キャットフードは小分けがいい?小分けのキャットフードおすすめ商品をご紹介

キャットフードは一度開封すると酸化が進み、風味や味が落ちていきます。小分けにパッキングいることで、鮮度を保つことができます。
ここでは、キャットフードは小分けのメリット、おすすめ商品もご紹介します。 2020年12月25日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:2,142

キャットフードは小分けがいい?メリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

キャットフードを購入する時に悩むのが、サイズです。大きいものを購入すると、食べきるまでに時間がかかり、フードが酸化して風味が落ちてしまいます。しかし量の少ないものだと割高になり、購入する手間がかかります。
そんな時に便利なのが、キャットフードの小分けパックです。新鮮な状態を長く保つことができるので、多くのメリットがあります。ここでは、小分けパックのメリットについてご紹介します。

酸化を防ぐことができる

酸化を抑えて長期間保存が可能になります。メーカーでしっかり滅菌処理され真空パックなどに保存されていれば、購入後少し時間が経っていても酸化することなく愛猫に与えることができます。

キャットフードが酸化すると、味が落ちてしまうことはもちろんですが、栄養価も落ち、ニオイもきつくなります。いつも食べているごはんでも食べてくれなくなる可能性があります。

衛生的に与えることができる

酸化が抑えられると衛生的に与えることができます。2kgや4kgなどの大きいサイズを購入した場合、季節や保存状態により腐敗してしまうことや、虫が入り込んでしまうなどのトラブルが起こる可能性もあります。
数回で食べ切れる量で小分けにされているため、常に衛生的なごはんを愛猫に与えることができます。

小分けにされていることでキャットフードの管理方法も、通常のフードより楽なこともメリットの1つです。しかし小分けパックにされているからと言って、永久に食べられる状態が続く訳ではありませんので、賞味期限をしっかり守りながら早めに食べきるようにしましょう。

小分けキャットフードの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

小分けパックには愛猫にも飼い主さんにもメリットがあります。しかし、小分けパックになっているキャットフードの種類は少なく、選ぶ時にも何に注目すれば良いのかわかりづらいですよね。

ここでは、小分けパックのキャットフードの選び方についてご紹介します。

総合栄養食を選ぼう

キャットフードは総合栄養食を選びましょう。総合栄養食とは、ペットが健康的に生活できるような栄養素を配合した食事のことです。

一般食は、お菓子やおやつのようなもので、あくまで補助的な役割をもっています。一般食だけでは栄養バランスが乱れてしまいますので、パッケージに総合栄養食と記載されたものを選びましょう。

原材料を確認しよう

原材料をしっかり確認してください。猫はもともと肉食の動物なので、タンパク質が豊富に含まれている食事が望ましいです。タンパク質は体を作るための栄養で、臓器だけでなく、皮膚や被毛、爪などもタンパク質でできています。不足してしまうと、爪がかける、被毛に艶がなくなることもあります。

猫によっては食物アレルギーをもっている場合があります。症状としては、皮膚のかゆみや脱毛、フケ、下痢などです。
何に対してアレルギーをもっているかはしっかり検査をしなければわかりませんが、キャットフードを変えた段階で猫の体調に変化が見られる場合は食物アレルギーの可能性があります。その場合は、症状が出た場合は早めに動物病院に相談することをおすすめします。

小分けの量は愛猫に合っているか

フードの量は愛猫に合っているか確認することをおすすめします。小分けパックの量やキャットフードの大きさと愛猫の食べる量を比べ、だいたい1~2ヶ月以内に食べ切れる量もしくは、賞味期限以内に食べ切れる量を購入しましょう。

小分けにされているからと言って、賞味期限を過ぎてしまうことは避けなければいけません。キャットフードによっては保存料不使用などの理由から賞味期限が短いものもありますので、注意が必要です。

自宅で小分けする方法もある

メリットの多い小分けパックのキャットフードですが、販売されている種類は多くないため、愛猫に合ったものを探すのが難しいですよね。今食べている商品で、小分けのものがあれば、と思う飼い主さんもいるのではないでしょうか。

実は、真空パック器さえあれば、自宅でも真空パックして保存することができます。
用意するものは真空パック器と、専用ロール・専用袋です。器械を購入しなければいけないので、金銭的に負担がかかりますが、比較的長く使用することができます。

ただ、滅菌処理まではされていないため、パックされていても中で腐敗してしまう可能性もあります。保存状態に気をつけるだけではなく、できるだけ早めに食べる必要があります。

小分けのキャットフードのおすすめ商品をご紹介

キャットフードを選ぶ時には栄養や、健康に良いということはもちろん大事ですが、愛猫が喜んでくれるものが良いですよね。しかし、パッケージだけでは味はわかりません。ここでは、小分けのキャットフードのおすすめ商品をご紹介します。

1, ナチュラルバランス ホールボディヘルス

果物や穀物をバランス良く配合し、消化機能を健康に保つサポートをしてくれます。穀物を使用せずに作られたグルテンフリーのキャットフードなので、グルテンに対してアレルギーをもっている愛猫におすすめです。他にも、目や心臓、骨、筋肉などの成長や健康維持をサポートしてくれます。

50g×10パックの小分けパックが入っており、全部で500gです。他にもサイズがありますが、小分けになっていないので注意しましょう。


ナチュラルバランス ホールボディヘルス

2, 銀のスプーン 吐き戻し軽減フード

猫の吐き戻しを軽減するために考慮され作られた総合栄養食です。フードに含まれた食物繊維がお腹の中ですぐにふやけるようになっており、飲み込んでしまった被毛を体外に排泄する効果も期待できます。
4パックの小分け袋になっているので、愛猫に新鮮な状態で与えることができ、保存も便利です。


銀のスプーン 吐き戻し軽減フード

3, ナチュラルバランス グリーンピース&ダック

牛肉・鶏肉・白米・小麦粉などに対してアレルギーをもっている猫におすすめの総合栄養食です。主要原材料に新鮮なダックとグリーンピースを使用しており、アレルギー対応フードです。
50gの小分けパックで全500gなので、多頭飼育では少し足りないかもしれません。
衛生的なので旅行の時にもおすすめです。


ナチュラルバランス グリーンピース&ダック

フードシールド JP290

専用袋がいらない、乾湿両用真空パック器です。専用袋がいらず、ナイロンポリ袋やアルミ蒸着袋であれば使用することができ、汁物にも使用することができます。
理想の小分けのキャットフードが見つからない時に、今食べているキャットフードを自宅で真空パックにして分けるのも良いかもしれませんね。


フードシールド JP290

新鮮なキャットフードを愛猫に

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、キャットフードは小分けのメリット、おすすめ商品もご紹介しました。小分けパックは、キャットフードの鮮度や栄養、香りまで保つことができ、保存方法もとても簡単で、キャットフードの管理に悩んでいた方にはおすすめのフードです。

キャットフードを探すのは大変ですが、愛猫に合ったキャットフードが見つかるといいですね。

参考サイト

・ペットスペース ジョインアス(参照日:2020-12-15)
https://www.rakuten.co.jp/joinus/

・charm 楽天市場店(参照日:2020-12-15)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/

・DODONPA (参照日:2020-12-15)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/maidomasala/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事