冬に向けて準備!寒さを防ぐアイテム5選

少しずつ寒くなってくるこの季節。愛犬のために暖かい犬小屋やハウスを購入して冬に向けて準備をしてみては?
日本で多く飼われている愛玩犬や小型犬は、寒いのがニガテな犬が多いため、しっかり備えてあげましょう。 2020年10月29日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:3,265

秋~冬のハウス環境を整えよう

https://www.shutterstock.com/

犬を外で飼っている人、室内で飼っている人、どちらもたくさんいらっしゃると思います。どちらの場合も、これから到来する寒い季節に備えておくことは、とっても大事。ここでは、屋外犬と室内犬に分けて寒さ対策のポイントとおすすめアイテムを紹介してきます。

温かい地方の場合でも外で飼っている場合は、十分な対策をしておく必要があります。
なおさら寒い地方で屋外犬を飼っている場合は、入念に寒さ対策をしてあげる必要があります。

しかし、室内犬の場合も寒さ対策は大事。
小型犬などは寒さに弱く室内の温度やハウスの環境を整えてあげるようにしましょう。


お住まいの地域や温度などを考えて、これからやってくる寒い時期に備えましょう。

すぐにできる防寒対策~屋外犬の場合~

https://www.shutterstock.com/

厚手の洋服を着せる

愛犬の体を寒さから守るために、厚手の洋服を着せてあげましょう。
ダウンのように軽くて暖かいものや、体にフィットするニット、毛布のような生地でできている裏起毛のフリースなど、愛犬の体に合った洋服をチョイスしてあげてください。

すき間風やひんやりとした空気を遮ってくれるので、洋服があるだけで冬でも暖かく過ごせるはずです。

断熱シートで犬小屋のすき間をシャットダウン!

100円均一などで販売されている断熱シートを、犬小屋の中に敷いてあげるのも効果的です。
床に敷くだけではなく、屋根のほうまでしっかり敷き詰めてあげれば、効率よく熱をキープしてくれます。

さらに毛布やフリースを床に敷いてあげれば、愛犬もぬくぬく過ごすことができるはず。使わなくなった毛布や着なくなったフリースなどを再利用するだけでもOK!
今すぐ試せるお手軽対策です。

屋外犬におすすめ!犬小屋まわりの防寒グッズ

https://www.shutterstock.com/

屋外犬が暖かく過ごせるような防寒グッズをご紹介します。
寒い地域の人にお住まいの人はぜひチェックしてくださいね!

ログペットハウス

小型犬~大型犬まで豊富なサイズがそろう屋外に置くタイプの犬小屋です。
中も広々としていて、人が中に入っても少し余裕があるくらいの広さ。愛犬もゆったりとリラックスできそうです。

国産の天然木を使用しており、床下に風が通るような設計のため、蒸れることもなく快適。中に入るとふんわり暖かく、冬の寒さも和らぎそうです。

高級感あるログハウスなので、おうちのお庭やウッドテラスに置いても外観を損ねません。飼い主さんも愛犬も大満足のデラックスな犬小屋です。


ログペットハウス

犬小屋あったかドームハウス

犬がすっぽり入れるお布団のようなベッド。このまま犬小屋の中に入れてあげられるサイズ感が人気です。
フリース素材なのでとても暖かいのがうれしいところ。愛犬の体温をキープし、さらに暖かくしてくれるすぐれものです。

クッションマットは、ほど良い固さで寝ている愛犬の体をやさしくサポートします。

サイズは全部で3種類。愛犬の体の大きさ、犬小屋の大きさに合わせてXS~Lの中から選んであげるといいでしょう。
カラーバリエーションは、レッド、イエロー、グレー、グリーン、ブラウン、ブルーの6色。どの色もかわいらしいので、飼い主さんのお好みで選んであげても良さそうです!


犬小屋あったかドームハウス

犬猫用湯たんぽ

レンジで5分間温めるだけで使用することができる湯たんぽです。
簡単に使えて、毎日繰り返し使用もOKなので、とっても経済的なアイテムです。

専用カバーはもこもこ生地で、暖かさをプラス。裏はアルミの断熱素材になっているので、適温を長持ちさせてくれますよ。
お洗濯も可能なので、いつでもきれいをキープすることができます。

屋外には電源コンセントがないことも多いので、ペットヒーターが使えない……!とお困りの人は、こちらを試してみてはいかがでしょう。


犬猫用湯たんぽ

すぐにできる防寒対策~室内犬~

https://www.shutterstock.com/

おうちの中で飼っている室内犬の場合、特段寒さ対策を気にする必要はなさそうにも思われます。
ただ温暖な地域が原産のチワワや、シングルコートで寒がりのシーズーなどの場合は寒さ対策をしてあげたほうが快適に過ごせるでしょう。

すぐにできるおすすめ対策を紹介します。

ペットヒーターを取り入れる!

