犬のしつけに最適!おすすめの首輪や使い方をご紹介

犬が人間社会を生きていくためには最低限のしつけが必要になります。犬のしつけで重要になるのが、首輪です。首輪にはたくさんの種類があり、ここでは、しつけをするときに最適なおすすめの首輪や使い方についてご紹介します。 2020年10月09日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:779

犬のしつけと首輪の重要性は?

https://www.shutterstock.com

犬のしつけをするときにはしつけ用の首輪が必要になります。散歩だけであれば通常の首輪でも問題ありませんが、しつけをするのであればしつけ用の首輪を用意しましょう。

しつけ用の首輪には様々な工夫がされており、飼い主からの指示が犬に伝わりやくなります。犬が行動を起こしたときに瞬時に衝撃がいく仕組みになっています。

行動を起こし時間が経ってから指示されても犬は何をすればいいのかわかりません。しつけ用の首輪は犬が行動したときに瞬時に指示を送ることができるので、「これがダメなのか」と犬が理解しやすいです。

使い始めは犬も指示する方も慣れないこともあり、うまくいかないこともあります。しかし、使い続けるけることでしつけがしやすくなります。

しつけ用の首輪の種類は?

https://www.shutterstock.com

犬のしつけに使う首輪の種類はいくつかあります。首輪は犬種や性格によって種類を変えていきましょう。ここでは、犬のしつけに使うための首輪の種類についてご紹介します。

・チェーンチョーク

チェーンチョークは金属の鎖でできた首輪で犬が前に行こうとすると首が締まる仕組みになっています。力の強い犬や大型犬向きのしつけ用の首輪です。大型犬だけではなく、小型犬用のサイズもあります。

チェーンチョークは着用方法を誤ると首が締まってしまうため、犬のしつけで初めて使用する方や、しつけし始めの犬はハーフチョークから始めることをおすすめします。

首輪をつけるときには向きがあり、前から見てPの形になるようにつけます。逆につけてしまうと常に首が締められてしまうので装着方法を間違えないように注意が必要です。初めて使うときは使い方をドッグトレーナーや専門家に相談してからにするといいかもしれません。

チェーンチョークは他の首輪と違い重く、ひんやりしているので、チェーンチョークを使用するときに犬が嫌がることもあります。実際にしつけに使う前にチェーンをつける練習をしてあげましょう。

・ハーフチョーク

ハーフチョークは半分は金属の鎖でできていますが、半分は布や皮製になっている首輪です。犬が引っ張ると首が締まるようになっていますが、チェーンチョークより首の締め付けが弱く、犬への負担も軽減されます。そのため、しつけ初心者にも最適な首輪です。

力の強い犬や中型犬向けの首輪ですが、小型犬サイズもあります。向きがないものが多いので装着するのがとても簡単です。

ハーフチョークは金属ではなく布製のハーフチョークもあるのでどうしても金属に慣れない、アレルギーなどの不安がある場合はそれらを使用するといいかもしれませんね。

・スパイクチェーン

スパイクチェーンは首輪の内側に突起がついている首輪です、力が強い犬、大型犬向きです。しつけ用の首輪なので、散歩では使いません。欧米ではしつけなどで広く使われています。

・ジェントルリーダー

ジェントルリーダーは口周りと首につける首輪のことです。引っ張り癖や吠え癖などの問題行動を改善するために使われます。しつけ教室だけでなく、盲導犬協会などでも使われているものですが、口周りに装着するため嫌がる犬も多いです。

しつけに最適な首輪3選

犬のしつけに使う首輪は色んなものが販売されています。ハーフチョークやチェーンチョークと一言で言っても材質や大きさなども異なります。ここでは、犬のしつけに最適な首輪をご紹介します。

1,チェーンリアクションカラー ラフウエア Ruffwear

愛犬とのしつけトレーニングに最適なハーフチョークです。シンプルなデザインで反射ラインが入ってるので夜の散歩やトレーニングも安心です。このハーフチョークは、布部分にVリングがあり、チョークにしないで使うこともできます。

サイズもS、M、Lがあり、小型犬から大型犬まで使用することができます。カラーはメドーグリーンとパープルダスクの2種類です。チェーンが苦手でない犬におすすめです。


チェーンリアクションカラー ラフウエア Ruffwear

2,BLCステンレスラウンドチョークチェーン

耐久性に優れたチョークチェーンです。ステンレスで錆びづらく、白い被毛を持った犬への使用や、フルチェーンなので、体力や体重がある中型犬や大型犬におすすめです。

チョークチェーンはしつけや散歩などに最適な首輪ですが、初めてのしつけに使用するのではなく、しつけに慣れてきた段階で使用するようにしましょう。強い引っ張り癖がある犬は首が締まってしまうので注意が必要です。


BLCステンレスラウンドチョークチェーン

3,プレミアカラー with クイックスナップ

ハーフチョークなので、一定以上に首が締まることがないので安心です。ナイロン生地で作られているので、金属音や金属に対してのアレルギーの心配がある犬にもおすすめです。

カラーもレッド、ディープパープル、ロイヤルブルー、ブラック、ラズベリーピンク、アップルグリーンの6色で犬によって合わせることができます。(アップルグリーンはメーカーにて終売になりましたので、在庫のみの販売になっています)
サイズはPetite、S、M、Lまでありますので、愛犬に合ったサイズを選ぶことができます。


プレミアカラー with クイックスナップ

犬のしつけ用首輪は犬に合ったものを!

https://www.shutterstock.com

犬のしつけ用の首輪には色んな種類やサイズがあります。多くのしつけ教室でハーフチョークやチェーンチョークが使われていますが、しつけ初心者の方にはハーフチョークがベストです。しつけの段階に合わせて首輪を変えてもいいかもしれませんね。

犬の首輪は犬種ごとに振り分けられていることが多いですが、個体差があるため、購入時にはしっかり測定して選ぶようにしましょう。

愛犬と飼い主さんに合ったしつけ用の首輪が見つかるといいですね。

参考サイト

TorusDogMart楽天市場店(参照日:2020-08-26)
https://www.rakuten.co.jp/torusdogmart/?l-id=step0_pc_shoptop

The Black Lab Company(参照日:2020-08-26)
https://item.rakuten.co.jp/blacklab/oc0020-35/

Dear Dogs 犬のセレクトショップ (参照日:2020-08-26)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/deardogs/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事