これで心配無用!猫の留守番に最適なペットカメラをご紹介!

「出かけているときに猫がいたずらしてしまう…」そんな悩みを抱えた飼い主さんはいませんか?
自宅を空けている間に、猫がどんな行動を取るのか気になりますよね?
そこで今回は、猫に留守番を任せる際に役立つペットカメラをご紹介します! 2020年11月18日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:350

出典:https://www.shutterstock.com

外出中、自宅で留守番しているネコの様子が気になりますよね?
ネコの安全を守るペットカメラの性能やおすすめ商品をご紹介します!

猫の様子が心配…留守番を見守るペットカメラとは?

ペットカメラとは、「ペットの様子を観察する目的で設置するカメラ」のことです。

外出中にペットがどんな行動を取っているのか把握したい、いたずらの防止をしたいなど、ペットカメラはさまざまな用途に活用できます。

近年では、ペットカメラの性能向上により、旧来より画質や機能数が充実した商品が増えています。

ペットカメラはどんな人に必要?

こちらに当てはまる方は、ペットカメラの導入を検討してみましょう!

◇一人暮らし

一人暮らしで猫を飼っている場合、外出している間はペットだけの時間になります。
その間に猫がケガなどをしても、ペットカメラがないと確認のしようがありません。

外出先からでもペットの安全確認ができますので、一人暮らしの方には特におすすめです。

◇帰宅時間が遅い

仕事の都合で帰宅時間が遅い方も多いはず。
暗い室内でも猫を観察できる「暗視撮影機能」の搭載されたペットカメラがあれば、とても心強いでしょう。

◇短期間の旅行に出かける

旅行に出かけている間でも、ペットの様子を観察できます。

ペットカメラには、「自動給餌機能」が搭載されているものもありますので、遠隔でエサをあたえられます。
短期間の旅行であれば、有効な手段のひとつです。

※ペットカメラで観察もできますが、可能なら「ペットホテル」の利用を検討してください。猫に問題が発生したとき、すぐに対応できないと命に関わることもあります。

ペットカメラの主な機能

出典:https://www.shutterstock.com

現在発売されているペットカメラには、数多くの機能が備わっています。
主な機能をいくつかご紹介します!

◇スマートフォンで映像を確認できる

自宅に設置したペットカメラの映像を、手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで、すぐに確認できます。

◇自動給餌機能

スマートフォンの操作に連動して、ペットカメラに備えられている給餌口から、自動でエサをあたえられます。

◇スピーカー・マイク機能

猫がいたずらしているところを見つけたら、ペットカメラを通して音声でしかることが可能。
話しかけることができるので、猫の不安な気持ちを解消させる手段にも活用できます。

◇暗視撮影機能

暗闇でも猫の様子をしっかり観察するのに適しています。
最近のペットカメラには標準装備されているものが多いです。

◇温度感知センサー

温度感知センサーがついているペットカメラなら、室温の確認もできます。
真夏や真冬はもちろん、季節の変わり目で、気温の変化が激しい時期にも活躍してくれます。

◇動体検知機能

猫の動きにあわせて、追尾や録画を開始してくれる機能です。

◇防犯機能(おまけ)

ペットカメラではありますが、通常の監視カメラ同様、防犯にも利用できます。
先にご紹介した「動体検知機能」や「暗視撮影機能」が搭載されているペットカメラなら、より鮮明な映像を撮影してくれるでしょう。

失敗しない!ペットカメラの選び方

ペットカメラにはさまざま機能がありますが、「ここだけは見てほしい!」部分をいくつかピックアップしました。

是非参考にしてください!

