手術後の犬にはエリザベスカラーが必要?メリットや選び方について

エリザベスカラーというものをご存知ですか?
自分の身体を噛んだり引っ搔いてしまう犬は、エリザベスカラーを付ける必要があります。
16世紀のヨーロッパで衣服に使われた襞襟(ひだえり)に似ていることから、その名前を付けられました。
この記事では、エリザベスカラーのメリットなどについてご紹介します。 2020年09月02日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア犬のカテゴリ - 犬の健康ケア
  • VIEW:556

犬にエリザベスカラーを付けるメリット

出典:https://www.shutterstock.com

まずは、犬にエリザベスカラーを付けるメリットについて見てみましょう。
特に、病院嫌いな犬を飼っている人は必見です。

入院時に役立つ

犬が点滴を伴うような入院をする際は、エリザベスカラーを付けることでさまざまなメリットがあります。
獣医師や動物看護士による手当中に犬は相手を噛もうとすることがありますが、エリザベスカラーを付けることで噛むことができなくなります。
入院時にスムーズに処置を行うためには、かならず必要となるでしょう。

傷口を舐めることができなくなる

手術後や怪我をしたときに、犬は傷口を舐めようとします。
傷口を舐めることは怪我の回復を遅らせるほか、感染症のリスクを高めてしまいます。犬にとっては一時的なストレスになってしまいますが、安静にしなければならないときにはエリザベスカラーを付けることがおすすめです。

顔まわりを引っ掻くことができなくなる

顔まわりに怪我をすると、犬は舐めることができないため足で引っ掻こうとします。
耳や目を引っ掻くと、炎症が起こりほかの病気を発症する可能性もあるでしょう。
そんなときにもエリザベスカラーを付けることで、犬は患部を引っ掻くことができなくなります。

塗り薬を舐められない

犬の身体に塗り薬を使用するときにも、エリザベスカラーは役立ちます。
塗り薬は犬にとって異物であるため、舐め取ろうとするはずです。
しかしエリザベスカラーを付けることによって、舐めることを防げます。
このように、犬の身体を守るためにもエリザベスカラーは効果的であることがわかるでしょう。

エリザベスカラーの選び方

出典:https://www.shutterstock.com

一般的に、エリザベスカラーはプラスチック製のものが多いです。
しかし犬に合わないものを付けると、犬の首に大きな負担となる可能性があるため注意しましょう。

素材

エリザベスカラーは主にプラスチック製ですが、布製もあります。
プラスチック製は取れにくく、耐久性に優れていることが特徴です。
また、汚れてもサッと拭くだけできれいにできるのもプラスチック製のメリットとして挙げられます。
プラスチック製のデメリットは、重いことです。
歩くときに重みでよろよろとするため、犬は安定せずにストレスを感じてしまうかもしれません。
対する布製は軽く柔らかいため、付け心地の良さが特徴として挙げられます。
しかしプラスチック製と比べて汚れやすく、汚れも簡単に取ることはできません。
この2種類の素材のメリットとデメリットを比べて、愛犬に合ったものを選ぶと良いでしょう。

視界が狭くならないものを選ぶ

エリザベスカラーを付けると、犬の視界は狭くなってしまいます。
特にプラスチック製のものは、まわりの景色が見えなくなるでしょう。
しかし透明なものもあるため、それを付ければ視界が狭くなることもなく、犬のストレスも軽減できるはずです。
ただし病院などの慣れない場所にストレスを感じる犬であれば、あえて視界が狭くなる色付きのエリザベスカラーを付けるのも良いでしょう。

サイズ

エリザベスカラーには、さまざまなサイズがあります。
愛犬の身体のサイズに合わないものを付けると、首に大きな負担がかかるでしょう。
そのため、犬の身体のサイズに合ったものを選ばなければなりません。
特にチワワなどの首の細い小型犬の場合は、サイズに気を付けて選ぶようにしましょう。

おすすめのエリザベスカラー4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、おすすめのエリザベスカラーをご紹介します。

おすすめのエリザベスカラー(1)エリザベスカラー ソフト

犬になるべくストレスがかからないように、首元が柔らかくなっている商品です。
首元が柔らかいため、もしどこかにぶつかったとしても首に衝撃がかかりにくくなっています。
半透明になっているため、視界もある程度は確保することができるでしょう。


エリザベスカラー ソフト

おすすめのエリザベスカラー(2)大型犬向け エリザベスカラー

大型犬向けのエリザベスカラーです。
この商品も首元が柔らかくなっており、犬の負担を軽減してくれます。
透明になっているため、運動量の多い大型犬でも問題なく歩くことができるでしょう。


大型犬向け エリザベスカラー

おすすめのエリザベスカラー(3)超軽量 エリザベスカラー

軽くて犬の首に負担のかかりにくい商品です。
1~7号までのサイズがあるため、愛犬のサイズにぴったりのものを選ぶことができるでしょう。
オーソドックスな形をしているため、どんな犬でも問題なく付けることが可能です。


超軽量 エリザベスカラー

おすすめのエリザベスカラー(4)ソフトエリザベスカラー

プラスチック製のエリザベスカラーを付けたくない人は、この商品がおすすめです。
首への負担が少なくマジックテープで簡単に脱着できるため、はじめて付ける犬でもストレスがかかりにくいでしょう。
可愛らしい目を引くデザインも特徴のひとつです。


ソフトエリザベスカラー

手術後でなくても、自傷癖がある犬にはエリザベスカラーがおすすめ

出典:https://www.shutterstock.com

エリザベスカラーは、手術後の犬には必須であるグッズです。
また、自傷癖がある犬もエリザベスカラーを付けることで解決することが期待できます。
エリザベスカラーを付けることは、犬にとって少なからずストレスとなるはずです。
しかし犬の身体を守るためにも、通院時や入院時などシーンに合わせて付けるようにすると良いでしょう。
エリザベスカラーを付けるときには、愛犬に合うサイズで首に負担がかからない軽さのものを選ぶことで、犬のストレスも軽減されるはずです。

参考サイト

ビビトレク雑貨(参照日:2020-08-12)
https://item.rakuten.co.jp/vivitore/zl004/

DOG CHOiCE(参照日:2020-08-12)
https://item.rakuten.co.jp/dog-choice/big-elizabeth/

EPIC(参照日:2020-08-12)
https://item.rakuten.co.jp/epic1/sdj2015-00051/

MoreValue(参照日:2020-08-12)
https://item.rakuten.co.jp/morevalue/j51/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