猫が一人遊びをする理由って?おすすめのおもちゃもご紹介

いつもは寝ていることの多い猫ですが、ふと目を覚ますと一人遊びをしていることがあります。
なぜ、猫は一人遊びをするのでしょうか?
この記事では、猫が一人遊びをする理由や、一人遊びにおすすめのおもちゃなどについてご紹介します。 2021年01月18日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,218

猫が一人遊びをする理由

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、猫が一人遊びをする理由について見ていきましょう。
一人遊びをする理由がわかれば、一人遊び用のおもちゃも用意してあげたくなるはずです。

狩猟本能を満たしている

猫はもともと、狩りをして生活をしていました。
そのため、ペットとして飼われている現在においても狩猟本能を少なからず持っています。
狩猟本能を満たすために、一人遊びをしているのかもしれません。
おもちゃであっても、「獲物を狙う」「獲物を捕まえる」という一連の動作をすることができるため、少なからず狩猟本能は満たされるはずです。

狩りの練習をしている

先述したような狩猟本能を満たすためには、日頃から狩りの練習を怠るわけにはいきません。
そのため、猫はおもちゃを使用して狩りの練習をしている可能性が考えられます。
一見は一人遊びをしているように見えますが、おもちゃを獲物と仮定して、狩りの練習をしているのかもしれません。

一人遊びは子猫に多い

一人遊びをするのは、子猫に多いといわれています。
たしかに子猫の頃は、さまざまなものでじゃれたり追いかけたりして遊んでいるように感じるでしょう。
成猫になると、実際に狩りをするときに疲れが残らないように、日頃は体力を温存しています。
しかし、成猫であっても飼い主といっしょに遊んだり虫を追いかけたりして遊ぶことはあります。
ちなみに、野良猫であれば無駄な体力を使う必要がないため、一人遊びをすることはほとんどないでしょう。

猫に一人遊びをさせる際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

猫が一人遊びをするのを見ているのはとても可愛いものですが、注意しなければいけない点もあります。
次に、猫に一人遊びをさせる際の注意点について見てみましょう。

かならず飼い主がいるときに遊ばせる

一人遊び用のおもちゃは、猫を留守番させるときに使用すると考えがちです。
たしかに留守番をさせるときに暇にならないようにおもちゃを与えるのは良いかもしれませんが、万が一の事故に対処することができなくなります。
例えば紐が付いたおもちゃが首に引っかかり窒息することもあるでしょうし、電動のおもちゃで感電してしまう可能性もゼロではありません。
そのため、猫に一人遊びをさせるときであっても、飼い主の目の届く範囲で遊ばせるようにしましょう。

安全性の高いものを選ぶ

猫におもちゃで一人遊びをさせるときは、なるべく安全性の高いものを選ぶようにしましょう。
誤飲してしまうような小さなものや、壊れやすいものを与えることは、怪我などにも繋がります。
また、尖っている形状のものは目などを傷つける可能性もあるため、避けたほうが良いでしょう。

家具やインテリアに気を付ける

猫は、一人遊びをしていて夢中になることがあります。
おもちゃを咥えて走り回ったり高い場所に上ったりしたときに、家具やインテリアなどを倒してしまうこともあるかもしれません。
飼い主がそばにいれば良いですが、万が一のことも踏まえて倒れやすいインテリアなどは猫の手の届かない場所に置くことをおすすめします。

留守番をさせるときにはおもちゃは不要?

猫に一人で留守番をさせるときには、おもちゃを与えないほうが無難です。
先述したように、万が一誤飲したときなどに対処をすることができないためです。
もしも留守番させるのに退屈をさせたくないのであれば、さまざまな機能が付いたキャットタワーを設置すると良いでしょう。
キャットタワーにはトンネルや猫じゃらし、爪とぎなどが付いているものもあるため、キャットタワーがひとつあれば退屈することもなさそうです。

猫の一人遊びにおすすめのおもちゃ4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、猫の一人遊びにおすすめのおもちゃをご紹介します。
思わぬ事故に繋がらないように、安全性の高いものを選びましょう。

猫の一人遊びにおすすめのおもちゃ(1)くるくるタワーボール

三段タワーのレールに挟まっているボールを触ると、くるくると回り出し、猫が思わず夢中になってしまうおもちゃです。
ボールの場所を変えることができるので、飽きずに遊び続けてくれるでしょう。
ボールが取れることはないため、誤飲の心配がないのも嬉しいポイントです。


くるくるタワーボール

猫の一人遊びにおすすめのおもちゃ(2)8の字サーキット

こちらも、ボールが筒の中に隠されたおもちゃです。
少し触るだけでボールが動き出すため、届きそうで届かないもどかしさが猫を夢中にさせてくれます。
電動ではないため、留守番のときにも安心でしょう。


8の字サーキット

猫の一人遊びにおすすめのおもちゃ(3)電動猫じゃらし バルーン

単四電池を使用する、電動タイプの猫じゃらしです。
くるくると回り出すため、夢中で遊び続けるでしょう。
おしゃれなデザインは、インテリアとしても使えそうです。


電動猫じゃらし バルーン

猫の一人遊びにおすすめのおもちゃ(4)猫用爪とぎ【遊べるボール付き・ボックスタイプ】

一見はダンボール製の爪とぎですが、中には鈴入りのボールが入っています。
カラフルなボールは、猫の視覚も刺激されるでしょう。
普段は爪とぎとして使用しながら、時折聞こえる鈴の音に耳を傾けながら遊んでくれるはずです。


猫用爪とぎ【遊べるボール付き・ボックスタイプ】

猫に一人遊びをさせて狩猟本能を刺激しよう!

出典:https://www.shutterstock.com

日頃から飼い主といっしょに遊ぶことができれば良いですが、そうはいかないこともあります。
そんなときには、一人遊びができるおもちゃを与えてみてはいかがでしょうか?
狩猟本能を満たすことができますし、身体や頭の運動にも最適です。
また、猫に一人遊び用のおもちゃを与えるのであれば、安全性に優れたものを与えるようにしましょう。

参考サイト

A SHOP(参照日:2020-12-15)
https://item.rakuten.co.jp/ashop/pt016/

キラキラハイム(参照日:2020-12-15)
https://item.rakuten.co.jp/kirara2/10136887/

pidan(参照日:2020-12-15)
https://item.rakuten.co.jp/pidan/10019/

CO-CHI warmth(参照日:2020-12-15)
https://item.rakuten.co.jp/co-chi/aim00008/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事