◇撮影範囲

猫の行動範囲すべてを撮影できるペットカメラでなければ、設置の意味がありません。
撮影範囲が狭いものだと、猫がカメラ外でしている行動を観察できません。

ペットカメラには、画角が固定されているタイプと、首振り式にカメラ自体が動くタイプの製品があります。

使用する環境や、ペットをどのように管理しているか(ケージに入れているなど)を考慮したうえで、購入するタイプを検討しましょう。

◇必要な性能が備わっているか

ペットカメラの機能を理解したうえで、自分の生活スタイルにあった製品を購入する必要があります。

性能の中でも、「画質」の違いによって、映像の良し悪しが大きく変わってきますので、鮮明に撮影できるペットカメラがおすすめです。

画質選択の目安として、「HD」または「フルHD」のどちらかであれば、問題なくキレイな画質で撮影ができます。

◇設置や取扱いが容易

部屋の決めたところに置くだけで簡単に撮影が開始できるのが、ペットカメラの魅力です。

しかし、カメラ本体の設定や、観察用アプリの仕様がわかりにくい製品もあります。
公式ホームページなどを参考に、ご自身での取扱いが容易にできそうなものを選びましょう。

◇メーカーサポート

メーカーサポートのしっかりとした製品が理想的です。

海外メーカーはサポート体制が不十分な場合もあり、初期不良などのトラブル時、対応がおろそかになることもしばしば。

そのため、国内メーカーの製品か、事前にサポート体制を確認したうえで、海外メーカーの製品を購入するようにしましょう。

おすすめのペットカメラ4選

おすすめペットカメラ①:Secus STATION ペットカメラ

ペットカメラとしても活用できる防犯用カメラになります。
265万画素の高画質で、鮮明な映像を撮影可能です。
カメラ本体が回転する仕様のため、動体検知機能と相まって、被写体の自動追尾もできます。


Secus STATION ペットカメラ

おすすめペットカメラ②:ごはんだすよ

広角180度レンズが採用された、ペットの動きを逃さない安心設計となっています。
給餌機能も搭載されており、曜日・時間・餌の量をお好みで設定できます。
タンクやトレイを水洗いできるので、手入れがお手軽なのもありがたい商品です。


ごはんだすよ

おすすめペットカメラ③:パナソニック HDペットカメラ KX-HDN215

常に高品質なペットカメラを展開しているパナソニックの商品。
猫にいたずらされてもカメラが倒れにくい、「転倒防止構造」を採用。
設定した室内温度を超えるとスマートフォンに知らせてくれる、「温度感知センサー」も搭載されています。


パナソニック HDペットカメラ KX-HDN215

おすすめペットカメラ④:みてるちゃん

低価格で高品質なペットカメラをお探しの方におすすめです。
ペットカメラ以外にも、対人用カメラとしての用途もあるため、幅広く利用できます。
初期設定も簡単にできるので、ペットカメラの入門用に最適です。


みてるちゃん

ペットカメラで猫に留守番を任せよう!

出典:https://www.shutterstock.com

ペットカメラの普及と性能の向上により、自宅にいる猫の様子を外出先でも手軽に観察できるようになりました。

飼い主がいないとき、愛猫がどんな行動を取っているのか、見てみたくありませんか?

防犯対策にもなるペットカメラを導入して、猫に留守番を任せてみるのはいかがでしょう。
きっと、愛猫の新しい一面が垣間見えるはずですよ!

参考サイト

防犯ステーション (参照日:2020-10-10)
https://item.rakuten.co.jp/secupcs/001-lc52/

塚本無線 (参照日:2020-10-10)
https://item.rakuten.co.jp/wtw-cctv-camera/gohan/

タウンランド Townland (参照日:2020-10-10)
https://item.rakuten.co.jp/townland-c/y-kx-hdn215-k/

著者情報

U.SHOHEI

父親が犬のブリーダーをしていたこともあり子どもの頃から犬に囲まれた生活を送る。

現在は趣味の動物園・水族館めぐりから得た知識をもとに幅広く動物に関する記事の執筆をおこなっている。

得意な生物は、犬・猫・海洋生物・エキゾチックアニマル。

オススメ

新着記事