猫の大型ケージはどれがいい?おすすめ商品をご紹介

猫は部屋を縦横無尽に歩き回っており、ケージは必要ないと思っていませんか?しかし、ケージがあることで、猫の安心感につながることもあるのです。
ここでは、猫用の大型ケージのメリットや選び方、おすすめ商品についてご紹介していきます。 2020年11月05日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,142

ケージを購入することのメリットとは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫は散歩に連れ出すことも殆どないため、猫専用のケージを持っている方は少ないかもしれません。しかし、大型ケージはいろんなときに役立ちます。ここでは、大型ケージのメリットについてご紹介します。

災害時にも安全

猫のケージは災害時にも役立ちます。猫だけで留守番をしているときに、地震が起きてしまった場合、ケージ入っていれば家具や物に潰されずに済むことがあります。他にも、避難所生活になった場合も猫のスペースを確保することができます。

特に避難所は他の方も利用する場所なので、猫はケージの中に入れておかなければいけません。家に大型ケージがあることで、猫がケージに入ることに慣れてくれるようになります。

病気や怪我をしているときにも活用

猫の大型ケージは病気や怪我をしているときにも活用できます。病気や怪我をしているときはケージでゆっくりとして過ごすことが理想です。動物病院からケージの中に猫を入れ、動きを制限した状態を保つケージレスを指示されることもあります。

猫のリラックスできる空間になる

ケージがあることで猫のリラックスできる空間を作ることができます。他の人に構われたりすることなく安心できる環境ができるので、ストレス解消などの効果も期待できます。

多頭飼育の場合にもおすすめです。

キャットタワーの代わりにもなる

キャットタワーは部屋の雰囲気を崩してしまうので置きたくない、という方も多いと思います。そういった場合には高さがあって、上下に行き来できる台が付いているものを選びましょう。運動不足の解消にもつながります。

大型ケージの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫の大型ケージはたくさんの種類があります。おしゃれなデザインから掃除のしやすいものなどたくさんあり、価格も異なるため、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。ここでは、猫の大型ケージの選び方についてご紹介します。

猫の体の大きさにあったものを

大型ケージを選ぶときにはサイズをきちんと確認しましょう。
猫の大きさや猫の頭数に比べて小さすぎるものだと、また新たに買い直さなければいけないこともあります。猫の家のスペースなども配慮して大きさを検討してみるといいかもしれません。

安全性や機能性を重視

大型ケージを選ぶときには安全性や機能性を重視しましょう。
使用しているときに崩れてしまったりしないか、猫が上に乗ってしまっても大丈夫か、掃除はしやすいかなども調べてみましょう。
ケージの中は猫の被毛やホコリが溜まることもあるのでトレイを簡単に外せるようなものを選ぶと便利です。

おすすめ猫の大型ケージ4選

猫の大型ケージの選び方はわかりましたが、実際どんな大型ケージを選べばいいのでしょうか。ここでは猫の大型ケージのおすすめ商品をご紹介します。

1、ハピネコ 3段ケージ

ハピネコの3段猫ケージは爪とぎができる麻ステップやハンモック、取り外しできる水飲み皿などもある便利なケージです。ケージには正面だけでなく側面にも扉が付いていて、3段なのでケージ内でも運動できます。扉にはロックがかかるようになっているので、猫が誤って飛び出すことも防ぐことができます。

麻ステップは掃除がしやすいように麻シートのみを取り外すこともできます。一番下の段の扉は大きくなっているので掃除しやすい設計になっています。

組み立ても簡単で、ケージを重ね、部品で連結するのみで完成です。中段を取り外し、2段にすることも可能です。


ハピネコ 3段ケージ

2、アイリスオーヤマ ペットケージ PEC-903

アイリスオーヤマのPEC-903は穏やかな環境を作ることができるケージです。3段になっていてケージの中を縦横無尽に動き回ることができます。ベッドやトイレ、おもちゃなども設置できるので外出時や新しい猫を迎えるときなどにも活用できます。

キャスターが付いているため移動させることもとても簡単です。一番下の段の扉が大きめになっているので掃除や中にいる猫のお世話もしやすくなっているのが特徴です。

ジョイントでつなげるだけなので一人でも簡単に組み立てることができます。カラーはホワイトとブラウンの2種類があります。


アイリスオーヤマ ペットケージ PEC-903

3、ハピネコ 2段ケージ

ハピネコ2段ケージは狭い部屋でも使用することができるケージです。ハンモックやストッパー付きのキャスター、天井扉はフルオープンできる設計なので猫をケージの中から出すときにも便利です。全高106cm、長さ69cm、奥行き48cmなのでとてもコンパクトです。普通のケージだと大きすぎる方におすすめです。コンパクトですが、2段設計になっているので体を動かすスペースはあります。

天井だけでなく、サイドの扉も大きい作りになっていますので、掃除やお世話も簡単です。サイドの扉はワンタッチロックも付いているので、脱走を防げます。



ハピネコ 2段ケージ

4、キャットケージ 引き出しトレー 2段

キャットケージは2段で引き出しトレイタイプのケージです。下の扉が大きく、食器やトイレなども出し入れが簡単で、ケージの下にはキャスターが付いているので、部屋の掃除もしやすいのが特徴です。

こちらも組み立てが簡単なタイプのケージです。


キャットケージ 引き出しトレー 2段

猫にあったものを選びましょう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫用の大型ケージのメリットや選び、おすすめ商品についてご紹介しました。猫の大型ケージは災害時だけでなく、猫の安心できる場所にもなりますので、猫を飼育しているのであれば購入を検討することをおすすめします。

猫のケージは、機能性や安全性を基準に選びましょう。猫のリラックスできる空間になるようなものを選ぶことができるといいですね。

参考サイト

タンスのゲン Design the Future(参照日:2020-09-14)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/tansu/?l-id=step0_pc_shoptop

Pet館~ペット館~(参照日:2020-09-14)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/dog-kan/?l-id=step0_pc_shoptop

WEIMALL楽天市場店 (参照日:2020-09-14)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/weimall/?l-id=step0_pc_shoptop

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