3ヶ月の子猫におすすめのおもちゃって?遊び方の注意もご紹介

猫のおもちゃはたくさんの種類がありますが、子猫にはどれを選べばいいのか迷ってしまいます。ここでは、3ヶ月の子猫におすすめのおもちゃの選び方やおすすめ商品をご紹介します。 2021年01月03日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:588

子猫のおもちゃの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

生後3ヶ月はまだ好奇心も旺盛で遊ぶことが大好きな時期です。しかし、成猫に比べて力も弱く、体力もあまりありません。遊び方やおもちゃの種類も子猫に合わせて選ぶことが理想です。
ここでは、3ヶ月の子猫用おもちゃの選び方についてご紹介します。

安全性の高いおもちゃを選ぶ

3ヶ月の子猫のおもちゃは、安全性の高い子猫用のおもちゃを選びましょう。
子猫の頃はおもちゃで夢中になって遊びます。おもちゃが壊れても気にせず遊び続け、誤って飲み込んでしまう可能性があります。
おもちゃを選ぶ時には、できるだけ壊れにくい耐久性の高いもの、そして、子猫が遊んでいる時に怪我をすることがないように安全性の高いものを選びましょう。

飼い主さんと一緒に遊べるものを選ぶ

3ヶ月の子猫のおもちゃは、飼い主さんと一緒に遊べるものを選びましょう。本来であれば、兄弟と一緒にじゃれ合い遊び方や力加減を覚えていきますが、3ヶ月の時期でお家に迎え入れられた場合、それを知らずに育ってしまうからです。

兄弟とともに暮らしている場合は、喧嘩をしながらそれを覚えていきますが、一匹の場合は飼い主さんが教えて上げる必要があります。そのため、子猫の時期は、飼い主さんと一緒に遊べるおもちゃをおすすめします。

幼い頃に力加減や遊び方を覚えることで、飼い主さんにじゃれた時の飼い主さんが痛くない力加減を覚えることにもつながるだけでなく、飼い主さんと一緒にいることに安心感を覚え、信頼関係も築くこともできます。

3ヶ月の子猫とおもちゃで遊ぶ時の注意点とは?

出典:https://www.shutterstock.com

3ヶ月の時期は、まだまだ注意力も散漫で、夢中になりすぎて家具や置いてある物にぶつかることも少なくありません。そのため、子猫と一緒に遊ぶ時には注意することがいくつかあります。
ここでは、3ヶ月の子猫とおもちゃで遊ぶ時の注意点についてご紹介します。

おもちゃで遊ぶ時は目を離さない

耐久性や安全性の高いおもちゃを選んでも、壊れることはあります。そのため、子猫がおもちゃで遊ぶ時にはできるだけ目を離さないようにしましょう。猫じゃらしの紐が首に引っかかってしまうことや、ビニール袋に入り込んでしまって息ができなくなるなどの事故が起こる可能性があります。

子猫は苦しくなった時、絡まってしまった時にパニックを起こし、余計に事態が悪化することもあるため、子猫がおもちゃで遊ぶ時には目を離さないようにしましょう。

自分の手や足をおもちゃ代わりにしない

子猫と遊ぶ時には、自分の手や足をおもちゃ代わりにしてはいけません。子猫とおもちゃで遊んでいると、飼い主さんの手や足、洋服などにじゃれてくることがあります。その姿は可愛らしく、力も弱いため、そのまま遊んでしまうこともあるでしょう。

しかし、それが習慣化すると、飼い主さんの手や足を噛む癖がついてしまいます。成猫になると、力もかなり強くなり、噛まれると皮膚に穴が空くほどの威力があります。猫に噛まれることで炎症や発熱などを引き起こす可能性もあるため、手や足を噛む癖がつかないように注意しましょう。

3ヶ月の子猫におすすめおもちゃをご紹介

ここでは、3ヶ月の子猫と一緒に遊びたいおもちゃをご紹介します。

1, くるくるタワー

タワーの中をボールがぐるぐると回るのを追いかけるおもちゃです。サイズは高さ約13cm、横約25cmなので、部屋の中でもじゃまになることなく、置くことができます。中に挟まっているボールをコロコロと転がす仕様なので、電池が不要で、長期的に使用することができます。運動不足やストレス解消にも最適なおもちゃです。


くるくるタワー

2, キャットトンネル スパイラル

猫用のトンネルで、猫が飽きずに遊んで楽しむことができるおもちゃです。トンネルに入る時にカサカサと音がするので、好奇心旺盛な猫におすすめです。潜り込んで過ごしたり、トンネルから顔を出して遊ぶこともできます。


キャットトンネル スパイラル

3, キャットツリー KITTEN

据え置き型のキャットタワーで、ハンモックでゆったり過ごすことや爪とぎでストレス発散もできます。支柱の高さが18cm、27.25cm、43cm、56cmと選ぶことができるので、子猫の時だけでなく、成長したあとも使用することができます。

キャットツリー専門のカスタマイズパーツがあるので、ハンモックを増設したり、爪とぎ付きの支柱を新しくするなど猫の性格に合わせてカスタマイズも可能です。


キャットツリー KITTEN

4, 釣りざお猫じゃらし FLYING CAT

釣り竿タイプの猫じゃらしです。自由自在に伸び縮みし、最長は91cmです。釣りのように遠くから子猫の前に落とし遊ぶことができます。

紐の先端には猫の狩猟本能をくすぐる、ふわふわのカラーフェザーが付いているので、夢中になって遊ぶこと間違いなしです。羽根は天然の羽を使用し、猫に無毒の塗料を使用しているので安全性も高いおもちゃです。


釣りざお猫じゃらし FLYING CAT

子猫とおもちゃで遊ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、3ヶ月の子猫におすすめのおもちゃの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。子猫の時期は免疫力や体力、注意力なども成猫に比べると低いです。そのため、一緒に遊ぶ時には、休憩をはさみながら、おもちゃを誤って誤飲することのないようにしましょう。

子猫の性格によってはおもちゃも合う合わないがありますので、いくつかのおもちゃで遊び、どのタイプが一番合うのか確かめてみましょう。

参考サイト

・通販ライズ (参照日:2020-12-21)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-risecreation/?l-id=step0_pc_shoptop

・ charm 楽天市場店(参照日:2020-12-21)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/?l-id=step0_pc_shoptop

・マックスシェアー maxshare (参照日:2020-12-21)
https://www.rakuten.co.jp/maxshare/?l-id=step0_pc_shoptop

・iCat【猫首輪&猫グッズ】 (参照日:2020-12-21)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/icat/?l-id=step0_pc_shoptop

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事