寒い冬に向けて!犬のベッドのメリットや選び方をご紹介

冬になると、犬も寒そうに丸まって寝ている姿を目にすることが多くなります。
そこで用意してあげたいのが、犬用のベッドです。
ベッドがあれば、寒い冬でも暖かく寝ることができるでしょう。
この記事では、冬に犬のベッドを用意するメリットや、ベッドの選び方についてご説明します。 2020年12月04日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:2,700

冬に犬のベッドを用意するメリット

出典:https://www.shutterstock.com

ベッドには、犬にとってさまざまなメリットがあるのです。
まずは、冬に犬のベッドを用意するメリットについて見てみましょう。

寒さ対策

冬のベッドの一番のメリットは、やはり寒さ対策です。
ベッドで寝ることにより床の冷たさを感じずに済むため、冬でも快適に寝ることができるはずです。
犬のベッドはさまざまな種類がありますが、やはり私たち人間と同じように季節に合わせてベッドの素材を変えることで、犬は寒さを感じにくくなるでしょう。

身体の負担を減らす

犬は1日の大半を寝たり横になったりして過ごすため、硬い床で寝ることは身体の負担になります。
特に冬であれば床が冷たくなっていることが多いため、負担はほかの季節よりも大きくなるでしょう。
しかしベッドがあることで、犬の身体をベッドが優しく支えてくれるため、負担が減ることが期待できます。

リラックスできる

犬にとって、リラックスできる場所というのはとても大切です。
もちろん寝る場所としてベッドを使用するのも良いですが、安心して過ごすことができる場所があれば、犬の精神状態は安定しやすくなります。

冬に最適な犬のベッドの選び方

出典:https://www.shutterstock.com

次に、冬に最適な犬のベッドの選び方についてご説明します。
「犬用のベッドはたくさんあるけど、どんなものが良いのかわからない」という人は、選ぶ際の参考にしてみてください。

サイズが合っているか

ベッドのサイズが犬の身体に合っていなければ、犬が快適に過ごすことができなくなってしまいます。
例えばベッドが小さければ窮屈で寝づらいため、寝る姿勢が悪くなり身体の負担が大きくなるでしょう。
逆にベッドが広すぎても、犬は安心感を得ることができません。
そのため、犬のサイズに合ったベッド選びがもっとも大切になります。
目安としては、犬が伸びた状態でもギリギリベッドからはみ出ないくらいの大きさのものを選ぶと良いでしょう。

丸洗いできるものを選ぶ

冬になると寒さから、夏よりもベッドで過ごす時間が長くなるはずです。
そのため、ベッドに抜け毛などが多く付着していることを目にするようになるでしょう。
もちろんそれを放置しておくのは、衛生的にも良くありません。
定期的に丸洗いすることで、常に清潔なベッドを保つことができます。
可能であれば、丸洗いできるベッドを選ぶようにしましょう。
丸洗いできないベッドでは、衛生面を保つことが難しくなってしまいます。

素材

夏であれば、通気性に優れたメッシュ素材のベッドを選ぶことで、犬は快適に寝ることができるでしょう。
しかし冬に通気性に優れたベッドで寝ていては、身体が冷えてしまいます。
そのため、なるべく暖かい保温効果がある素材が使われたベッドを選ぶようにしましょう。

形で選ぶ

犬用ベッドには、さまざまな形のものがあるため、購入時に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?
オーソドックスなものは丸型やキューブ型ですが、ほかにドーム型などのベッドもあります。
冬におすすめなのは、ドーム型のベッドです。
ドーム型であれば犬が寝ていると保温されますし、中にペット用カイロなどを入れておくと、ベッド全体が暖かくなるでしょう。

冬におすすめの犬用ベッド4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、冬におすすめの犬用ベッドをご紹介します。
さまざまな機能やデザインのものがあるので、自分好みのものを購入してみてはいかがでしょうか?

冬におすすめの犬用ベッド(1)ふわふわドッグカウチベッド

寝具職人と家具職人が、犬のために作り上げたベッドです。
「犬をクッションではなくベッドで寝かせてあげたい」との想いから、寝心地の良さを追求しました。
ゆったりと寝ることができるサイズですので、窮屈になることもないでしょう。
また、丸洗いはできませんがカバーは外して洗うことができるため、清潔を保つことも可能です。


ふわふわドッグカウチベッド

冬におすすめの犬用ベッド(2)もちもち ペットベッド

ボリュームたっぷり、もちもちのペット用ベッドです。
あごが乗せやすいフチと、すっぽり包み込むような形状は、極上の寝心地を与えてくれるでしょう。
ドーナツ型やオーバル型など、4種類の形のバリエーションがあるので、犬の好みやお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。


もちもち ペットベッド

冬におすすめの犬用ベッド(3)3Dペットベッド

犬の習慣を研究して作られた、まくら一体型のベッドです。
身体の一部をベッドに預けながら寝ることで、犬は安心して過ごすことができるでしょう。
また、カバーを外して洗うことができるので、常に清潔な状態を保つことが可能です。
高反発ウレタンを採用し、抜群の寝心地を提供してくれます。


3Dペットベッド

冬におすすめの犬用ベッド(4)ふわふわで快適な極上ペットベッド

ボリュームたっぷりで、ふかふかのベッドです。
大きなベッドですが、側面に取っ手が付いているため、部屋の掃除の際などにはサッと移動させることができます。
こちらもカバーを取り外して洗うことが可能なので、清潔を保つことができます。


ふわふわで快適な極上ペットベッド

冬は暖かいベッドで犬に快適に過ごしてもらおう

出典:https://www.shutterstock.com

私たち人間と同様に、犬も快適に寝ることでストレス解消になります。
特に冬になると、寒くて寝付けないこともあるでしょう。
そのような時に暖かいふかふかのベッドを用意してあげることで、犬は快適に過ごすことができるはずです。
1日の大半を過ごす場所ですので、犬にとってより良いベッドを用意してあげましょう。

参考サイト

neDOGko(参照日:2020-11-04)
https://item.rakuten.co.jp/emoor-nedogko/mn-3dbed/

犬とEnjoy!ドッグパーク(参照日:2020-11-04)
https://item.rakuten.co.jp/dogland/7136785/

echoice(参照日:2020-11-04)
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0038l/

La cerise(参照日:2020-11-04)
https://item.rakuten.co.jp/lacerise/pet-11057/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事