据え置き型のキャットタワーのおすすめ商品をご紹介

キャットタワーは猫の運動不足解消にもなるため、猫にとって重要なものです。キャットタワーには据え置き型と突っ張り型があり、それぞれ特徴があります。
ここでは、据え置き型のキャットタワーの特徴についてご紹介します。 2020年12月07日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:946

据え置き型のキャットタワーの特徴は?

出典:https://www.shutterstock.com

安全性が高い

据え置き型のキャットタワーは安全性が高いものが多いです。頑丈なものが多く、猫が好きに遊んでも壊れにくいです。柱の本数も多く、しっかりとした作りのものが多いので安心です。

低めなものが多い

据え置き型のキャットタワーは低めのものが多く、子猫やシニア猫、運動が苦手な猫でも安全に遊ぶことができます。スロープが付いているものや、ステップ台に落ちにくい工夫がされているものもあり、怪我がしにくい構造となっているものが多くあります。

模様替えも簡単

据え置き型のキャットタワーは部屋の模様替えをするときも簡単に動かすことができます。壁や天井に固定せず、すぐに移動できるので、日頃のお手入れや掃除などの際にも便利です。

据え置き型のキャットタワーの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

据え置きタイプのキャットタワーはたくさんの種類が販売されており、素材やおもちゃの有無、爪とぎの有無など異なります。ここでは、据え置き型のキャットタワーの選び方についてご紹介します。

素材で選ぶ

据え置き型のキャットタワーを選ぶときには、素材で選びましょう。キャットタワーにはオールシーズン利用できる素材を利用して作られているものもありますが、季節によって素材を変えることができるものもあります。

素材の他にも、角がしっかり丸くなっているものを選ぶのもポイントの1つです。できるだけ猫が怪我をしないような工夫がされているものを選びましょう。

年齢で選ぶ

猫の年齢を考慮したもの選びましょう。子猫やシニア猫が利用する場合は上り下りがしやすいように大きなステップ台が付いているものや、誤って落ちて怪我をしないように階段やスロープが付いているものがいいでしょう。

遊ぶことが大好きな猫にはたくさんおもちゃが付いているものや、猫が1匹でも遊ぶことができる工夫がされているものを選びましょう。元気な猫にはおもちゃを追加で購入できるようなものを選ぶと、長く使うことができます。

組み立てやすさで選ぶ

キャットタワーは飼い主自身が組み立てるものがほとんどのため、組み立てやすさも重要です。

商品を購入前に組み立て方を確認し、商品のレビューも参考にしてみるといいかもしれません。猫の遊び心地や組み立てやすさなどを見ることもできます。購入に迷った時にはレビューやユーザーの評価を見てみることをおすすめします。

据え置き型のキャットタワーのおすすめ商品

据え置き型のキャットタワーは1つ1つ素材や付属品や高さが異なります。
ここからは据え置き型のキャットタワーのおすすめ商品についてご紹介します。

1, キャットタワー CROWN170

キャットタワーCROWN170は据え置き型で高さ170cm、パーツ交換可能のキャットタワーです。階段付きのスロープに加え、2箇所あるハウスでリラックスして過ごすことができます。

1番上の台座には落下防止対策があり、オプションパーツ購入で窓付き接続用渡り板やハンモックを取り付けることができます。自分でカスタマイズができるので、愛猫の性格に合わせてアレンジできます。


キャットタワー CROWN170

2, キャットタワー 据え置きタイプ ハンモック付

このキャットタワーは猫が楽しめる要素をふんだんに詰めている据え置き型のキャットタワーです。一番上の台座はゆっくり過ごせるスペース、たくさんのおもちゃ、爪とぎスペース、猫の隠れることのできる部屋、登りやすい階段、ハンモックなどが付いているので、ストレスや運動不足を解消することができます。

高さは155cmで、場所を取らない構造なので、狭い部屋でも利用することができます。ファー生地を使用しているので、触り心地も抜群です。


キャットタワー 据え置きタイプ ハンモック付

3, stadium Sクラスモデル

高さ194cm、大型のキャットタワーです。猫の使いやすさを追求し作られているので、楽しみながら、リラックスもできるスペースとなります。部品購入でアレンジもできます。
1番上のスペースには落下防止柵が付いているので安心です。とても丈夫に設計されており、人が乗っても壊れません。


stadium Sクラスモデル

4, Mwpo モロ

富士山のようなハウス、ふわふわのスロープ、ハンモックや猫が遊べる場所もたくさんあります。爪とぎスペースも多く、キャットタワーでストレス解消もできます。高品質・高耐久性で安心のキャットタワーです。

キャットタワーで運動不足解消!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、据え置き型のキャットタワーについてご紹介しました。キャットタワーにはたくさんの種類がありますが、猫の年齢を考慮したものや、遊びが好きな猫向けなど、各ご家庭で用途も異なります。
愛猫の年齢や性格に合わせて据え置き型のキャットタワーを選びましょう。素敵なキャットタワーに出会えるといいですね。

参考サイト

・マックスシェアー maxshare (参照日:2020-11-17)
https://www.rakuten.co.jp/maxshare/?l-id=step0_pc_shoptop

・キャットランド (参照日:2020-11-17)
https://www.rakuten.co.jp/cat-land/?l-id=step0_pc_shoptop

・Liv House (参照日:2020-11-17)
https://www.rakuten.co.jp/neolead/?l-id=step0_pc_shoptop

・MWPO (参照日:2020-11-17)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/ohamakaguya/?l-id=step0_pc_shoptop

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事