愛犬が「ちょっと寒いな」と思ったときに、いつでも温まれるように、定位置にペットヒーターを置くことをおすすめします。

寒い地域の場合、こたつなどで暖をとれる人間と違い、空間が少しひんやりしていると犬は寒さを感じてしまいます。

適温をキープできるペットヒーターで、いつでも暖かくしてあげるといいですよ。

ハウスを日当たりのいい場所に変える!

ハウスやケージの位置を、太陽がよく当たるところに置くようにしてみましょう。
日向ぼっこが大好きな犬は、”お気に入りの場所”として認識してくれるようです。

また大き目の毛布やバスタオルで、ケージ全体を覆ってあげると良いでしょう。
暖房の風が直接当たらないように&冷気をシャットダウンしてくれるので、適度な温かさをキープしてくれますよ。

室内犬におすすめ!ハウスまわりの防寒グッズ

https://www.shutterstock.com/

室内犬でも寒さ対策はバッチリしてあげましょう。
おうちの中でもできる、防寒グッズをご紹介します!

あったかヒーターウェア

着ながら防寒対策ができるおすすめアイテムです。
ハウスにいながらサッと着るだけで防寒対策ができるすぐれものです!

熱伝導がいいマイクロカーボンファイバーの電熱線が内蔵されていて、素早く犬を温めてくれます。温度を調整できるので、その日の気温や愛犬の体調によって変えてあげられるのもうれしいところですね。

室内犬の場合、ずっと着ていなくても大丈夫ですが、帰宅したばかりの寒いお部屋や、なかなか温まらないときにサッと着せてあげるといいかもしれません。

また着心地の良さも抜群!肌ざわりがいい起毛素材で、なめらかに着脱ができます。
さらに抜け毛がつきにくい構造なので、換毛期の子や、ダブルコートで抜け毛が多い犬でも大丈夫。簡単に払い落とすことができるので、ウェアのお手入れも簡単です。


あったかヒーターウェア

もこふわ寝袋

保温効果の高い遠赤外線加工が施されている犬用のお布団クッションです。
手触りも良く、伸縮性もあるので、愛犬の動きを邪魔しません。

上にのっても暖かく、中に入っても暖かいので、愛犬も大満足のはず!

汚れた場合は手洗いもできるので、いつでも清潔に保つことができます。


もこふわ寝袋

ドッグウェア ダイナソー

着脱しやすいスナップボタンタイプのフリースウェア。
恐竜モチーフのウェアは珍しく、暖かくしながらみんなの注目を集めちゃうドッグウエアです。
フリースの生地なので、愛犬の体を暖かく包んでくれます。

カラーバリエーションは赤と緑の二種類ありますので、愛犬に似合う色を選んであげてくださいね。


ドッグウェア ダイナソー

これから来る冬にしっかり備えて、快適な暮らしを

https://www.shutterstock.com/

暑い夏が過ぎて、少しずつ肌寒さを感じてくる秋。
これから先もっと寒い季節がやってきますが、愛犬が過ごしやすい環境を作ってあげることは飼い主さんの義務のひとつです。
寒い時期に向けて住環境を整えていきましょう!

参考サイト

犬小屋工房たかべ(参照日:2020-09-09)
https://item.rakuten.co.jp/rogupethouse/d1100/

はっぴーDOG(参照日:2020-09-09)
https://item.rakuten.co.jp/k-city/md911111/

WATCH‐ME(参照日:2020-09-09)
https://item.rakuten.co.jp/watch-me/dg948318/

SUHNTE(参照日:2020-09-09)
https://item.rakuten.co.jp/shunte/cos-11/

ペットパラダイス(参照日:2020-09-09)
https://item.rakuten.co.jp/pet-para/633-90601/

IL-SHOP(参照日:2020-09-09)
https://item.rakuten.co.jp/il-shop/eight-tsu-yu-067/

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事