猫の睡眠時間はどれくらい?猫用のベッドやクッションをご紹介

猫は寝ている姿をよく見かけますが、実際の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?
ここでは、猫の睡眠時間や、猫用のベッドやクッションについてご紹介します。 2021年02月04日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:6,008

猫はどれくらい睡眠を取るの?

出典:https://www.shutterstock.com

猫は夜行性で、飼い主さんが寝ている時間帯に室内を走り回り、運動会をしているかのような物音建てることもあります。そのため、昼間はよく見かけている姿を見かけます。では、猫はどのくらいの睡眠時間を取っているのでしょうか。
ここでは、猫の睡眠時間についてご紹介します。

睡眠時間は12~16時間程度

猫は12~16時間程度の睡眠を取ります。犬が12~14時間程度なので、犬より少し長い位の時間です。時間で見ると、犬とあまり変わりません。

猫の睡眠では、熟睡している時間は少ないです。睡眠時間のうち12時間程度は眠りの浅いレム睡眠で、物音や飼い主さんの動きなどですぐに目が覚めてしまいます。レム睡眠時は尻尾をパタパタすることや足を動かしている状態です。

猫がたくさん眠るのは、野生の頃の習慣が関係しています。猫は肉食動物で狩りをすることで生活していました。狩りをする時にはかなりの体力を消耗するため、睡眠を取ることで体力を温存しています。その習性が今でも残っているため、たくさんの睡眠を取ります。

子猫の睡眠時間は20時間程度

子猫の時期は成猫異様の睡眠時間を必要とします。猫によっては20時間程度の睡眠を取ることもあります。ごはんを食べて、睡眠を取り、少し遊ぶを繰り返して過ごしていきます。
子猫にとっては体力を温存するだけでなく、成長するためにも大事な時間です。子猫を飼育し始めた時に、遊びたいから起こしたくなることもあるでしょう。しかし、子猫の大事な成長の時間を見守ってあげましょう。

猫の睡眠に必要な環境とは?

出典:https://www.shutterstock.com

人にとって睡眠が大事なように、猫にとっても大事な時間です。猫の睡眠時間は日中なので、飼い主さんが家にいる場合は猫のためにどのように過ごすことがいいので気になりますよね。ここでは、猫の睡眠に必要な環境についてご紹介します。

睡眠中はリラックスできる環境作りを

猫の睡眠に必要なのは、リラックスできる環境が大事です。猫が睡眠するためのベッドやクッションを用意してあげるだけではなく、猫がリラックスして休むことができる場所を作ってあげましょう。さらに、室温も快適に過ごせるような設定にし、程よく温かい環境を作ります。

猫が休んでいる時には、テレビや音楽の音量をさげるなど、静かに過ごしてあげましょう。

活動時間帯はしっかり運動しよう

猫の睡眠のためには、活動時間帯にはしっかり運動できるような環境を整えてあげましょう。キャットタワーでの上下運動や、おもちゃで遊ぶなどしてしっかり運動させます。猫は睡眠時間が長い分、活動時間帯に運動しないと、肥満になる可能性もあります。猫の健康を保つために一緒に遊んであげることや、キャットタワーなどを用意し、自分で動き回れるような環境を作ることをおすすめします。

おすすめの猫用のベッドやクッション

猫は色んな場所で眠りますが、柔らかく過ごしやすいベッドやクッションを用意することで、リラックスできる場所を作ってあげることができます。ここでは、おすすめの猫用のベッドやクッションをご紹介します。

ネコセカイ キャットハンモック

猫のお昼寝のために開発されたハンモックです。クッションは別売りになりますが種類が豊富なので、家のインテリアに合わせることができます。コットン製のマットとクッションの2重構造でふわふわで快適な寝心地を演出します。組み立てが必要になりますが、とても簡単なので、到着後すぐに使用することができます。


ネコセカイ キャットハンモック

ペットベッド カドラー

シープ調の肌触りが気持ち良い本格ペットソファです。PVCレザータイプと、コットンタイプの2種類から選ぶことができるので、季節やインテリアに合わせて選ぶことができます。中のクッションは、リバーシブルなので気温や季節によって変えることもでき、オールシーズン使用することが可能です。


ペットベッド カドラー

ANSCHLUSSオリジナル 猫ベッド

ふわふわの猫ベッドですが、カゴタイプからマットタイプに変えることができる2wayタイプです。さらに、リバーシブルもできるので、季節や気温に合わせて使い分けることができます。洗濯機を使用することができるので、清潔を保つことができます。
柔らかく、極上のくつろぎ空間を演出することができます。


ANSCHLUSSオリジナル 猫ベッド

ペットベッド 寝袋

中に入って寝袋として使用するだけでなく、クッションとしてリラックスすることもできます。猫だけでなく小型犬も使用することができるサイズです。フランネル素材で温かく寒い時期にも最適です。柔らかな肌触りで寝心地も抜群。ケージやキャリーの中にも使用することができます。


ペットベッド 寝袋

猫にもよりよい睡眠を!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫の睡眠時間や、おすすめの猫用のベッドやクッションについてご紹介しました。猫の睡眠時間は1日の半分以上ですが、そのうち12時間程度はうたた寝をしている状態です。猫にとって睡眠時間は体力を温存するために必要な時間で、ベッドやクッションを利用することで、よりよい睡眠を得ることができるようになります。

ベッドやクッションはたくさんの商品があるので、キャットタワーや他のグッズに馴染むようなデザインのものもあるでしょう。素敵な猫用のベッドやクッションが見つかるといいですね。

参考サイト

・necosekai 楽天市場店 (参照日:2021-01-20)
https://www.rakuten.co.jp/necosekai/

・ANSCHLUSS 楽天市場店 (参照日:2021-01-20)
https://www.rakuten.co.jp/anschluss/

・マックスシェアー maxshare (参照日:2021-01-20)
https://www.rakuten.co.jp/maxshare/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事