缶詰タイプのキャットフードを選ぶポイント・注意点とは?

キャットフードの中でも、猫缶は食い付きが良く人気です。今回は、缶詰タイプのキャットフードのメリットやデメリット、選び方のポイントについてご紹介します。

2020年10月19日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の食べ物猫のカテゴリ - 猫の食べ物
  • VIEW:298

缶詰タイプのキャットフードの種類

出典:https://www.shutterstock.com

いわゆる「猫缶」と呼ばれる缶詰に入ったキャットフード。どれにしようか悩みませんか?味や価格を見て判断することも多いと思いますが、種類をきちんと知った上で選ぶとさらに良いでしょう。

缶詰のキャットフードには、総合栄養食と書かれたものとそうでないものがあります。これらの違いについて解説します。

総合栄養食とは?

総合栄養食は、猫に必要な栄養素がバランスよく配合されたフードのことです。それぞれの商品が定める適量を守れば、あとは水だけで1日に必要な栄養を補うことができる、優れものです。

総合栄養食の中にも、穀物アレルギーに対応しているもの、ダイエット用など様々な種類があります。缶詰のキャットフードを主食とするのであれば、総合栄養食がおすすめです。

一般食

総合栄養食と書かれていない缶詰のキャットフードは、カロリーの補給やドライフードのトッピングなどに適しています。これだけでは栄養の偏りが心配なので、あくまでも補助的な役割で使うことをおすすめします。ちょっとしたご褒美にも良いでしょう。

特別療法食(食事療法食)

病気の予防や治療中に適したフードです。飼い主さんが勝手に判断して与えるのではなく、獣医師の指導のもと必要な場合にあげるものなので、注意しましょう。

形の種類から選ぶ

缶詰タイプのキャットフードは、内容物の形状にもいくつかの種類があります。素材本来の形が残り、噛みごたえのあるフレークタイプや、ミキサーにかけたようなパテタイプのもの、液状に近いスープタイプのものがあります。猫の好みや年齢などによって、食べやすい形状のものをあげることができます。

また、子猫と成猫では必要なカロリー等が異なります。1歳未満の子猫用は高カロリーかつ消化がしやすいものや、免疫サポートのための成分が配合されたものなどが主流です。

缶詰タイプのキャットフードをあげるメリットは?

出典:https://www.shutterstock.com

ドライフードと比較して、缶詰タイプのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

多くの猫が好む

缶詰のキャットフードは、水分量の多いウェットフードとなります。
ドライフードに比べると、嗜好性が高く多くの猫が好み、食いつきが良いとされています。これは、ウェットフードの特徴でもある、風味の強さと柔らかさが大きく影響しています。

ドライフードと比較すると、ウェットフードはフレークタイプ、パテタイプ、スープタイプと食感のバリエーションも豊かです。飽きてしまったとしても、他のものに置き換えやすい点もメリットといえます。

普段ドライフードをあげている猫には、トッピングとして与えるのもおすすめです。飽きたり食欲が低下したりしている場合には、トッピングで食いつきが良くなる可能性もあります。

水分補給に役立つ

ドライフードの場合は、お水もしっかりと飲む必要がありますが、ウェットフードは食事から水分を補給することができます。

1日に必要な水分量には足りませんが、自然と水分をとることができるため、脱水症が心配な季節や喉の乾きを感じにくいシニア猫にもおすすめです。体調不良など、食欲が低下した時にも与えやすいでしょう。

飼い主さんとの良い関係づくりに役立つ

缶詰のキャットフードが大好きな猫にとっては、最高のご褒美にもなります。例えば、来客や動物病院などへの外出、爪切りやお風呂など、猫がイライラしてしまう場面を乗り切った時などには、ご褒美おやつとしてあげると喜びます。こうしたストレスをご褒美で軽減してあげるのも、飼い主さんとの良い関係を保つポイントです。

缶詰タイプのキャットフードのデメリットは?

猫にとって、缶詰タイプのキャットフードは良いことだらけのように思えますが、デメリットもあります。

お金がかかる

毎食、缶詰タイプのキャットフードを与えていると、1食あたりのコストがドライフードよりも高くなりがちです。缶詰で慣れてしまうと、ドライフードに見向きもしなくなる場合もあるので、たまにご褒美としてあげると経済的です。

1か月あたりにかかる猫の食事代を、ドライフードと缶詰とで比較をし、無理のない範囲であげるようにしましょう。

開封後の賞味期限が短い

缶詰のキャットフードは、1度開封したらその日のうちに消費するのが原則です。少し与えて残ったものを冷蔵庫で保管し、何日にもわたってあげる、ということはやめましょう。

ドライフードは、保管状況がよければ開封後1か月程度日持ちするものが多いですが、缶詰は残してしまった場合には、処分せざるを得なくなります。

歯垢がつきやすい

ウェットフードは柔らかく食べやすいぶん、歯垢がつきやすいというデメリットもあります。歯垢がたまると歯肉炎の原因につながります。歯垢ケアができるおもちゃや、歯磨きを使って歯垢がたまらないようにケアしてあげることが必要です。

人気の缶詰タイプのキャットフード4選

それでは、人気の高い缶詰タイプのキャットフードを4つご紹介します。

アイシア 焼津のまぐろ

使用されている食材が分かることは、飼い主さんが安心できる1つのポイントです。こちらは、全部で8種類のセットとなっていますが、単品でも市販されています。国産の素材を使ったものを選びたい方におすすめ。


アイシア 焼津のまぐろ

C&R ツナ タピオカ&カノラオイル

ツナを主原料とし、無添加で作られた猫缶です。ツナの大きさはと小さめで、高齢猫などにも食べやすいサイズ。食いつきが良いからと、リピート買いする飼い主さんもたくさんいるようです。


C&R ツナ タピオカ&カノラオイル

アズミラ オーシャンフィッシュ猫用缶詰

食材はすべて最高品質のものが使われ、人間用に作られる缶詰工場の中で製造されています。この缶詰で使用されている水分は、水ではなく海洋魚の煮汁。栄養たっぷりのフードで、高齢猫の飼い主さんにも人気が高いです。


アズミラ オーシャンフィッシュ猫用缶詰

アイリスオーヤマ 美食メニュー ツナ1本仕込み

大きめのツナの切り身と、とろみのあるスープが特徴的な猫缶です。オールステージ対応なので、気に入れば継続してあげやすいのも嬉しいですね。こちらは、ささみ入り、しらす入り、かつおぶし入りの3つがセットになっています。


アイリスオーヤマ 美食メニュー ツナ1本仕込み

缶詰のキャットフードは特別な日のご褒美におすすめ

今回は、缶詰のキャットフードの種類や選ぶ際のポイントをご紹介しました。缶詰タイプは嗜好性が高いため、多くの猫がやみつきになります。ご褒美タイムのおやつや、元気がないときなどには便利ですが、毎日の食事として与えると、ドライフードに変更する時に苦労するかもしれません。

非常に好き嫌いの激しい猫の場合、決まったメーカーの決まったフードしか食べない、なんてこともあります。缶詰のキャットフードを初めて試されるのであれば、小さめのサイズで味のバリエーションが豊富なものを選んでみても良いでしょう。

参考サイト

charm楽天市場店(参照日2020-8-24)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/251211/

スマイルわん(参照日2020-8-24)
https://item.rakuten.co.jp/smilewan/cat-2120-l/
https://item.rakuten.co.jp/smilewan/cat-2222-l/

キャットランド(参照日2020-8-24)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/1526433/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事