健康な体作りをサポート!シニア用のキャットフードおすすめ5選

猫は年齢に合わせて、必要な栄養やカロリーなどが配合されているシニア用のキャットフードに変える必要があります。
シニアフードに切り替えるタイミングや選び方、おすすめのシニア用キャットフード5選をご紹介します。
2021年01月14日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:264

猫にシニアフードを与えるタイミングは?

出典:https://www.shutterstock.com

シニアフードへの切り替えは7歳~10歳くらいを目安にしましょう。
猫によって加齢や体の変化には個人差があり、まだまだ元気だろうと思っていても、体への負担や免疫機能などは徐々に衰えていっています。

早くて7歳から遅くても10歳までにはシニア用フードに切り替えるようにしましょう。
お店で販売されているキャットフードには目安になる年齢が記載されているので、そちらを参考に購入するとよいでしょう。

シニア用キャットフードを与えるときの注意点

シニア用キャットフードの特徴として、成猫用のキャットフードとは違い、健康や免疫機能を高める栄養バランスが配合されています。

シニア用キャットフードの特徴として以下の項目があげられます。

・消化吸収が良い
・抗酸化物質
・高年齢に必要なミネラル
・関節を強くするグルコサミンの配合
・オメガ脂肪酸を配合がされている
・高タンパク質

シニア用フードに切り替えるときには、徐々に慣れさせるように与えましょう。
今まで食べていたフードに新しいフードを少しずつ混ぜていき、1週間~10日間くらい時間をかけて徐々に慣れさせていきましょう。

食事の回数は?

今まで通りの回数で大丈夫ですが、加齢が進むにつれて猫は1回に食べられる量が減る事があります。
消化する機能も低下している場合があるので、そのようなときは1日の食事を3回以上に分けて与えるといいでしょう。
フードが硬くて食べるのが大変そうな場合は、水をかけてふやかしてあげると食べやすくなります。

高齢の猫はなるべく食事の前後の激しい運動をさけて、リラックスしている状態で食べさせてあげるようにしましょう。

シニア用キャットフードの選び方

出典:https://www.shutterstock.com

シニア用キャットフードを選ぶ時のポイントは

・消化吸収が良い
・動物性たんぱく質の安全性
・添加物やグレインフリー

これらを考慮して選ぶようにしましょう。

消化吸収が良い

高齢になるほど内蔵の消化機能が衰えていきます。
消化吸収率が良い食材を使っているかを必ず確認してから選びましょう。

動物性たんぱく質が安全なものを使用していること

猫は肉食性なので基本動物性たんぱく質を多く摂取する必要があります。
ですが、どんな原料が使われているのかよく確認してから選ぶようにしましょう。

とくに4D(畜殺場廃棄物)ミートと呼ばれる原料が含まれているキャットフードは、
死んでいる、死にかけている、不具合、病気の豚を使用したキャットフードなので
選ばないようにしましょう。

添加物の量とグレインフリーか確認する

添加物は、人間と同様に猫にも体に害をおよぼす危険性があります。
なるべく添加物が入っていないものか、少ないものを選ぶようにしましょう。

また、猫はグレイン(穀物)の消化があまり得意ではありません。
消化器官が弱くなっている高齢の猫ほど、成分表をよくみて小麦や大豆、トウモロコシが配合されているものを避けるようにしましょう。

おすすめのシニア用キャットフード5選

①ナウフレッシュ グレインフリー シニアキャット&ウェイトマネジメント

ナウ フレッシュのドライフードは新鮮さと安全性にこだわり、乾燥肉粉や副産物を一切使用していません。
たんぱく源は新鮮なターキー(七面鳥)、サーモン、ダック(鴨)や生魚のみを使用しグルテンフリーで消化吸収も良くシニア猫にピッタリのフードです。

さらにフィトケミカルと呼ばれる機能性成分を大量に含む4種のベリー類(ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー)と15種類以上の新鮮な野菜とフルーツなどを配合しています。腸の健康に役立つプロバイオティクス(腸内善玉菌)を配合しており、猫の健康をサポートしてくれます。

