オーガニックってなに?キャットフードのおすすめオーガニックフードをご紹介!

オーガニックフードという言葉を聞いたことはありませんか?オーガニックフードはスーパーなどで見かける機会も多くなりましたよね。
ここでは、オーガニックフードのおすすめキャットフードについてご紹介します。 2020年11月23日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:654

オーガニックとは?

出典:https://www.shutterstock.com

スーパーマーケットやコンビニなどでオーガニックフードをみかけることも多くなりましたが、オーガニックとは一体何なのでしょうか。

オーガニックとは「有機」という意味で、化学肥料や農薬をできるだけ使わずに、自然に配慮して作られた、農業、水産業、畜産業など全般を表す言葉です。
オーガニック食品や有機食品はここから生まれた食品のことを言います。

オーガニックでは自然のままで育てていくことを目標としているので、遺伝子組み換えなどの商品も避けています。人だけでなく、環境や、地域の文化なども大切にしていくという考え方で商品を作っています。

オーガニックキャットフードのメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

オーガニック食品は農薬や化学肥料をできるだけ使わず、自然の恵みで育っていきます。安全性が高いと言われることもありますが、実際はどうなのでしょうか。
ここでは、オーガニックキャットフードのメリットについてご紹介します。

1, 自然の恵みを活かしたフード

オーガニック食品を使っているので自然の恵みを活かして作られたフードです。
通常の野菜に比べて化学肥料や農薬の使用量が少ないので、食材の安全性が高いことが最大のメリットです。
安全・安心の食材を使ったキャットフードだということがわかります。

2, アレルギー対策

農薬や化学肥料をできるだけ使用しないようにした食材を使っているので、農薬や化学肥料などにアレルギーを持っている猫にとって低アレルゲンフードです。
牛肉、豚肉、鶏肉、卵、牛乳、大豆、小麦、とうもろこしなどはアレルギーを引き起こしやすい食材と言われていますが、これ以外の食材や添加物などに反応してしまう場合もあります。

アレルギー症状として、下痢、嘔吐、お腹の張り、痒み、脱毛などを引き起こします。キャットフードを食べ始めてから体調を崩した場合は、食物アレルギーの可能性も考慮してみましょう。

おすすめオーガニックフードをご紹介

オーガニック食材を使用していると行っても100%安全ということではありません。中には、食材はオーガニックなものを使用していながら、他に添加物を使用している場合もあります。
オーガニックフードを選ぶ時にはオーガニックの表記があるのか、愛猫の体調に影響のある食材・添加物を使用していないかなどに注目しましょう。
ここでは、キャットフードのおすすめオーガニックフードについてご紹介します。

1, YARRAH(ヤラー)

オーガニックチキンをふんだんに使用して作られたキャットフードです。
オーガニック認定を取得したフードで、チキン以外にも、全粒小麦、えんどう豆、トウモロコシなど原材料のほとんども食材にオーガニック食品を使用しています。

タンパク質量も多く、血液浄化作用・利尿作用のあるイラクサを使用しているので、泌尿器トラブルのある猫にもおすすめです。


YARRAH(ヤラー)

2, Argyle Dishes(アーガイルディッシュ)

オーガニック原材料を使用して作られた動物タンパク質多めのキャットフードです。
オーガニック食材を中心に、低アレルゲンで作られているのでアレルギーを持った猫におすすめです。原材料の表記では、オーガニック食材には(有機)という記載があるのでとてもわかりやすいです。

アーガイルディッシュは他のドライフードに比べると賞味期限が短く設定されていますが、新鮮さにこだわり作られているためで、賞味期限が残り1ヶ月でも問題なく食べることができます。


Argyle Dishes(アーガイルディッシュ)

3, Schesir(シシア)

無添加・無着色・ホルモンフリーで作られ、100%ナチュラルな食品グレードの原材料を使用して作られたキャットフードです。
主要原材料には有機飼料と放し飼いの環境でのびのびと育った鳥類を使用しています。穀物にも農薬や化学肥料を使用せず、有機肥料で作られた畑を使って育ったものを使っています。

他にも、ヨーロッパのオーガニック規定に沿った食材を厳選して使用しています。


Schesir(シシア)

4, gather(ギャザー)

オーガニック認証を受けた平飼いチキンを使用して作られたオーガニックキャットフードです。
原材料には高い品質のものを選び、適正に収穫された食材を使用し、食材の美味しさをそのまま味わえるようにシンプルに仕上げています。

主要原材料に、オーガニックチキン、オーガニックえんどう豆、ベリー類を使用してるだけでなく、とうもろこしや大豆などの穀物を使用せず、グレインフリー、グルテンフリー、ポテトフリーのキャットフードです。アレルギーを持った猫にも最適なフードです。

ギャザーにはカナダの「CORオーガニック認証」とアメリカの「USDAオーガニック認証」の認証マークが付いています。


gather(ギャザー)

オーガニックのキャットフードを選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、キャットフードの中のおすすめオーガニックフードについてご紹介しました。
キャットフードはたくさんの種類があり、その中から1つ選ぶとなると大変です。しかし、キャットフードは毎日食べるものです。栄養価が高いだけでなく、安全性も高いものを選びたいですよね。

オーガニックキャットフードを選ぶ時には、原材料やオーガニックの表記の有無、栄養価などにも注目して、オーガニックだから健康によいと鵜呑みにせずに、他の原料や添加物の有無にも注目して購入しましょう。

参考サイト

・MizJ 楽天市場店 (参照日:2020-10-20)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/mizjstore/?l-id=step0_pc_shoptop

・犬と猫のJohn&Coco ジョン&ココ (参照日:2020-10-20)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/mpcpets/?l-id=step0_pc_shoptop

・なちゅのごはん (参照日:2020-10-20)
https://www.rakuten.co.jp/nachu/?l-id=step0_pc_shoptop

・自然食のペットフード店Oracion(参照日:2020-10-20)
https://www.rakuten.co.jp/oracionnaturalpetfood/?l-id=step0_pc_shoptop

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