固まる猫砂はどれ?おすすめ猫砂をご紹介

猫砂は全て同じではなく、いくつか種類があります。種類によっては防臭効果の高いもの、しっかり固まるものなどの特徴があります。ここでは、固まる猫砂の中からおすすめ商品をご紹介します。 2020年11月21日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫のトイレ猫のカテゴリ - 猫のトイレ
  • VIEW:2,424

固まる猫砂のメリットは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫砂はギュッと固まるタイプと、固まらないタイプのものがあります。猫を飼育し始めた初心者の方には、どちらのタイプの猫砂を選べば良いのか悩んでしまいますよね。ここでは、固まるタイプの猫砂のメリットについてご紹介します。

掃除が楽

固まるタイプの猫砂は掃除がとても楽です。猫は排泄したときに排泄物の部分だけギュッと固まってくれるので、トイレスコップで排泄物だけ取り除くことができます。かなり硬く固まるのでボロボロと崩れることも少なく、掃除中に床を汚しにくいです。トイレ掃除の手間を省きたい方や、忙しい方にもおすすめです。

経済的

固まるタイプの猫砂はとても経済的です。猫砂によってはトイレをしたときに全ての猫砂を処分しなければいけないこともあります。猫はきれい好きなので、排泄物をそのままにしておくとそのトイレを使わなくなることもあります。
固まる猫砂は排泄部分だけを取り除けるため、全ての猫砂を処分する必要はなく、少なくなったときに足すだけで、毎日清潔に過ごすことができます。

固まる猫砂の種類とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫砂は全てのタイプが固まるわけではありません。固まるタイプの猫砂の種類として、ベントナイト系、紙系、おから系、木系などがあります。
中には固まらないものもあるので、まずはその猫砂が固まるのかどうかを調べてから購入することをおすすめします。

ここからは、固まるタイプの猫砂の種類・特徴についてご紹介します。

ベントナイト系

ベントナイト系の猫砂は、ほとんどのものが固まります。原材料はベントナイト鉱石で、水分を吸収するとガッチリと固まります。コロコロと転がしても崩れにくく、捨てる部分だけ簡単に取り除くことができます。比較的安価なものが多く、コストパフォーマンスにも優れています。
ベントナイトはずっしりと重いので、持ち運びが少し大変です。大量に購入すると場所も取ります。さらに、燃えるゴミとして処分できない自治体もあるので、廃棄方法が少し面倒なところもあります。

また、猫砂を取り替えるたり補充するときに、ベントナイト系の猫砂は埃立ちが起きやすいです。猫が誤って猫砂を食べてしまった際に、猫の健康に支障をきたす可能性もありますので、注意が必要です。

紙系

紙系の猫砂はほとんどが固まるタイプです。紙でできているのでトイレに流すことができるものもあります。さらに、燃えるゴミとして捨てることができるものが多く、廃棄方法は簡単なものが多いです。さらに、紙でできているのでとても軽く、持ち運びも便利です。

紙系の猫砂は軽いため、猫の体に付着したり、猫が軽く蹴っただけでも飛び散ります。トイレ周りの掃除の手間が増えることがあります。他にもギュッと固めるために化学合成品を使用していることもあるので、猫が食べてしまわないように注意しましょう。

おから系

おから系の猫砂はほとんどが固まるタイプです。おからを使用して作られているので、万が一、猫が口にしても安全なものが多いです。安価なものが多く、コストパフォーマンスにも優れています。さらに、トイレに捨てることができるものが多いので廃棄方法も簡単です。

おから系の猫砂は他の猫砂に比べて固まる力が弱く、固まってもホロホロと崩れてしまうことがあります。あまり消臭効果に優れていないので、ニオイがきついと感じることもあります。

木系

木系の猫砂は固まるタイプと固まらないタイプに分かれます。木でできているので比較的軽く、燃えるゴミとして廃棄できます。さらに、消臭性も高く、ニオイも気になりません。

木系の猫砂は固まるタイプでもギュッと固まるわけではなく、ホロホロと崩れてしまうこともあります。さらに、化学合成品を添加していることもありますので、100%安全といわけではないので、商品の説明を確認する必要があります。

固まる猫砂おすすめ商品ご紹介

固まるタイプの猫砂にはいくつか種類があり、その中でも固まるものと固まらないものがあり、選ぶときに悩んでしまいます。ここでは、固まる猫砂おすすめ商品をご紹介します。

1, 紙の猫砂

しっかりと固まり、トイレに流すことができる猫砂です。水分を吸収した部分だけ固まってくれるので、排泄部位だけ取り除くのも簡単です。猫砂の粒の大きさが他の猫砂より大きいので猫の足に挟まりにくくなっています。
トイレまわりを汚しににくく、掃除も簡単です。さらに、とても軽いので、持ち運びにも便利です。

2, トフカスサンドK

厳選された良質のおからを使って作られた猫砂です。おからのニオイを抑えただけでなく、水分を吸収してしっかりと固まるような仕様になっています。埃立ちも少なく、掃除も簡単で、経済的です。


トフカスサンドK

3, ULTRA

水分を吸収するとガッチリと固まる猫砂です。一度固まるとホロホロと崩れることがなく、固まりをキープしてくれるので掃除が簡単で砂の無駄遣いを抑えることができます。さらに、交換時や補充時の埃立ちも少なく、埃を吸い込みにくい仕様となっています。
人工化学薬品は使用しておらず、100%天然成分で作られているだけでなく、トイレのニオイもガッチリ閉じ込めてくれます。

4, ひの木の猫砂

天然素材を使用して作られた環境に優しい猫砂です。使用している素材は天然ヒノキで、水分を吸収すると固まるので、掃除も簡単です。さらに、フィトンチッドにより消臭・抗菌効果が期待できます。

天気の良い日に日光に当てて乾燥することで通常より長く使用することもできるのでコストパフォーマンスにも優れています。使用後は燃えるゴミとして処分することができます。


ひの木の猫砂

猫砂はメリットによって選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、固まる猫砂の中からおすすめ商品をご紹介しました。固まるタイプの猫砂はベントナイト系、紙系、おから系、木系とあります。さらにこれらの種類にはメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットをふまえて、使いやすい、飼い主さんの生活スタイルに合ったものを選び、猫のトイレのお手入れを簡単にしましょう。

参考サイト

・nekozuki(参照日:2020-10-19)
https://kurokuro.jp/blog/product/20190202/

・キャットランド (参照日:2020-10-19)
https://www.rakuten.co.jp/cat-land/?l-id=step0_pc_shoptop

・爽快ペットストア (参照日:2020-10-19)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/nyanzaq/?l-id=step0_pc_shoptop

・charm 楽天市場店(参照日:2020-10-19)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/241791/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事