オイルもオメガ3&6脂肪酸の供給源としてココナツ油、キャノーラ油を使用しているので、安心して愛猫に与えられます。


ナウフレッシュ グレインフリー シニアキャット&ウェイトマネジメント

②カナガンキャットフード チキン

【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

出典:https://item.rakuten.co.jp/goyo3443/10000114/

グルテンフリー、高たんぱく、低炭水化物、人口添加物不使用と、トップレベルの安心・安全を誇るキャットフードです。
カナガンのキャットフードは原材料にとにかくこだわり、たんぱく質の原料となるのは新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用しています。
野菜やハーブも配合されて消化吸収が良いだけでなく、必須栄養素のタウリンも豊富に配合されていて、栄養補給もバッチリです。


カナガンキャットフード チキン

③HALO CAT エイジケア11+

HALOの信念は健康で幸せな一生を送ってもらう事と、抗生物質や遺伝子組み換え技術を使用するファクトリーファーミングを避けることです。
キャットフードに使用されているたんぱく源は、広いく豊かな環境で育てられたチキンを使用しています。さらにグルテンフリーで消化吸収に優しく、使用されている野菜や果物は遺伝子組み換えはしていません。

皮膚・被毛にオメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸を含有し、目と心臓の健康維持サポートにはタウリン含有されていて健康維持にピッタリのキャットフードです。
HALOのキャットフードは原材料の調達に徹底的にこだわり、動物、人、地球への愛から生まれた次世代のフードです。


HALO CAT エイジケア11+

④アーテミス フレッシュミックス フィーライン

原料の肉類は米国農務省が公認した施設を持つ工場で処理された、人間も食べることができるレベルの原料を使用し、肉副産物(骨や羽、鳥の嘴など)は使用していません。

たんぱく質の原料は鶏・七面鳥・魚・子羊・ダック・卵など複数種類の良質な動物性たんぱく質を最良のバランスで配合し、新鮮な野菜や果物をふんだんに使用しています。皮膚や被毛の栄養となるオメガ3・オメガ6、腸内環境を整えるプロバイオティクス・プレバイオティクスを配合されています。

さらに脳の働きを活性化させる自然のDHA・EPA、関節を守るグルコサミン・コンドロイチン、体臭や排泄物の臭いを減少させる天然ハーブなどシニアの猫に嬉しい成分が盛りだくさんです。

合成保存料(BHA, BHT)、着色料、人工添加物、小麦、大豆、トウモロコシは使用されていないので、安心して与えられます。


アーテミス フレッシュミックス フィーライン

⑤アカナ キャット グラスランド

農場で育ったラム、毎日捕獲している新鮮な魚、放し飼いで育てられたダックなどさまざまな最高品質の動物性原材料を使用しています。
血糖値を上げにくい原材料(低GI原材料)として、ヒヨコ豆、グリーンピースなどの豆類を配合し、地元カナダ産の新鮮な野菜やフルーツ、海草、ハーブを数多く使用しています。

考え抜かれた配合バランスにより健康な尿のpHを維持したり消化管を優しく整え、必要な栄養をしっかりと補給できます。
食べやすい粒の大きさで、猫の食いつきもよくシニアにはおすすめのキャットフードです。


アカナ キャット グラスランド

シニア用のフード選びはとても大切

医療の進歩により猫の平均寿命もあがっていて、高齢になればなるほど健康に気を付けなければいけません。
キャットフードは直接体に取り入れるものなので、品質や栄養素を気にしてあげることで、高齢になっても健康な体を維持することができるようになります。
いつまでも元気でいてもらえるように、キャットフード選びはとても大切です。

参考サイト

interzoo clinicclub(参照日:2020-12-08)
https://item.rakuten.co.jp/interzoo-pet/188-0120-03-00/

北海富士ショップ(参照日:2020-12-08)
https://item.rakuten.co.jp/goyo3443/10000114/

ペッツビレッジクロス〜ペット通販(参照日:2020-12-08)
https://item.rakuten.co.jp/kurosu/33118176ku/

charm 楽天市場店(参照日:2020-12-08)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/187785/

interzoo clinicclub(参照日:2020-12-08)
https://item.rakuten.co.jp/interzoo-pet/192-0016-01-00/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事