猫の冬用ベッドを見つけよう!おすすめベッドをご紹介

猫は寒さに弱い傾向がある動物です。寒い冬は猫が体を休ませるベッドも暖かいものを選びたいですよね。ここでは、猫の冬用ベッドのメリットやおすすめ商品についてご紹介します。 2020年11月16日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:3,499

猫の冬用ベッドのメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

冬場は朝晩かなり冷え込むので家の中にいても暖房をつけていないと寒くて震えてしまいます。しかし、1日中つけておくとなると、電気代やガス代などの公共料金がかなり高くなってしまいます。そんなときには暖かい冬用ベッドの出番です。ここでは、冬用ベッドのメリットについてご紹介します。

・寒さを凌ぐ

冬用ベッドを活用することで寒さを凌ぐことができます。冬用のベッドは保温性が高く暖かいベッドが多く、暖房などをつけていなくても暖かく過ごすことができます。暖房をつけるほどではないけれど寒いときにもベッドに行くだけで暖かく過ごすことができます。

・リラックスできる

冬用のベッドは暖かいだけでなく、猫がリラックスできる構造になっています。猫の冬用のベッドによっては暗くて狭く猫が安心できるようなものもあり、猫の性格に合わせてベッドを選びましょう。

ベッドの選び方は?

出典:https://www.shutterstock.com

猫のベッドは暖かく過ごすだけでなく、猫が安心できるような工夫がされていて、リラックスできる構造になっているものが多くあります。猫のベッドはたくさんの種類が販売されているので、その中から選ぶのは大変です。ここでは、猫の冬用ベッドの選び方についてご紹介します。

・生地

猫の冬用ベッドを選ぶポイントとして生地を確認しましょう。猫用のベッドには夏用や冬用のものがあります。冬用のベッドを選ぶときには、ベッドの商品説明の部分を確認し、もこもこで保温性の高い生地を使っているか確認しましょう。

・サイズ

猫の冬用ベッドを選ぶポイントとして大きさを確認しましょう。猫は品種が異なっても体格がバラバラではありませんが、体の大きさは1頭ずつ違うので、確認せずにサイズを選ぶことはしないようにしましょう。
愛猫の体のサイズを測定し、猫がゆったりと休めるサイズのものを選びましょう。

・居心地の良さ

猫の冬用ベッドを選ぶポイントとして居心地の良さを確認しましょう。実際に使わないと居心地の良さはわかりませんが、デザインだけで選ぶのではなく、愛猫の性格に合わせて、ベッドの種類を選びましょう。

猫の冬用ベッドのおすすめをご紹介

猫の冬用ベッドの選ぶポイントとして、生地・サイズ・居心地の良さなどがありますが、かなりたくさんのデザインが販売されているので、実際に選ぶときには困ってしまいますよね。ここでは、猫の冬用ベッドのおすすめ商品についてご紹介します。

1,necosekai キャットドームベッド

キャットドームベッドは暖かく快適に過ごせるように居心地にこだわった猫の冬用ベッドです。優しい柔らかく、ふわふわなボア素材で作られていて、暖かいだけでなく、ふみ心地も抜群です。
カラーは秋冬らしいワインレッド、バイオレット、オリーブイエロー、ココアブラウンの4色展開となっています。ペット用のヒーターのコードを通す穴があるので、寒さの厳しい時期でも快適に過ごせます。

ベッドの裏面は、床やフローリングでもすべりにくい滑り止めが付いていますので、ずれることなく設置することができます。8kgほどの体が大きい猫でもすっぽりと入ることができ、リラックスできます。


necosekai キャットドームベッド

2,ペット用ベッド

ペット用ベッドはソファ、オーバルソファ、ドーナツ、ダブルドーナツなどの種類があるベッドです。ソファはあご乗せしやすいモチモチのベッド、オーバルソファは丸い形で、猫が丸くなりやすい安らぎのベッド、ドーナツは猫がすっぽり収まるドーナツ型のベッド、ダブルドーナツは丸くなりやすいドーナツ型のベッドです。

カラーはブラウン、アイボリー、ピンクの3色展開となっていますので、家の雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう。


ペット用ベッド

3,もぐりこみベッド

もぐりこみベッドは気分に合わせて寝方を変えることができるベッドです。もぐりこんで寝るだけではなく、ベッドの上や中のクッションだけを取り出して寝ることもできます。生地にはボアを使用しているので暖かく寒い冬も凌ぐことができます。

カラーはブラウンとグレーの2色展開で、家のデザインに合わせて選ぶことができます。


もぐりこみベッド

4,ペットベッドドーム

ペットドームベッドはドーム型のベッドです。体を覆っているので寒さが逃げづらい構造になっており、保温性も高いです。ベッドの生地はふんわりしていてさわり心地が良く、猫が安心して休むことができます。

入り口部分は少し固めに作られているので、頭やあごを乗せやすく、良い枕になります。さらに、リバーシブルになっているので、フランネル生地からシープボア生地に気分で変えることもできます。


ペットベッドドーム

5,ソファーベッド

ふんわりソファーベッドは洗濯機OKの丸洗いできるベッドです。布製のソファと同じ生地で作られているので寝心地も抜群で、抜け毛もかんたんに取り除くことができるので、掃除も楽です。保温性もあるので、冬場も暖かく過ごすことができます。

形が崩れにくく、ソファの中には厚みのある高弾力PP綿を充填しているので、猫が寝転がったときに体にかかる圧力を分散してくれるので健康にも優しい仕様になっています。

裏面にはすべらないように滑り止め防止の点状のシリコンが付いているので、猫が飛び込んでも動きにくいベッドです。


ソファーベッド

寒い冬も暖かいベッドで快適に

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫の冬用ベッドのメリットやおすすめ商品についてご紹介しました。猫は寒いのが苦手な動物です。冬場は家の中にいても寒く、暖房をずっとつけているのも難しい場合は猫への寒さ対策が必要になります。

猫の寒さ対策の1つとして、冬用のベッドがおすすめです。冬用のベッドは生地ももこもこで暖かいだけでなく、リラックスして休める場所となります。寒い冬を迎える前に冬用ベッドの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

necosekai 楽天市場店 (参照日:2020-10-06)
https://www.rakuten.co.jp/necosekai/?l-id=step0_pc_shoptop

キャットランド (参照日:2020-10-06)
https://www.rakuten.co.jp/cat-land/?l-id=step0_pc_shoptop

地球問屋 (参照日:2020-10-06)
https://www.rakuten.co.jp/auc-r-style/?l-id=step0_pc_shoptop

ベッドシュアホームジャパン (参照日:2020-10-06)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/bedsurehome/?l-id=step0_pc_shoptop

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事