っ掻いてコードを傷つけてしまうこともあります。猫が行き来する部屋にはしっかりコードにはカバーしましょう。
もしくは部屋の壁にコードを這わせるように固定をして、猫がコードにじゃれることを防ぐ方法もあります。コードの本数が多く、カバーをつけることや隠すことが難しい場合は、ワイヤーネットなどを利用し、猫がいたずらできないよう工夫しましょう。

コードがある場所に猫が入れないようにする

コードがある場所、猫がいたずらしてはいけない場所には、猫を入れないようにしましょう。部屋のドアを閉めることだけでなく、ゲートやフェンスをつけたり、飼い主さんが外出する時にはペットケージでお留守番させるなどの対策を取りましょう。

猫の苦手なニオイをかける

どうしても猫が噛み付いてしまう場所には、猫の苦手なニオイをかけましょう。猫の噛み癖を防ぐためのスプレーやクリームなどがたくさん販売されています。
猫に噛まれたくない場所に吹きかけたり塗りつけたりすることで、噛まれることを防ぎます。スプレーには猫が苦手なニオイが配合しているため、近づくことを嫌がるようになります。

噛み癖防止のスプレーやクリームは、物に噛みつくことを防ぐ以外にも、トイレのしつけにも利用することができます。1本持っていると便利です。

コードを噛まないようにするためのアイテムをご紹介!

コードを噛んでしまう行動は出来るだけ早くやめさせた方がいいでしょう。それを防ぐためのグッズはたくさん販売されています。ここでは、コードを噛じらないようにするためのアイテムをご紹介します。

ドギーマン いたずらガードマン 配線カバー

コードに巻くことで、コード自体に噛みつくことを防ぐためのアイテムです。電子レンジなどの太めのコードにも対応しており、スリットが入っているため使いやすい設計となっています。猫だけでなく、犬を飼育している時にも使用することができます。このカバーには苦い味がついているため、噛むことで嫌がるようになるでしょう


ドギーマン いたずらガードマン 配線カバー

ケーブルボックス

コードやケーブル、電源タップなどをまとめて収納することができるボックスです。上部には透明フラップがあり、開けることで収納している電源タップのスイッチ切り替えなども簡単に行えます。通気口や滑り止めがあるので熱が内部にこもる心配もありません。


ケーブルボックス

プラッツ ビターアップル

りんごから抽出した天然の苦味成分で愛猫の噛み癖を直すことが期待できるスプレーです。猫だけでなく、犬、小動物、鳥など、幅広いペットに使用することができます。天然成分なので安心して愛猫に使用することができます。


プラッツ ビターアップル

のぼれんニャン バリアフリー

猫の脱走防止のためのフェンスです。市販されている犬用のフェンスの高さ程度では、猫は軽々とジャンプで飛び越えてしまう可能性が高いです。この商品は床から天井近くまで高さがあるため、たとえ猫でも飛び越えることはできないでしょう。
猫のいたずらを防ぐことだけではなく、ベランダや玄関からの脱走を防ぐことにも利用することができます。


のぼれんニャン バリアフリー

猫がコードを噛まないように対策しよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫がコードを噛む理由や対策法・グッズをご紹介しました。猫がコードにじゃれている姿は可愛らしく、ついついそのまま遊んでしまうこともあるかもしれません。しかし、その行為は大変危険です。
飼い主さんが気付く前にコードを断線させてしまい、猫が感電してしまう可能性があります。最悪のケースに至る前に、コードを噛じらないようにしっかり対策しましょう。

参考サイト

・charm 楽天市場店 (参照日:2021-02-17)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/

・リビングート 楽天市場店 (参照日:2021-02-17)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/livingut/

・Pet Select by Nihonikuji(参照日:2021-02-17)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/petselect/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事