子猫のケージはどうやって選ぶ?メリットや選び方をご紹介

子猫は好奇心旺盛でさまざまな物事に興味を持つため、室内で放し飼いをしていると思わぬ怪我をしてしまう可能性があります。
そこで用意してあげると良いのが、ケージです。
この記事では、子猫のケージの選び方やメリットなどについてご紹介しています。 2020年11月21日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,324

子猫のケージの選び方

出典:https://www.shutterstock.com

猫用ケージはたくさんの種類があるため、どれを選んだら良いか迷ってしまうことも多いでしょう。
まずは、子猫のケージの選び方についてご説明します。

十分な広さがあるか

子猫といえども運動量は多いため、十分な広さのケージを用意してあげましょう。
ケージ内を自由に歩き回れるのはもちろん、食器や飲み水、ベッドやトイレを置いてもスペースに余裕があるくらいのケージがおすすめです。
ケージ内が狭いと、子猫はストレスが溜まってしまうでしょう。

高さがないものを選ぶ

子猫の大きさによっては、ケージ内に段差があっても飛び移ることができない場合があります。
また、偶然高い場所に飛び移ることができたとしても、降りられなくなってしまうこともあるでしょう。
子猫の頃に高さのあるケージを選ぶと、怪我に繋がることも考えられます。
また、ケージの外に出しているときにケージの上によじ登ってカーテンなどにいたずらをするかもしれません。
さまざまなリスクを考えて、子猫のうちはそこまで高さのないケージを選ぶことをおすすめします。

子猫の身体に合わせたものを選ぶ

子猫は身体が小さく、運動能力も成猫と比べて低いです。
そのため、ケージ内で思わぬ事故が起きても回避をすることができません。
例えば、ケージの外に出ようとして無理やり首を出して挟まってしまったり、ケージの網目に手足が引っかかって取れなくなってしまったりという事故が挙げられます。
それらの事故は、命に係わる可能性があるため注意しなければなりません。
子猫のケージを選ぶ際は、なるべく網目の細かいものを選ぶと良いでしょう。

子猫をケージに入れるメリット・デメリット

出典:https://www.shutterstock.com

子猫をケージに入れることはメリットが多いですが、少なからずデメリットもあります。
メリット・デメリットをよく理解した上で、子猫をケージに入れるようにしましょう。

安全を確保できる

子猫にとって、家の中は危険な場所がたくさんあります。
キッチンまわりはもちろん、湯船に落ちてしまう可能性もあるでしょう。
しかし子猫をケージに入れておくことで、ある程度の安全を確保できます。

環境に慣れさせることができる

子猫を家に迎え入れて、突然室内に放すと子猫はパニックになることもあるかもしれません。
そのため、まずはケージに入れて環境に慣れさせることが大切です。
子猫が環境に慣れてトイレをしっかりとできるようになってから、室内に放すと良いでしょう。

ケージに慣れさせることができる

猫は、基本的にケージに入れておく動物ではありません。
室内で自由に行動をさせるのが、一般的な猫の飼い方です。
しかし、子猫の頃にケージに慣れさせておくことで、災害時などで猫をケージに入れなければならない状況になっても猫はストレスを感じにくいでしょう。
成猫になってから突然ケージに入れることは大きなストレスとなりますので、なるべく子猫の頃にケージに慣れさせておくと良さそうです。

ストレスが溜まる

好奇心旺盛な子猫は、ケージに入れることでストレスが溜まるかもしれません。
もちろん室内で自由に生活をさせるのが一番良いでしょうが、先述したように事故の回避やケージに慣れさせるため、またトイレを覚えるまではケージで飼うのが良いでしょう。

運動不足になる

子猫をケージに1日中入れておくことは、おすすめできません。
活発な子猫は、ケージでじっとしていると運動不足になってしまいます。
そのため、飼い主の手があいたときにはケージから出してあげていっしょに遊ぶと良いでしょう。

子猫におすすめのケージ4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、子猫におすすめのケージをご紹介します。
どれを買えば良いか迷っている人は、購入時の参考にしてみてください。

子猫におすすめのケージ(1)コンパクトキャットケージ

コンパクトでありながらも、十分な広さを確保できるケージです。
ハンモックや食器が付属しているため、追加で購入するものを抑えることができるのもメリットとして挙げられます。
ワンタッチでロックをすることができる扉は、猫の出し入れも簡単です。
また、フレーム部分は2cmの幅狭設計になっているため、子猫が飛び出たり怪我をしたりする心配も少ないでしょう。


コンパクトキャットケージ

子猫におすすめのケージ(2)ミニキャットケージ

こちらのケージもコンパクトでありながらも、トイレや食器を置いてもゆったりとするスペースを確保することができます。
キャスター付きで移動がしやすく、掃除がしやすいフラットトレーである点も特徴です。
部屋のデザインに合わせやすいカラーであるのも、嬉しいポイントといえます。


ミニキャットケージ

子猫におすすめのケージ(3)サークルームコンフォート

はじめて子猫を家に迎え入れるときは、このケージがおすすめです。
高さがないため、子猫の思わぬ事故にも繋がりにくいでしょう。
部品や工具が不要で、広げてセットをするための簡単組み立て設計です。


サークルームコンフォート

子猫におすすめのケージ(4)キャットハウス

広々とした、サークルタイプのケージです。
トイレやベッドを置いてもスペースに余裕があるため、子猫がストレスを溜まることも少ないでしょう。
また、簡単に折りたたむことができるため、出先でも使用することが可能です。
災害時にも使用できるため、一家にひとつは用意しておくと良いかもしれません。


キャットハウス

子猫のうちにケージに慣れさせることが大切!

出典:https://www.shutterstock.com

子猫をケージに入れるのは、室内での危険を避けることが一番の目的です。
また、トイレを覚えて環境に慣れるまでは、ケージに入れておいたほうが良いかもしれません。
家に迎え入れて、突然室内に放すと子猫もパニックなってしまいます。
子猫を落ち着かせるためにもケージを用意してあげて、徐々に室内に慣れさせていきましょう。

参考サイト

タンスのゲン(参照日:2020-10-12)
https://item.rakuten.co.jp/tansu/52800007/

Pet館(参照日:2020-10-12)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/227937/

charm(参照日:2020-10-12)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/77918/

La cerise(参照日:2020-10-12)
https://item.rakuten.co.jp/lacerise/pet-11078/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事